トップ > 新商品 > ペルー 「フェスパ農園 カトゥーラ」 フルシティロースト 200g

ペルー 「フェスパ農園 カトゥーラ」 フルシティロースト 200g



 

地域のコーヒー生産を牽引する農園主
カトゥーラ品種 初めてのフルシティ

皆様ご存知、ペルー屈指の優良農園「フェスパ農園」。今年は作柄にも恵まれて、なんと6品種をリリース予定です。

農園主のウィルダー・ガルシアさんは、若いながらも農園管理に関する最新の専門知識を学び、自身の農地の生産性・品質双方を飛躍的に向上させた実力者。これまで農業指導員として地域の農家(約200農家)に栽培や精製に関するアドバイスなどを行っていましたが、現在は自らが先頭に立って農家と提携し、農事指導や彼らのコーヒーの斡旋などを行っているそうです。着実に地域のリーダー的な存在になりつつあり、非常に頼もしいです。

そして、その成果はカップキャラクターにもしっかり表れています。驚くほどクリーンなことはもちろん、酸のきれいさや熟度の高さを想像させる甘みやコク。正直、ここまで洗練されたコーヒーにはなかなか出会えることはないでしょう。ぜひ多くの方に飲んでいただきたいコーヒーです。

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

ペルー 「フェスパ農園 カトゥーラ」 フルシティロースト 200g

商品コード : cfe00947
価格 : 1,500 円(税込1,620 円)
ポイント : 48
数量
 
豆の挽き方

送料はご注文いただくコーヒー豆の量で決定します。詳しくはこちらへ。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

<ロースター秦のコメント>

滑らかな質感とカカオのような酸と甘みが特徴です。酸と甘みに強さを持つコーヒーですが、酸は抑えつつ、甘さと質感をしっかりと引き出すように焙煎することで、口当たり滑らかなチョコレートのようなニュアンスを表現しています。
 

生産者:ウィルダー・ガルシア氏
地域:カハマルカ県ハエン郡ウワバル地区エル・ウアコ
標高:1,700m〜2,000m
品種:カトゥーラ
精製:発酵槽を使用したウォッシュト

カハマルカ県の中心地ハエン。ペルーの首都リマからこの街に来るまでに飛行機と車ですでに10時間近く移動しています。現在は空港が完成したため、リマから直接来られるようになりました。少しずつですがインフラも整備されてきています。


ハエンの朝焼け。朝の5時頃から車が行き交い、クラクションが鳴り響いています。


ハエンの中心地から、2時間ほど山道を走ってエル・ウアコの町に向かいます。


エル・ウアコの町。とても小さな町で、奥に見える3階建てが一番高い建物でした。


ペルーの地方では、よく民家の壁に選挙の立候補者の名前が書いてあります。そうすることで自宅を建てる際に費用を一部負担してくれるようです。


エル・ウアコからの景色。中央にかすかに見えるのがフェスパ農園。ここからは徒歩で向かいます。


道はぬかるみ、急こう配。移動手段は徒歩のみの非常に険しい道のりです。同行者のスタッフ若林はあまりの険しさにへばっていました。


悪路を標高100〜200mほど上り下りしてフェスパ農園に到着します。遠くには先ほどまでいたエル・ウアコの町がかすかに。このように、たどり着くまでが非常に困難なフェスパ農園。まさに秘境で出会った農園です。近隣に他の農家もないため、サビ病などコーヒーの木がかかる病気が飛来することもありません。


農園内にはナーサリー(圃場)もあります。こちらである程度育てたコーヒーの樹を農地へ移します 。新芽が青々として、元気に育っていることが分かります。


ちなみにこの農園は食料自給率100%とのことです。野菜も果物も鶏もなんでもあります。


こちらがご自宅。何部屋あるのでしょうか、立派なコーヒー御殿です。


ゴミの分別も欠かさず、環境に配慮した農園作りがうかがえます。