TOP > シングルオリジン > ルワンダ 「フジ」 シティロースト 200g

ルワンダ 「フジ」 シティロースト 200g

1,512 (税込)

ポイント : 45

お気に入り
  • 数量
  • 豆の挽き方
  • 豆の挽き方
  • 送料はご注文金額の合計(税込)で決定します。詳しくはこちらへ。
  • 商品についてのお問い合わせはこちらへ。
  • ※コーヒーの焙煎スケジュールや在庫量、鮮度管理上、本商品を含むご注文について、ご指定いただいた着日の変更のご連絡を差し上げる場合がございます。
  • ※賞味期限についてはこちらのご利用案内をご覧ください。

ルワンダ南部から初登場
滑らかな質感に甘みと酸の複雑さ

ルワンダから初登場の「フジ」。なんとも縁起の良さそうな名前ですが、ルワンダ南部州ニャルグル郡にある"フジ"地区周辺の農家にて収穫されたコーヒーです。フジウォッシングステーション(コーヒーチェリーを精製する施設)を運営するBAHOは、まだ皆様には大々的にご紹介しておりませんでしたが、私たちが現在関係強化に最も力を入れている生産者のひとつです。これまで販売したことのある南部でもまた違ったユニークなキャラクターを持つこのフジ。ルワンダの多様性を感じさせてくれる一杯です。

フジはBAHOが初めて手掛けたウォッシングステーションということもあり、代表のルサティラさんの想いもひとしお。先日は当社スタッフが現地を視察し、話を伺ってきました!その様子などを商品ページ下部や特設ページ「RWANDAful COFFEE」にてご紹介しておりますので、こちらもぜひご覧ください!

産地の紹介

ルワンダは人口1,000万人ほどの小さな国です。面積はほぼ四国と同じくらい。「千の丘を持つ国」と呼ばれるほど山が多く、標高の高い土地が広がっています。また野生のゴリラが有名で、現地ではトレッキングツアーが組まれているほどです。ルワンダでは東部の乾燥地帯を除き、西半分のエリアではほぼ全域でコーヒーが栽培されています。全国的にブルボン系の品種を扱う農家がほとんどです。コーヒー生産は小規模な農家が中心です。それぞれ数ヘクタールの農地にコーヒーの樹を植えて栽培しています。農地で収穫したコーヒーチェリーはある程度の量にまとめ、近隣の精製施設(ウォッシングステーション)に持ち込みます。そこで換金を受け生活しています。
エリアは大きく分けて3つ。

西部:キブ湖沿いに多くのウォッシングステーションが建設されています。雨の多い土地で、低地から高地までたくさんの農地があります。
北部:標高が高く寒暖差も十分ある土地ですが、人口も少ないため生産量は多くありません。比較的土壌は豊かで冷涼な気候の場所が多くあります。
南西部:フギ地区のあるエリア。ルワンダにおけるスペシャルティコーヒー導入のプロジェクトが南部州で始まったこともあり、品質の高いコーヒーを多く輩出してきました。

ブレンダーコメント

柔らかな口当たりと程よいボディ。ミルクチョコレートの様な滑らかな触感が魅力のコーヒーです。濃縮感のある甘みと共に、オレンジやどこかカカオニブを思わせるような酸が感じられ、複雑さも備えています。

ブレンダー
田中圭祐

販売予定期間

2022/5/25 〜 2022/7/下旬

産地情報

生産者:
ヴガネザ・イッサ(Vuganeza Issa)氏を中心とした45農家
地域:
南部州ニャルグル郡ンゴマ市フギ地区
標高:
1,550〜1,850m
品種:
ブルボン
精製:
発酵槽を使用しソーキングも行うウォッシュト

フジウォッシングステーションはルワンダ南部のブルンジ国境付近にあります。これまで販売経験がある「ニャミラマ」や「ガスーラ」とは、同じ南部ですがフジの方がより南に位置しています。BAHOが設立されて初めて手掛けたステーションです。

私たちが到着した際に、スタッフの皆さんで歓迎の踊りを披露してくれました。ルワンダで伝統的な「勝利を祝う踊り」です。歌や拍手も交えてとても賑やかで楽しくなるダンスでした。少し一緒に踊っただけでも一瞬で息が上がってしまいました。

収穫されたチェリーの熟度は高く、水もきれいでした。

集められたチェリーは精製が始まる前にも選別を行います。水に浸けて浮き上がってきてしまったものは不良な豆なので予め弾きます。

パルパー(果肉除去機)で果皮や果肉をそぎ落とされた後、ぬるぬるした粘着質を除去する工程を挟み水路に向かいます。ここでもただ流すだけでなく、重さでの選別を行います。

本格的に乾燥をさせる前にも不良豆を手ではじいていきます。少し濡れた状態でないと見分けることが難しい不良豆もあるので、とても大事な工程です。

本格的な乾燥中も定期的に撹拌やソーティング(選別)を行います。

コーヒー豆の水分値が一定以下になると、引き上げられステーション内にある倉庫に移されます。ここで少し豆を休ませた後、脱殻、さらには追加の選別・グレード分けのために首都キガリへ運ばれていきます。

BAHO社代表のルサティラさんです。話し始めたら止まらない気さくで陽気な明るい三児のお父さん。
一方、コーヒーへの愛情もすさまじく、「今年の収穫は!」「このあたりの気候は!」「こっちも見てくれ!」「こっちもだ!」という具合に、話しているだけでエネルギーを吸い取られてしまうような情熱的な方です。


※<ポテト臭について>
ルワンダのコーヒーからはポテト臭が発生する豆が混入していることがあります(ポテト臭という名前で浸透していますが、日本人の感覚だとゴボウのような匂いです)。当社で扱うルワンダの商品に関して、ポテト臭の豆が混入する確率は何万粒にひとつ程度です。万が一ポテト臭が出た場合は、大変恐縮ですが抽出をやめ、臭いの出た粉のみ廃棄していただければ幸いです。どうか前述の事情をご理解のうえ、お買い上げくださいますようお願いいたします。尚、仮に該当の豆を抽出して飲んでも健康に害を及ぼすことはございませんので、その点はどうかご安心下さい。