トップ > 新商品 > エチオピア 「フンダ・オリ ナチュラル」 フルシティロースト 200g

エチオピア 「フンダ・オリ ナチュラル」 フルシティロースト 200g



 

"ジンマ"の魅力が詰まった一杯
フルシティローストで初登場

3年前から扱い始めたここ"ジンマ"のコーヒー。なかでも、滑らかな質感やボリューム感、そして強い甘み、"イルガチェフェ"や"グジ"のエリアともまた異なる特性を備えるフンダ・オリは、ナチュラル精製のみならず比較的深い煎り具合にもマッチするコーヒーです。先日まで販売していたフレンチローストでも、それを実感していただけていますと幸いです。

そこで、今回は「コーヒーで感じるチョコラティ企画」に合わせて初めてフルシティローストに仕上げてみました。絶対においしい、そう確信していたものの、いざサンプルを前にすると不安になるものです。しかし一口飲んで、その不安は消し飛びました。とろっとした舌触りや厚みのある触感は十分に残しつつ、フレンチよりも一歩明るい果実感、ナチュラル精製らしい熟した赤い果実のニュアンスが苦みとのバランスよく感じられます。

コーヒー産地の多いアラビカ種のルーツである生産国にも関わらず、狭いエリア(主にイルガチェフェ)からしかコーヒーをご紹介できない状況が長く続いてきたなかで、当店のそんな一強時代に終わりを告げたこのフンダ・オリ。ぜひ一度お試しください。

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

エチオピア 「フンダ・オリ ナチュラル」 フルシティロースト 200g

商品コード : cfe00690
価格 : 1,500 円(税込1,620 円)
ポイント : 48
数量
 
豆の挽き方

送料はご注文いただくコーヒー豆の量で決定します。詳しくはこちらへ。

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

<ロースター秦のコメント>

フンダ・オリのナチュラルは、クリーミーな口当たりが特徴。ナチュラルとは思えない品の良さと、ナチュラルらしい芳醇な赤ワインを思わせる風味を兼ね備えています。ブルーンやチョコレートなどを感じさせる複雑でしっかりとしたコクをもち、長く甘い余韻が楽しめます。このコーヒーの果実味や質感の個性が、存分に際立っているフルシティローストです。

 
地域:オロミア州ゲラ地区チラ村
標高:2,040m〜2,200m
生産者:フンダ・オリステーション周辺の農家
品種:在来品種
精製:ナチュラル

「フンダ・オリ」のウォッシングステーションについてご紹介いたします。ジンマエリアについてはこれまで情報が少なかったのですが、徐々に現地の様子が収集できるようになってきました。今回販売するのはナチュラル精製のコーヒーですが、ご紹介する写真にはウォッシュト精製のものも含まれております。


ウォッシュト精製の場合、収穫され集められたチェリーはこちらのホッパーに流し込まれ、精製が始まります。


ホッパーの先はこちらの機械に繋がっており、ここで異物(石や葉っぱなど)の排除や果皮、果肉を除去します。


その後は豆に付着した粘着質のミューシレージを落とすために発酵槽で貯められます。ここで約12時間のウェットファーメンテーション(ミューシレージの自然発酵によってそれを除去すること)にかけられます。


そして乾燥です。直射日光を避けるために屋根がついています。乾燥中はただ日を当てればよいというわけではなく、豆へのストレスが可能な限りかからず乾燥を進行させるため、適切な温度になるよう日射量を調整しまた攪拌作業も行う必要があります。屋根がないところではカバーを使用しています。
ナチュラル精製の場合、収穫され粗選別を終えた豆はこの乾燥棚に直行します。


ナチュラル精製の乾燥風景はこちら。そのまま食べても美味しそうな熟したチェリーですね。
※フンダ・オリとは別のステーションでの様子


乾燥を終えた豆はこちらの倉庫で一次的に保管され、ドライミルへと運ばれていきます。


乾燥後のチェリーを脱穀して生豆の状態にした後、選別する工程をドライミルといいます。
ドライミルは一般に大規模で、さまざまな設備で構成されます。設置には多額の資本が必要とされるため、ドライミルの数はウェットミルに比べて格段に少なく、その所有者も国営や大農園、輸出業者などに資金力のある者に限られるのが普通です。


エチオピアの首都アジス・アベバにあるこのドライミルは比較的最近建設されたものです。


新しいだけあって非常に綺麗です。最新の選別機も設置されており、特にナチュラルのコーヒーにおいてこの工程での選別精度向上は品質を高める上でとても重要です。


こちらは比重選別機です。斜めに設置された板が振動することによって、重さごとに生豆を分けることができます。この選別機では何本も杭が打たれており、豆がまんべんなく広がるような工夫が施されています。


見にくいですがこれはスクリーン選別機です。ふるい(穴の開いた板)を積み重ね、振動にかけます。するとスクリーンサイズ(大きさ)の小さい豆ほど下に落ちてくる仕組みです。


カラーソーターと呼ばれる選別機です。生豆の色づきによって選別します。かなりデジタル化された機械で、豆を流すと一瞬のうちに記録された色と比較して選別されていきます。


生豆の保管スペースも十分確保されており、扱う豆が増えていったとしてもそれに対する処理能力は十分にあります。ここで保管された後、世界中の消費国に続々と輸出されていきます。