トップ > 新商品 > ケニア 「カムワンギファクトリー」 ハイロースト 200g

ケニア 「カムワンギファクトリー」 ハイロースト 200g



 

赤土の肥沃な大地から届いた高品質ケニア
爽やかな酸に蜂蜜レモンのような甘い余韻

口いっぱいに広がる酸は明るく爽やかで、瑞々しいグレープフルーツを思わせます。加えて、余韻に続く甘みとソフトな触感も心地よく、浅めの焙煎に非常にマッチしています。

5,199mもの標高を誇るケニア最高峰のケニア山南麓に広がるキリニャガ県。赤土の肥沃な大地にサバンナ気候が広がるアフリカ屈指のコーヒー産地です。カムワンギファクトリーは同国のなかでも高品質なコーヒーが多く生産される世界的にも有名なこのキリニャガ県に位置しています。近年生産量が徐々に減少している一方で、世界的には人気の高い産地国です。

当店ではスペシャルティコーヒーの概念が生まれつつある2000年の前半から、世界に先駆け多くのケニアコーヒーを扱ってきました。多くの農園やファクトリー、生産者や輸出業者を訪れ、常に優れたケニアコーヒーを追い求めてきました。紆余曲折(詳しくは堀口のブログ「パパ日記」をご覧ください)を経て、様々な経験と情報を蓄積してきたからこそ、今こうして優良なファクトリーを扱うことができております。

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日
 

ケニア 「カムワンギファクトリー」 ハイロースト 200g

商品コード : cfe00554
価格 : 1,600 円(税込1,728 円)
ポイント : 51
数量
 
豆の挽き方

1配送先につきコーヒー豆800g以上のご購入で送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

<ロースター秦のコメント>

ピンクグレープフルーツを思わせる、明るく爽やかな酸。酸のしっかりしたコーヒーですが、後味には蜂蜜レモンのような甘い余韻が残ります。ハイローストからフレンチローストまでお出ししていますが、ローストレベルの違いでグラデーションのように味わいの違いが楽しめるコーヒーです。
 

地域:キリニャガ郡Gichugu地区Ngariama区
所属農協:New Ngariama農協
生産者:ファクトリー周辺の所属農家
品種:SL28、SL34、Ruiru11
精製:発酵槽を使用しソーキングも行うケニアの伝統的ウォッシュト

ここでは簡単に産地国ケニアのご紹介をします。アフリカで7番目に人口の多いケニア共和国。写真は首都のナイロビです。ナイロビは東アフリカでは最も経済的に発展している都市とされ、近代的な建物も建設されていますが、主要産業は農業。人口約4,500万人(労働力人口は約1,900万人)中約1,300万人が農業に従事していると言われています。


ナイロビは宅地化が進んでおり、都市がどんどん大きくなっています。かつて扱っていたファクトリーが今では都市部に飲み込まれてしまっているところもあります。


大きい都市には大きな幹線道路もあります。産地へのアクセスやコーヒーの流通の点でも、インフラの整備は非常に大切です。


「ケニヤッタ大学ニエリキャンパス」と書かれています。この大学には日本語の専門コースもあるそうです。中南米やアフリカの都市部には日本の企業の支社や工場も進出しており、日本人学校のみならず、現地の方が日本語を学ぶ環境が整っていくことが多いです。


都心部を抜けるとだんだんと田舎になっていき...


少し離れるとあっという間に大自然が広がります。


どこの国も市場では人々が行き交い活気があります。
※この写真だとあまり伝わりませんが...


少し車を止めると果物や雑貨を売る(売りつける?)人々に囲まれることも。中米なんかでも少し駐車するだけで車を見ててやるからお金ちょうだい、勝手に洗車をし始めてお金ちょうだい、なんてことはよくあります。


こちらがケニアのシンボル「ケニア山」。もちろんケニア最高峰(5,199 m)で、アフリカ大陸でもタンザニアのキリマンジャロにつぎ第2位の標高を誇ります。赤道直下にも関わらず氷河を戴いています。