HORIGUCHI COFFEE ONLINE STORE

TOP > シングルオリジン > コスタリカ 「【ドン・マジョ】 フジ ナチュラル」 フレンチロースト 200g

コスタリカ 「【ドン・マジョ】 フジ ナチュラル」 フレンチロースト 200g

1,728 (税込)

ポイント : 51

お気に入り
  • 数量
  • 豆の挽き方
  • 豆の挽き方

品切れ

  • 送料はご注文金額の合計(税込)で決定します。詳しくはこちらへ。
  • 商品についてのお問い合わせはこちらへ。
  • ※コーヒーの焙煎スケジュールや在庫量、鮮度管理上、本商品を含むご注文について、ご指定いただいた着日の変更のご連絡を差し上げる場合がございます。
  • ※賞味期限についてはこちらのご利用案内をご覧ください。

3月10日8:00販売終了

コスタリカのナチュラルを深煎りで
イチゴのような風味に複雑な甘さの余韻

たとえゲイシャであっても、納得するカップキャラクターを呈さなければ単体で販売することを認めず、他の品種と混ぜて価格の低い商品として扱う。【ドン・マジョ】マイクロミルは、それほどまでに自分たちが作り出すコーヒーの味わいに対して高いプライドを持つ生産者です。
今回販売する農地「フジ」のコーヒー、元々は別の生産者によって管理されていた当社専用農地ですが、2019年に【ドン・マジョ】マイクロミルに引き継がれ、実に3年ぶりの再登場、しかもウォッシュトとナチュラルの精製違いで2種のコーヒーを届けてくれました。さすがは名門マイクロミル、こちらのナチュラルは芳醇で濃厚、ワイニーな余韻が心地よい素晴らしい仕上がりです。季節によって異なる表情をみせる富士山の様に、精製方法や焙煎度の違いで多彩な表情を見せる「フジ」のコーヒー。その個性をご堪能ください。



こちらの商品は3月10日(木)午前8:00で販売を終了いたします。最終お届け日は3月12日(土)です。この日より先の配送希望日をご指定の場合は、商品の都合上、最終お届け日に自動変更されますのでご注意ください。また、在庫が限られておりますので、期限内よりも早く販売を終了することがございます。何卒ご了承ください。まだ購入されていない方はもちろん、また飲みたいと考えていた方はぜひお買い逃がしのないようお早めにご注文ください。

産地の紹介

チリポは首都を擁するサン・ホセ州の東端に位置し、コスタリカ最高峰のチリポ山に抱かれ、山と森が大部分を占める自然豊かなエリアです。当店とチリポとの関係はもう10年以上に及びます。2009年に日本のロースターとして初めてチリポに足を踏み入れ、幾度となく現地を訪問してきました。ICAFE(コスタリカコーヒー協会)の生産エリア区分においてこの地域はかつて「ブルンカ」と呼ばれており、主に汎用品のコーヒーを生産するエリアとして認知されていました。

しかし、十数年で一部の生産者のなかで付加価値を付けた高品質なコーヒーで市場に打って出ようという機運が高まりました。小規模農家がミルの設立資金を集めコーヒーの買い手を探すのは非常に大変なことですが、情熱と努力をもってあきらめず活動を続けたこと、さらに政府の施策やNGOの協力もあり、今では高品質なコーヒーを生産するエリアとして非常に注目されています。

ブレンダーコメント

華やかさも感じさせる芳醇な香り、クリーンでクリーミーな口当たりが心地よく感じられます。イチゴのような風味が広がり、余韻にはスパイスやドライフルーツのような複雑な甘さがほのかに残ります。

主任ブレンダー
秦はる香

販売予定期間

2021/1/12 〜 2022/3/中旬
※上記の日程は在庫状況などにより予告なく変更する場合がございます。※上記の日程は在庫状況などにより
予告なく変更する場合がございます。

産地情報

生産者:
ボニージャ・ソリス家
地域:
サン・ホセ州ペレス・セレドン市リバス、ピエドラ
標高:
1,800-2,000m付近
品種:
カトゥアイ
精製:
ナチュラル

左から一家【ドン・マジョ】マイクロミルのボニージャ家。大黒柱であるヘクトルさん、息子のホセさん(弟)、パブロさん(兄)です。現在はそれぞれ役割を分担してコーヒー生産をされています。

長男のパブロさん。以前、日本に来日された際には当店の横浜ロースタリーにも見学に来ていただきました。

ドン・マジョのミルには日本語の歓迎文も書かれています。日本の市場を大事に考えてくれている彼らの心意気が伝わってきます。

彼らはこの小屋で自分たちが栽培したコーヒーをローストして味のチェックを行っています。品質に納得がいかないロットは自らグレードを下げて販売するなど徹底しています。