トップ > すべての商品 > ケニア 「ギチャサイニファクトリー」 シティロースト 200g

ケニア 「ギチャサイニファクトリー」 シティロースト 200g



 

4年ぶりの「ニエリ」 待望の一杯
カシスやラズベリーを思わせる豊かな酸味

4年ぶりにケニアのニエリから届いたコーヒーです。しっかりとしたコクのなかに感じられる、赤や紫の果物を思わせるニュアンス。鼻腔を駆け巡る芳醇なフレーバー。上質なケニアコーヒーが持つ特徴的なキャラクターを見事に備えた素晴らしい一杯です。存分にお楽しみください。

今回お届けするギチャサイニファクトリーは、実は私たちにとって特別なコーヒーです。多くの皆様にとっては、ケニアコーヒーのひとつ、かもしれません。ただ、このコーヒーがケニアはケニアでも「ニエリ県」から届いた、ということは私たちにとって非常に重要なことなのです。4年前を最後にこの地域から私たちが扱えるコーヒーが届かなくなりました。もう再びニエリの良いコーヒーが飲めなくなる可能性すらありました。だからこそ、4年ぶりにこうして扱えることはとてもうれしく思っています。では、肥沃な土壌・十分な標高と寒暖差、恵まれた栽培環境、世界的にも有名だった優良産地「ニエリ」にいったい何が起こったのでしょうか。

もったいつけて大変恐縮ですが、続きは同ファクトリーのフレンチローストのページにて詳しくご紹介いたします。ぜひ併せてご覧ください。今回はより多くのお客様に飲んでいただきたいと思い、シティ・フレンチ2種類の焙煎でお届けいたします。双方の異なる表情をぜひお楽しみください。


こちらの商品は9月29日(火)午前8:00で販売を終了いたします。最終お届け日は10月1日(木)です。この日より先の配送希望日をご指定の場合は、商品の都合上、最終お届け日に自動変更されますのでご注意ください。また、在庫が限られておりますので、期限内よりも早く販売を終了することがございます。何卒ご了承ください。まだ購入されていない方はもちろん、また飲みたいと考えていた方はぜひお買い逃がしのないようお早めにご注文ください。


【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

ケニア 「ギチャサイニファクトリー」 シティロースト 200g

商品コード : cfe00557
価格 : 1,800 円(税込1,944 円)
ポイント : 58
数量
 
豆の挽き方

送料はご注文いただくコーヒー豆の量で決定します。詳しくはこちらへ。

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

<ロースター秦のコメント>

カシスやラズベリー等の赤や紫の果物を連想させる濃縮感のあるフルーティさ。赤ワインをおもわせるしっかりとしたコク。ジューシーで豊かな酸味と上品な甘みをもつ、華々しいコーヒーです。久しぶりのニエリエリアのコーヒーでしたが素晴らしい出来です。是非ご賞味ください。
 

地域:中央州ニエリ県マシラ西地区
所属農協:ギガンダ農協
生産者:ファクトリー周辺の所属農家
標高:1,600〜1,900m
品種:SL28、SL34、Ruiru11
精製:発酵槽を使用しソーキングも行うケニアの伝統的ウォッシュト

ここからは現地ギチャサイニファクトリーの様子をご紹介いたします。ファクトリーとは、各農家で収穫されたコーヒーチェリーを集め、精製・乾燥する場所です。


各農家で栽培・収穫されたコーヒーチェリーはファクトリーの集積場に集められます。ここで計量や精製前の選別などが行われ、ファクトリーによっては農業指導員から収穫のタイミングや未熟豆(過熟豆)などについてのレクチャーを受けることもあります。


集めたチェリーをここに投入して精製が始まります。ここはチェリーが触れる部分の表面がコーティングされており、衛生的で掃除のしやすさという意味でも非常に気を使っていることがうかがえます。


こちらがチェリーの果皮や果肉をそぎ落とすパルパーと呼ばれる機械です。アフリカでは一般的にこちらのディスク型が使用される傾向があります。画面中央に見える縦に3枚並ぶディスクが回転しており、そこを通る際の圧力でそぎ落とします。使用時は水が流れており、浮力による選別も同時に行われます。


コーヒーを覆うミューシレージと呼ばれる粘着物質を自然発酵させることにより除去するファーメンテーションという作業や、水路での浮力選別、数時間水につけておくソーキングなどの工程を経て、乾燥に向かいます。


乾燥はアフリカンベッドと呼ばれる乾燥棚で行われます。ムラが出ないよう、均一にまんべんなく並べ乾燥させます。天候によっては覆いを被せてコーヒーを守り、定期的な撹拌作業や選別も行います。


ファクトリーには圃場もあるようです。主に、苗木を育てて農家に配布したり、試験的に様々な品種を栽培したりすることが多いです。


ファクトリーの施設内にはこのようにコーヒーに関する様々な情報が掲載されています。