HORIGUCHI COFFEE ONLINE STORE

グァテマラ 一覧

TOP > グァテマラ一覧


中米を代表するコーヒー生産国グァテマラ。
酸・コク・甘みのバランスに優れた味わいが特徴です。
中でも名産地「アンティグア」のコーヒーにはスペシャルティコーヒーの“基本のおいしさ”が詰まっています。

グァテマラの風味傾向

グァテマラ産コーヒーの特徴は酸味、甘み、コクのバランスに優れた【マイルドな味わい】です。柑橘の酸をベースにした果実味に、しっかりとした質感が感じられ、余韻の甘さが心地よく残ります。

中でも名産地「アンティグア」のコーヒーにはスペシャルティコーヒーの“基本のおいしさ”が詰まっています。浅めの焙煎度では程よいコクに、豊かながらもシャープすぎない柑橘の酸、ほのかに香るフローラル、といったアンティグアらしい風味を分かりやすく体感することができます。 深煎りではより厚みのあるボディが強調され、ヘーゼルナッツやカラメルを思わせる甘みを感じられる、王道の深煎りに仕上がります。

浅煎りでも深煎りでもバランスは崩れることなく風味の均整が保たれ、いつ飲んでも、誰が飲んでも、どういれても「おいしいコーヒーだな」と感じていただけます。まさにスペシャルティコーヒーのお手本のようなコーヒーです。

産地紹介

中米のコーヒー生産大国
グァテマラ

中米北部に位置するグァテマラ。西にメキシコ、東にホンジュラス、エルサルバドルと国境を接し、北東はカリブ海、南は太平洋に面しています。

国土の約70%が火山に囲まれた山岳地帯で、高い標高が生み出す寒暖差や、適度な雨量、肥沃な火山性土壌などコーヒー栽培に適した条件が揃う地域が多く存在しています。

日本のコーヒー輸入量ではブラジル、ベトナム、コロンビアに次ぐ4位を誇り、グァテマラ産コーヒーは長年に渡って日本のコーヒー文化を支え、親しまれてきました。

複雑な地形がもたらす
生産地域ごとの個性

複雑な地形によってもたらされる標高や降雨量、土壌などの違いから、グァテマラ産コーヒーは生産地域によって異なる個性が表れます。

その特徴から、グァテマラはコーヒー生産国として世界で最初に生産地域ごとの特性を分類し、8つの地域ブランド(※)に区分けされています。
※アカテナンゴ、アンティグア、アティトラン、コバン、
 フライハネス、ウエウエテナンゴ、オリエンテ、サンマルコス


中でも「アンティグア」や「ウエウエテナンゴ」は世界有数の地域ブランドとして有名です。

グァテマラの名産地
「アンティグア」

アンティグアは三つの火山を中心とする山に囲まれた盆地地形で、平地でも1,500mを超える高標高産地です。太平洋側から流れ込む大気は3つの火山である程度雨を落としてから流入するため、乾燥しつつ適度に降雨もあるといった絶妙なバランスの気候です。

過去の噴火による堆積物が風化した火山性土壌はコーヒーの生育に必要な成分が豊富に含まれると共に、透水性と保水性の双方を持ち合わせます。

標高・気候・土壌、コーヒー栽培に適した環境が揃う環境の中で、しっかりした設備と技術を持つ歴史ある農園が栽培・精製を手がけ、高い品質のコーヒーを安定的に産出する名産地です。

グァテマラの名産地
「ウエウエテナンゴ」

ウエウエテナンゴは内陸部に位置します。太平洋側が山によって閉じられ、雨を落とした大気が流入するため、乾燥しやすい環境です。一方で、カリブ海側からも大気が流入する位置にあり、ある程度湿った大気が供給され、コーヒー生産に必要な降雨がもたらされます。

山がちで急峻な地形が連なっている点がアンティグアとの大きな違いで、地区によって環境は大きく変わり、標高差も大きいです。世界的に知名度の高い大規模農園も存在する一方で、複雑な地形であることも手伝ってか小規模生産者が多いのもこの地域の特徴です。

標高の差が激しく、環境が多様で、生産形態も多様であることから、生産されるコーヒーの品質も玉石混交の産地でもあります。

伝統品種「ブルボン」の栽培が継続されてきた産地

グァテマラの優れた味わいを生み出す要因の1つは「品種」です。中米はティピカやブルボンといった伝統品種が栽培されてきた産地ですが、サビ病の流行により耐性品種への植え替えが進んでいます。 グァテマラは全体的に標高が高い(=サビ病が蔓延しづらい)ため、他の中米諸国とは異なり伝統品種の栽培が維持され、これがグァテマラという生産国の品質の高さを支えてきました。

2010年代にグァテマラでもサビ病が流行し、耐性品種への植え替えが急速に進んでいますが、アンティグアなどの特に標高が高いエリアはではある程度ブルボン品種の栽培が継続されています。

精度の高いウォッシュト精製

恵まれた「生産環境」と、生産環境を鏡のように映す「伝統品種」。そして、その個性を邪魔してしまう雑味をもたらさない「精度の高い精製」も重要な要素です。
グァテマラはウォッシュト精製の産地です。生産エリアや生産者の規模などによってその精度はまちまちですが、コーヒー生産の歴史が古いアンティグアには自身のウェットミル(精製施設)を所有する名門農園が複数存在し、しっかりした設備と経験に裏打ちされた精度の高いウォッシュト精製を施し続けてきました。
時代の急速な変遷とともにその伝統は一部では廃れてしまったものの、今でも設備の更新と技術の継承・更新を繰り返しながら“質の高いウォッシュト精製”を維持している農園は残っています。

堀口珈琲のグァテマラ代表的な商品の紹介

サンタカタリーナ農園

グァテマラ屈指の名産地「アンティグア」において毎年高い品質のコーヒーを生産し続ける名門「サンタカタリーナ農園」。私たちが最も信頼を寄せるパートナー農園の一つです。

アカテナンゴ火山の東斜面の標高1,600mから2,000m超という恵まれた生産環境で、伝統品種「ブルボン」の栽培を継続し、優れた設備と品質管理意識の高さによって精度の高いウォッシュトを作り続けています。
柑橘の酸と甘み、重すぎず適度に密度のある質感、主張しすぎない華やかさ。これらがバランスを保ちながら備わっている稀有なコーヒーです。

サンタバルバラ

アンティグアと双璧をなすグァテマラの名産地「ウエウエテナンゴ」において、約3,200軒もの小規模生産者がコーヒーを栽培する「サンタバルバラ」エリア。

設備や知識、技術も乏しいのが実情で、必ずしも精度の高い栽培・加工はできていせんが、品質の優れたものだけを輸出業者と堀口珈琲の品質管理の2段階で厳選しています。
標高のアベレージは約2,000m、最高で2,400mという非常に高いポテンシャルを有しており、設備や知識がアップデートされることでさらなる品質向上に期待を寄せている産地です。