トップ > 新商品 > ホンジュラス 「ラ・ファルダ カトゥアイ」 フレンチロースト 200g

ホンジュラス 「ラ・ファルダ カトゥアイ」 フレンチロースト 200g



 

当社のホンジュラスを牽引する生産者
濃密なコクと甘みが生み出す心地よい余韻

地道に続けた産地開拓の成果が実を結び、着実にその品質と知名度を上げている当店のホンジュラス。その看板商品となりつつあるのがこの「ラ・ファルダ」です。昨年はブルボン品種のみの販売でしたが、今年はカトゥアイ品種も入港しております。たとえ同じ土地であっても、それぞれの品種に合った栽培・精製方法があり、複数の品種にチャレンジするということは、その分知識も工夫も必要になります。生産の難易度も上がり、作り手としての腕の見せ所でしょう。

そして今回、農園主であるヘスス・エドガルド・ガレアスさんはその手腕を遺憾なく発揮してくれました。入港したそれぞれの品種は特徴をしっかりと備えており、これを最大限に活かす手はありません。もちろん、双方シティとフレンチで焙煎しても面白いのですが、在庫量の関係で、今回はより特徴を活かせる焙煎度合いでご用意いたしました。

こちらのカトゥアイ品種はフレンチローストで仕上げております。深煎りによって際立つ濃密なコクと甘みは、口の中を滑るように広る心地よい触感とともに、長い余韻へとつながります。秋の夜長、窓を開け、本でも読みながら一杯をじっくり味わうにはもってこいのコーヒーです。

ホンジュラスはこんな国!
日本人にとってあまり馴染みのない国(!?)ですが、これさえ読めば少し身近になるかもしれません。ネットショップ担当島崎の第二の故郷でもある「ホンジュラス」についての紹介ページです。飲む前に、ぜひご覧になってください。


こちらの商品は11月21日(木)午前8:00で販売を終了いたします。ローストの都合上、期限内にご注文いただいても11月24日(日)以降の納期をご指定された場合、商品を発送することできません。また、在庫が限られておりますので、期限内よりも早く販売を終了することがございます。何卒ご了承ください。まだ購入されていない方はもちろん、また飲みたいと考えていた方はぜひお買い逃がしのないようお早めにご注文ください。

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

ホンジュラス 「ラ・ファルダ カトゥアイ」 フレンチロースト 200g

商品コード : cfe02797
価格 : 1,400 円(税込1,512 円)
ポイント : 45
数量
 
豆の挽き方

1配送先につきコーヒー豆800g以上のご購入で送料無料

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

<ロースター秦のコメント>

滑らかな質感とキャラメルのような奥行のあるコク。オレンジのような果物の風味もしっかりと感じさせ、決して重たすぎない深煎りです。ブルボン品種同様、生豆は見事なほど綺麗な豆面で、味わいのクリアさにもしっかりと映し出されています。ブルボン種は爽やかさや快活な酸を表現したくシティローストに仕上げましたが、カトゥアイ品種は心地よい質感と奥行のあるコクを生かしたくフレンチローストに仕上げました。それぞれ素晴らしい個性を感じさせる2種類。是非ご賞味ください。
 

農園主:ヘスス・エドガルド・ガレアス・ポンセ氏
地域:コマヤグア県セルグアパ チャウィテ
標高:1,700m
品種:カトゥアイ
精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト

ここからは「ラ・ファルダ」のウェットミル工程について簡単にご説明します。農地とウェットミルの距離が遠く、収穫後速やかに精製が開始できないという問題が以前からありましたが、この問題は段階的に解決されています。まずは、移動式のパルパーを導入。すぐに果肉を除去できるようになりました。そして現在では、移動式ではなく据え置きのパルパーを設置して、精度と処理効率を向上させています。


果肉を落とされたコーヒーは馬に載せられ麓の発酵槽へ。そこで20時間寝かせてミューシレージを自然発酵させ除去します(ファーメンテーション)。


20時間のファーメンテーションが終わると、一度水洗されビニールハウス付きの乾燥ベッドに向かいます。この乾燥ベッドは我々が購入したロットの収益を利用して作られたそうです。材料を調達してヘススさん自ら組み上げた力作。このように、得られた収益をさらなる品質向上に充て、より良いものが出来上がる、というサイクルがすでに始まっています。このサイクルを生み出すのはなかなか難しく、すぐ実行に移してくれた彼らには感謝しなければなりません。


乾燥ムラが出ないよう、日中の乾燥中は10分に1回、2人がかりで撹拌作業を行います。


下は網目状で通気性も良くなっています。粒の揃ったとてもきれいなパーチメントコーヒーです。


入港した生豆もとてもきれいです。左の写真は虫に食われていたり、未熟なものなど、いわゆる欠点豆です。右の画像がラ・ファルダの豆。ロースターも言う通り、全体的にラ・ファルダには左のような欠点豆がほとんど入っておらず、非常にきれいにそろっています。


村には他のウェットミルもあります。なにせ35もの生産者がいるので数が足りません。そのため、皆さんあちこちで自前のウェットミルを建て初めました。建設中のものも多くあります。


チャウィテの生産者の皆さん。より品質の高いものを作ろうという意識がとても感じられる方々です。これから先、良い関係が築けていけることを願っています。

 

農地については、同時販売しているホンジュラス「ラ・ファルダ ブルボン」 シティローストの商品ページで詳しく紹介しておりますので、そちらもぜひご覧ください。