HORIGUCHI COFFEE ONLINE STORE

img
img

TOP > シングルオリジン > ペルー 「ロサス・パタ農園」 シティロースト 200g

ペルー 「ロサス・パタ農園」 シティロースト 200g

1,620 (税込)

ポイント : 48

お気に入り
  • 数量
  • 豆の挽き方
  • 豆の挽き方

品切れ

  • 送料はご注文金額の合計(税込)で決定します。詳しくはこちらへ。
  • 商品についてのお問い合わせはこちらへ。

独特のキャラクターで注目のペルー南部
オレンジを思わせる華やかで明るい酸

皆さまに注目していただきたいペルーの南部のコーヒー。まずはその質の高さと多様さを多くの方にご体感いただきたく、2軒の農家のコーヒーを100gと200gでそれぞれご用意しました。両者とも"華やぐ香り"に特徴がありながら、質感や果実味に異なる個性を感じさせてくれます。特集ページ「華やぐペルー南部 飲み比べ:2軒の農家」では飲み比べのポイントを解説していますのでぜひご覧ください。

車もバイクも通れない山道の先にあるアンデスの秘境で、品質に対する意識の高い生産者フラビオ・ココリ・ソンコさんはコーヒー生産歴25年。現在は奥さん、娘さんと共に農地を管理しています。収穫は1粒1粒しっかり熟したものだけを選択。水洗処理の際にはカナル(水路)でも選別を行っています。アンデスの秘境から届いた素晴らしいコーヒーです。
※100gパックはこちら

産地の紹介

ペルー南部のボリビア国境付近、アンデス山脈を越えたアマゾン川の源流域に位置するサンディア渓谷。もともと標高3,800m付近のチチカカ湖近郊に住んでいたアイマラ族が、1930年代にラニーニャ現象の影響を受け、肥沃な「低地」を求め移住した事がこのサンディア渓谷地域のルーツのようです。しかし「低地」といっても1,800m。私達からみればかなりの「高地」です。コーヒーの栽培についても、ペルー北部のようにコロンビアではなく、隣接するボリビアから伝播してくることが多かったようで、栽培方法や品種などの点で他地域と特色が異なる傾向があります。

ブレンダーコメント

カップから立ち昇るフローラルな香り。口に含むと感じられるオレンジの様な明るい酸。密度のある味わいと、スムースな触感も魅力のコーヒーです。華やかですが派手過ぎず、調和のとれたマイルドな味わいです。

ブレンダー
田中圭祐

販売予定期間

2022/9/14 〜 2022/10/中旬
※上記の日程は在庫状況などにより予告なく変更する場合がございます。※上記の日程は在庫状況などにより
予告なく変更する場合がございます。

産地情報

生産者:
フラビオ・ココリ・ソンコ氏
地域:
プーノ県サンディア郡アルト・イナンバリ地区キムサ・クルス
標高:
1,700m
品種:
ブルボン、カトゥーラ
精製:
発酵槽を使用したウォッシュト

農園の周辺エリアは険しい地形が続きます。

ペルーらしい1枚。厳しい環境の中でもたくましく生きるアルパカです。家畜ではありますが、道を横切ったり寝ていたりとかなり自由に放牧されています。

画像が粗く申し訳ございません。。
こちらが生産者のフラビオ・ココリ・ソンコさんです。