トップ > シングルオリジン > ケニア > ギチャサイニファクトリー > ケニア 「ギチャサイニファクトリー」 フレンチロースト 200g

ケニア 「ギチャサイニファクトリー」 フレンチロースト 200g



 

歴史と信頼のあるニエリのファクトリー
厚みのあるボディに繊細で上品な香味

実はここ数年ニエリから良質なコーヒーが届かない状況が続いていました。というのも、天候不順による不定期な降雨やコーヒーの病気などによって不作が続いたことに加え、どうやら同地域におけるコーヒーの"流通"にも大きな変化があったようです。複雑な話になりますが、端的に申し上げると、コーヒーの流通をニエリ県行政が直接コントロールするようになり、これまでコーヒーの生産現場とオークションや輸出業者の中間に入って流通の要として動いていた組織がうまく機能しなくなってしまったというのです。

結果として、コーヒーを取り巻く物流商流(売買)が滞り、農家の収入減や遅延が発生。さらに、彼らは農家へ農業に関する技術的な指導や肥料などの物資の支援なども行っていましたが、こちらも滞ることになります。あらゆる面でコーヒー生産の精度が落ちる可能性を招いてしまったのです。

自然環境と流通環境の変化によって、以前よりも高品質なコーヒーが生まれづらい環境となってしまったニエリ。最近はこのような状況も改善されつつある(?)ようですが、今後、かつてのようにニエリから上質なケニアコーヒーが多く届くようになることを願っています。コーヒーは一期一会です。飲める機会を逃さぬよう、ぜひお試しください。

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

ケニア 「ギチャサイニファクトリー」 フレンチロースト 200g

商品コード : cfe00558
価格 : 1,800 円(税込1,944 円)
ポイント : 58
数量
 
豆の挽き方

送料はご注文いただくコーヒー豆の量で決定します。詳しくはこちらへ。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

<ロースター秦のコメント>

赤ワインを思わせる華やかな香り。厚みのあるボディに、滑らかな質感。ケニアらしい特徴のある香りも感じさせつつ、繊細で上品な香味を感じさせる素晴らしい味わいです。4年ぶりのニエリエリアに私自身とても楽しみにしていましたが、去年まで作柄が思わしくなかったことが嘘のような華々しさです。シティ、フレンチ共にアイスコーヒーでもおすすめです。
 

地域:中央州ニエリ県マシラ西地区
所属農協:ギガンダ農協
生産者:ファクトリー周辺の所属農家
標高:1,600〜1,900m
品種:SL28、SL34、Ruiru11
精製:発酵槽を使用しソーキングも行うケニアの伝統的ウォッシュト

ここではケニアの一般的な街の様子や風景をご紹介します。ギチャサイニファクトリーの様子についてはシティローストのページにて詳しく掲載しておりますので、ぜひご覧ください。
アフリカで7番目に人口の多いケニア共和国。写真は首都のナイロビです。ナイロビは東アフリカでは最も経済的に発展している都市とされ、近代的な建物も建設されていますが、主要産業は農業。人口約4,500万人(労働力人口は約1,900万人)中約1,300万人が農業に従事していると言われています。


大きい都市には大きな幹線道路もあります。産地へのアクセスやコーヒーの流通の点でも、インフラの整備は非常に大切です。


「ケニヤッタ大学ニエリキャンパス」と書かれています。この大学には日本語の専門コースもあるそうです。中南米やアフリカの都市部には日本の企業の支社や工場も進出しており、日本人学校のみならず、現地の方が日本語を学ぶ環境が整っていくことが多いです。


都心部を抜けるとだんだんと田舎になっていき...


少し離れるとあっという間に大自然が広がります。


どこの国も市場では人々が行き交い活気があります。
※この写真だとあまり伝わりませんが...


少し車を止めると果物や雑貨を売る(売りつける?)人々に囲まれることも。中米なんかでも少し駐車するだけで車を見ててやるからお金ちょうだい、なんてことはよくあります。


こちらがケニアのシンボル「ケニア山」。もちろんケニア最高峰で、アフリカ大陸でもタンザニアのキリマンジャロにつぎ第2位の標高を誇ります。赤道直下にも関わらず氷河を戴いています。