トップ > 味わいから選ぶ > 柔らかなコク(シティロースト) > エチオピア 「ウォルカ・ウリ」 シティロースト 200g

エチオピア 「ウォルカ・ウリ」 シティロースト 200g



 

初登場のエチオピア
農家と二人三脚の高標高ステーション

イルガチェフェの中心地から南へ約30km行ったところに、今回初登場となるウォッシングステーション「ウォルカ・ウリ」があります。

同ステーションの特徴は、まず2.200mにも到達するその標高です。これまで扱ってきたステーションも2,000m前後と比較的高標高でしたが、ここは近隣エリアはもちろん、同国のなかでも非常に高い標高にあります。無条件に「高標高=良いコーヒーが獲れる」ではありませんが、現地で収穫されるチェリーはその寒暖差を存分に活かした高い熟度を誇っています。

また、ステーションの機能としては珍しく、堆肥化したコーヒーパルプ(果皮と果肉)を各農家に配って回る施策も行っています。精製時に出たパルプを集積し、そこに栄養素を加え保管。そして1年後、農家に配り各農地に散布されていきます。このように、ステーションと農家が一体となって継続的かつ品質の高いコーヒーを生産しようとする姿勢に私達はとても魅力を感じています。多くのステーションがしのぎを削るエチオピアにおいて、今後も注目していきたいステーションです。

こちらのウォルカ・ウリでは圧倒的な華やかさ・明るさというより、様々なニュアンスが時間の経過とともにグラデーションのように感じられる”複雑な酸”をお楽しみいただければと思います。温かいうちはレモンやライムのややシャープな印象がありますが、冷めてくるとブルーベリーやピーチを思わせる酸や甘みも顔を出します。初登場のウォルカ・ウリ、ぜひご期待ください。

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

エチオピア 「ウォルカ・ウリ」 シティロースト 200g

商品コード : cfe00686
価格 : 1,400 円(税込1,512 円)
ポイント : 45
数量
 
豆の挽き方

1配送先につきコーヒー豆800g以上のご購入で送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

<ロースター小林のコメント>

人気の産地エチオピア・イルガチェフェ近郊から、またしても素晴らしいコーヒーをご紹介します。今回初登場となる『ウォルカ・ウリ』はフローラルな香りとレモンのような果実味に加え、ハーブのようなニュアンスも備えており、フレーバーの複雑さは今シーズン入荷したエチオピア・ウォッシュトのなかでも際立って感じられます。入港直後のサンプルをカッピングした際、その味わいに魅了され、シングルオリジンに先駆け『Roasters' Blend』の素材としても使用したコーヒーです。華やかさや軽快さだけではない、ウォルカ・ウリのフレーバーをお楽しみください。

 
地域:南部諸民族州ゲデオゾーン ゲデブウォレダ ウォルカ地区
標高:2,000m〜2,200m
生産者:ウォルカ・ウリの農家
品種:在来品種
精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト

こちらがウォルカ・ウリウォッシングステーションです。昨年生豆バイヤーの若林が現地を訪れています。残念ながら訪問時はまだ収穫期に入っておらず、ステーションも精製が稼働できるよう準備を行っているところでした。


アフリカンベッドも作成中のものがありました。吹きっさらしのままですと徐々に脆くなってきてしまうため、精製が行われない期間は分解して屋内に保管しておきます。


運搬用の大きなざるのような道具も保管されています。


使用時はこのようになります。


パルパーも清潔に保たれていました。


ここにパルプ(果皮と果肉)を集積し、堆肥化させています。そして、肥料として使用できるタイミング(約1年間)で各農家に配られます。


カメラを構えると必ずキメてくる若者が一人いました。どこの国にも撮られるのが好きな方はいるのですね。せっかくポーズをとっているのにピンボケとは若林も意地が悪いです。


各農家に堆肥化させたパルプを配っている様子。トラックに積んで運び、定量をドサッと置いて回る形です。


いよいよ収穫期が迫り、チェリーもパンパンに実をつけていました。


ステーション近郊にあるハロハディと呼ばれる村です。可愛らしい家が立ち並んでいました。この村で取れるコーヒーもウォルカ・ウリに持ち込んでいます。なかなか熟度も高く均一な良い豆が多く、非常に期待できるとのこと。