HORIGUCHI COFFEE ONLINE STORE

TOP > ブレンド > #2 FRUITY&LUSCIOUS シティロースト 200g

#2 FRUITY&LUSCIOUS シティロースト 200g

1,836 (税込)

ポイント : 55

お気に入り
  • 数量
  • 豆の挽き方
  • 豆の挽き方
  • 送料はご注文金額の合計(税込)で決定します。詳しくはこちらへ。
  • 商品についてのお問い合わせはこちらへ。
  • ※賞味期限についてはこちらのご利用案内をご覧ください。

【重要】一部のブレンドでアイコンデザインと商品名が変わりました。
詳しくはこちらから


柑橘からトロピカルまで、
果実のニュアンスたっぷりコーヒー

“コーヒーはフルーツです”よく耳にするようになりました。
いえ、コーヒーはコーヒーですよ、もちろん。
でも、優れたコーヒーからはさまざまなフルーツのニュアンスを感じとることができます。
せっかくなので、フルーツ感をたくさん盛り込みました。
柑橘・核果・ベリーなど色々な果実を探してください。

ブレンドノート

#2のブレンドで特に意識したことは“充実した果実感”です。
エチオピア「【ウォルカ】アダメ・マゾリョ」の華やかさと瑞々しい果実感をベースに、エチオピア「【ウォルカ】クレイウォット ナチュラル」のもつ完熟果実やふくよかな質感を足すことで色々な果実を連想させる複雑なフルーティさが感じられます。 そこに、ひと味違った華やかさと濃縮された甘みをもつコスタリカ「エベリオ・イラマ」を少量加えたことで、ブレンドの味わいに奥行きを持たせ、精製の異なる2種のエチオピアが醸し出す華やかさや果実味、質感を更に際立たせ“充実した果実感”を表現しています。

※ブレンドの配合は時期によって記載のものから変更されている場合もございます。

ブレンドとわたし。

何気ない一日に、コーヒーでアクセントを。
製造部:櫻井 万実子

コーヒーは大人の飲み物…そう育ってきて早二十ウン年。

学校給食でたまに出るコーヒー牛乳はいつも教室をざわつかせた。高校時代に飲んでいたキャラメルシロップがたっぷり入った甘いコーヒーはおいしい贅沢だった。

学生街にある純喫茶で一杯のコーヒーと見たことのない調度品に囲まれて、物思いにふける時間が大切になった。

浅煎りシングルオリジンコーヒーの波にはもれなく乗り遅れず、そのフルーティさに驚いた。

こうして一人のアラサーコーヒーカルチャー史を遡れば、常に新たな刺激とおいしさを求め続けていた……。
そんな私が今、行きついた先が#2「FRUITY & LUSCIOUS」でした。
一杯で日常に刺激とおいしさを与えてくれる存在。

#2は大人になりすぎた私たちに、あの頃のときめきを与えてくれます。

FRUITY & LUSCIOUSな一日

どこかにお出かけして誰かとカフェ巡りすることが少なくなってしまったなあ。
そんな時でも#2が一緒なら一気に贅沢な日に。

いれ方をちょっと変えるだけで、ホットやアイスで、カップやBGMで、いろんな表情を魅せてくれる#2。普段は急ぎ足でも、いろんな情報に揉まれても、#2の袋を開けた瞬間、ふわっと香りに包まれ、時間はゆっくり穏やかに流れ出します。

続きはこちらから

『ブレンドとわたし。』
普段はブレンドを作り、お客さまにおすすめしている堀口珈琲のスタッフが自身のブレンドにまつわるエピソードを綴る連載エッセイ
>何気ない一日に、コーヒーでアクセントを。 / 製造部 櫻井 万実子(ブランドサイトへ)

アイコンについて

桃・ベリー・林檎・パッションフルーツ・ピンクグレープフルーツ・洋梨など様々な果実を順に並べて2を型取り、果実のブレンドを明示しました。小粒な形状・どっしりした形状や葉、断面を配すことで、果実の軽やかさ・濃厚さ・瑞々しさ・なめらかさを表しています。2の描き終わりを柑橘の断面にしているのは、飲み終わりは軽やかでありたいという想いを込めたからです。