トップ > シングルオリジン > コスタリカ > アルトス・デル・アベホナル ディビーノ・ニーニョ > コスタリカ 「【アルトス・デル・アベホナル】ディビーノ・ニーニョ ナチュラル」 フレンチロースト 200g

コスタリカ 「【アルトス・デル・アベホナル】ディビーノ・ニーニョ ナチュラル」 フレンチロースト 200g



 

生豆バイヤーもイチオシのナチュラル
ラズベリーのような甘く上品な風味

入港したての今シーズンのコスタリカから、ナチュラル精製コーヒーのトップバッターを飾るのはこちら。これまではウォッシュト精製のみの販売でしたが、今年はナチュラルの出来も素晴らしく、生豆バイヤー若林もまずはこれを!と太鼓判を押した一杯です。厳しい環境が育んだ高い熟度ときめ細やかな乾燥管理によって、クリーンかつ糖度の高い甘みのつまったコーヒーに仕上がっています。飲みごたえ抜群のナチュラルをぜひお楽しみください。

農園主のマウリシオさんはミル設立のためにアメリカへ出稼ぎに出ていた苦労人。汗と努力の結晶とも言えるこのミルではウォッシュトに加え、ナチュラルやハニープロセスにも取り組んでいます。前者にはティピカ品種を、後者にはカトゥーラ品種やカトゥアイ品種を使用するなど、"ただ作る"だけでなくカップ評価や味わいも考えながら生産に取り組んでいます。

そんな彼が手掛けるナチュラルはクリーンカップはもちろんのこと、甘く上品なキャラクターがしっかりと表れています。まるで果実酒を思わせる芳醇な一杯をご堪能下さい。

こちらの商品は11月22日(金)午前8:00で販売を終了いたします。ローストの都合上、期限内にご注文いただいても11月26日(火)以降の納期をご指定された場合、商品を発送することできません。また、在庫が限られておりますので、期限内よりも早く販売を終了することがございます。何卒ご了承ください。まだ購入されていない方はもちろん、また飲みたいと考えていた方はぜひお買い逃がしのないようお早めにご注文ください。

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

コスタリカ 「【アルトス・デル・アベホナル】ディビーノ・ニーニョ ナチュラル」 フレンチロースト 200g

商品コード : cfe01669
価格 : 1,600 円(税込1,728 円)
ポイント : 51
数量
 
豆の挽き方

1配送先につきコーヒー豆800g以上のご購入で送料無料

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

<ロースター秦のコメント>

クリーミーな質感と、華やかな香りはまるで蜂蜜を連想させます。ラズベリーのような甘く赤い果物の風味はナチュラル精製であることをしっかりと感じさせ、エチオピアのどのエリアのものともまた異なる豊かなキャラクターを備えています。本当に品の良いナチュラルです。
 

生産者:ビンダス家
地域:サン・ホセ州レオンコルテス市サンパブロ
標高:1,880〜1,900m
品種:カトゥアイ、カトゥーラ
精製:ナチュラル

ニカラグアとパナマの間に位置するコスタリカ。首都のサン・ホセは国のほぼ中心にあります。下の写真の黄色で囲っているのがタラス地域。タラス地域はさらに3つの行政区分に分かれ、左からレオンコルテス、タラス、ドタです。
※右下の赤色で囲っている地域が「チリポ地域」です。現在販売している商品では「【クレストネス】エル・アルト」がこの地域出身です。


【アルトス・デル・アベホナル】ミルはタラスの中心から北西側にあるレオンコルテスという地域に位置しています。


こちらは農園の入り口。立派な門です。農園「ディビーノ・ニーニョ」は1993年に誕生しました。意味は「神の子」。門だけでなく名前も立派ですね。


【アルトス・デル・アベホナル】ミルが設立されたのは2008年です。名前の由来はミル周辺にあるアベホナル峰からとったそうです。


農園主のマウリシオさん。ミルを開くための資金を貯めにアメリカのニュージャージーで出稼ぎをしていました。コスタリカではマイクロミル設立資金のために出稼ぎをするケースが多くあります。みなさんそうした努力の上に整えた生産環境なので、コーヒー作りにもより一層気合いが入るのでしょう。


ミルでは今回のナチュラル精製の他に、ウォッシュト精製はもちろんハニープロセスも行われています。


コスタリカでは森林の伐採が法律で禁止されいて、新しくコーヒー農地を開く際は牧草地などが転用されています。そうしたほとんどのコーヒー農地はあまり大きなシェードツリーを使用せずにコーヒーの間にバナナ等を植える程度です。しかし、ディビーノ・ニーニョ農園はコスタリカでは珍しく、大きなシェードツリーを多用しています。森林を残すことで高標高農地ゆえの気温の低さからコーヒーの木を守るためです。さらに、そうすることでその落ち葉を肥料にすることや水源を守ることにも繋がっています。


コーヒー栽培には農薬および化学肥料をできるだけ使用しない農法が用いられています。窒素固定作用のあるシェードツリーを使い、落ち葉や微生物などの活用により、殺菌剤や化学肥料の使用を減らしています。


こちらのタンクは山の土壌由来の微生物を米や廃糖蜜と混ぜて嫌気的環境で繁殖させてできた液体が入っています。コーヒーの樹に噴霧することで耐病性を中心に木の健康状態を良好に保つことができるとのこと。結果として収穫量の向上にもつながるようです。


マウリシオさんと奥さんのアルツェリオさん。奥さんは犬の服を作る手芸の先生もやっているそうです。この二人はおしどり夫婦コンテストで優勝できるくらいとにかく仲が良いのが印象的でした。