トップ > 新商品 > ミャンマー 「チャオクレ」 シティロースト 200g

ミャンマー 「チャオクレ」 シティロースト 200g



 

ミャンマーコーヒー躍進を実感できる一杯
若草のような香りにメープルを思わせる甘さ

映画『ビルマの竪琴』でも有名なミャンマー。国全体の生産量や体制、品質という点において世界のコーヒー生産国のなかではまだまだ発展途上ではありますが、それでも当店の"厳しすぎる"品質担当の目に止まる「逸材」が現れているのもまた事実です。その最たる例が数年前から扱っている「ユアンガン」という商品。その品質の高さとキャラクターのユニークさはなによりお客様ご自身の味覚で実感していただけたのではないかと思います。今回のチャオクレもまた優れた個性を備えるコーヒーです。ミャンマー最高峰の味わいをぜひお試しください。

【チャオクレ集落】
標高は約1,200m。22軒の農家がコミュニティに所属しています。リーダーはウー・チョウ・ジンさん。集落の中心に比較的広い道路の両脇に農家の家が並びます。各農家が敷地内でコーヒーを栽培し、収穫したチェリーを軒先でハンドソーティングするというスタイルが一般的。道路が広いのは牛飼い(集落の世話係みたいな存在)が各農家の牛を牧草地に連れ歩くためだそうです。

アジアコーヒー特集企画【ミャンマー編】はこちら

こちらの商品は2月11日(木)午前8:00で販売を終了いたします。最終お届け日は2月13日(土)です。この日より先の配送希望日をご指定の場合は、商品の都合上、最終お届け日に自動変更されますのでご注意ください。また、在庫が限られておりますので、期限内よりも早く販売を終了することがございます。何卒ご了承ください。まだ購入されていない方はもちろん、また飲みたいと考えていた方はぜひお買い逃がしのないようお早めにご注文ください。

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

ミャンマー 「チャオクレ」 シティロースト 200g

商品コード : cfe02603
価格 : 1,400 円(税込1,512 円)
ポイント : 45
数量
 
豆の挽き方

送料はご注文いただくコーヒー豆の量で決定します。詳しくはこちらへ。

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

<主任ブレンダー秦のコメント>

若草のような香りにほのかにニッキやメープルのような甘さが特徴的です。植物由来の甘さやフレーバーをお楽しみください。
 

生産者:チャオクレの小規模農家
地域:シャン州ダヌ自治区ユアンガン郡区チャオクレ集落
標高:1,202m
品種:カトゥアイ、サンラモン、S795
精製:ウォッシュト

ミャンマーは日本から約4,300km。直行便で約8時間かかります。南東はタイ、東はラオス、北東と北は中国、北西はインド、西はバングラデシュと国境を接しています。国土は日本の約1.8倍ほどありますが、人口は約5,000万人と半分以下です。(地図データ: Google、DigitalGlobe)


首都は2006年までヤンゴンでしたが、現在はその機能を同国中央部の都市ネピドーに移しています。経済の中心地は依然としてヤンゴンです。
上の写真はヤンゴンの中心街にそびえる仏塔「スレー・パゴダ」です。


中央をエーヤワディー川が縦断しています。ヒマラヤ山脈の南端を源泉として同国を南北に貫いています。古くから水運の要として人々の生活を支えてきました。


今回販売するチャオクレ集落は7つある州の1つ「シャン州」に属しています。上の地図の赤い線で囲われている部分がシャン州です。中国、ラオス、タイに隣接しており、国境付近は「黄金の三角地帯」と呼ばれ、麻薬の原料ケシの栽培が活発に行われています。少数民族が多く、貧困率が高い地域です。コーヒーは先進国での消費量が多く、世界的な消費量も年々増加しているため、この地域に暮らす少数民族の貧困削減と生計向上に貢献できる換金作物として、ケシの代替作物として期待されています。一部の地域ではコーヒー栽培を条件に土地使用権を安く譲り渡す政策も行っているそうです。しかし、まだまだ産業としては発展途上。年間のコーヒー生産量も8,500トン前後(2014年)で、世界の生産量の0.0009%です。(地図データ: Google、DigitalGlobe)


こちらの好青年がチャオクレ集落のリーダーであるウー・チョウ・ジンさん。「ウー」というのはミャンマーで成人男性につける敬称のようなものだそうです。彼のような若い生産者のエネルギーもミャンマーコーヒー躍進の原動力となっているのでしょう。


土壌は少し黄味がかった赤土。落葉のおかげで表層は有機質が豊富である様子でした。


木を植え始めて約20年。樹高は2.5mくらいになり、そろそろカットバック(剪定)したほうが良いかもしれないとのことです。


ウエットミルで使用する水は森の湧き水を水源として活用しています。森林をシェードとして活用しており、その維持は水源の保護にも役立ってそうです。


地形は平地です。同時販売しているタウンボージーは比較的急峻ですので、エリアによって栽培環境がだいぶ異なります。