トップ > 新商品 > コスタリカ 「【サンタテレサ】モンターニャ エチオピア」 シティロースト 200g

コスタリカ 「【サンタテレサ】モンターニャ エチオピア」 シティロースト 200g



 

品質向上に努力を惜しまない生産者
フルーティな香り、華やかな味わい

コーヒーの数だけそれを手掛けた生産者がいます。年間通して数多くのコーヒーを扱う私達は、その分たくさんの生産者の方と関わりを持つことになるわけです。それぞれ、性格も違えばコーヒーへの考え方やアプローチも異なります。そのスタンスの違いもコーヒーの多様性にとって大切なことですが、このサンタテレサのロヘル・ウレーニャさんは私たちの知るなかで最も品質向上に対して"努力を惜しまない"生産者のひとりです。

相続した農地の売却や出稼ぎなど、山あり谷ありの苦労を重ね、彼は念願のコーヒー栽培を開始しました。そして、今ではドタ、タラス、レオンコルテス3つの地域で10種類以上の品種を栽培しています。規模が大きくなってもおろそかにせず、土壌分析やミル設備の改修など品質重視の生産活動を行っています。見た目はワイルドですが、とても誠実な方で、人としても非常に信頼できる生産者です。

今回の4品種のなかでこちらのエチオピア品種のみ、ドタではなくレオンコルテスにある農地で栽培しています。実はコーヒー通であるロヘルさんの友人がもともと所有していた土地で、その頃からエチオピア品種を植えていたとのこと。カトゥアイ品種やカトゥーラ品種ではなく、エチオピア品種をわざわざCatie(熱帯農業研究高等教育センター)という機関から取り寄せて植えたそうです。以来、ロヘルさんもその意思を受け継ぎ、大切に育てています。

こちらの商品は12月5日(木)午前8:00で販売を終了いたします。ローストの都合上、期限内にご注文いただいても12月8日(日)以降の納期をご指定された場合、商品を発送することできません。また、在庫が限られておりますので、期限内よりも早く販売を終了することがございます。何卒ご了承ください。まだ購入されていない方はもちろん、また飲みたいと考えていた方はぜひお買い逃がしのないようお早めにご注文ください。

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

コスタリカ 「【サンタテレサ】モンターニャ エチオピア」 シティロースト 200g

商品コード : cfe01619
価格 : 2,000 円(税込2,160 円)
ポイント : 64
数量
 
豆の挽き方

1配送先につきコーヒー豆800g以上のご購入で送料無料

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

<堀口俊英のコメント>

フルーティな香り、華やかな味わいがあり素晴らしいコーヒーです。標高の高いコスタリカの環境に適応性があるのですね。エチオピアの優れたG-1に十分匹敵します。中米のコーヒーはクエン酸が基本ですが、ヨーグルトのような酸味もあり、風味に複雑さをもたらしていると感じます。品種そのものの力が環境(テロワール)に勝った稀有な事例のようにも思います。

 

 
農園主:ロヘル・ウレーニャ氏
地域:サン・ホセ州レオンコルテス市サンパブロ
標高:1970〜2010m
品種:エチオピア
精製:機械的にミューシレージを除去するウォッシュト

生産者のロヘルさん。今でこそ生産も安定してきましたが、ここまでの道のりは長く、苦労の積み重ねでした。それでもコーヒーに対する情熱を忘れることなく品質向上に取り組んできた努力が今やっと実を結んできました。
※ちなみにこの写真はネットショップ担当島崎の一番のお気に入りです。男でも惚れてしまいそう。


今では息子さんと共に農地に出ています。似ているといえば似ていますが、雰囲気はまったく違いますね。髪型のせいでしょうか。


数年前、ロヘルさんには来日した際に他の生産者の方々と当店(当時の狛江店)を訪れていただいています。たくましい髭を蓄えた右の方は当社でも販売したことのあるマイクロミル【ラ・バンデラ】のディエゴ・イダルゴさんです。普段はいかつい小野塚ですが、この2人に囲まれるとなんだか可愛くみえます。


焙煎や選別の様子を見学していただき、最後には自身のコーヒーをプレゼント。普段から交流している生豆バイヤーの若林は「この来日を機に、彼はより一層積極的に品質向上に取り組むようになってくれた」と言います。


隣に写っているのはオルティス2000の生産者オマール・カルデロンさんです。同じドタの生産者として交流があるそうです。彼のコーヒーもまた販売するかもしれませんので、ぜひ顔を覚えてください。


会長の堀口とも記念撮影。終始どことなく緊張したご様子。見た目はワイルドですが、性格はシャイで真面目な方です。