トップ > 新商品 > ケニア 「カラツファクトリー」 ハイロースト 200g

ケニア 「カラツファクトリー」 ハイロースト 200g



 

700名の農家を抱える国内屈指の名門農協
瑞々しくジューシーな酸にソフトな触感

このコーヒーをハイローストで飲んだことがないという方は、非常にもったいないです!というのも、深煎り同様、すべてのコーヒーが浅めのローストに適しているわけではありません。酸がきれいに、そして豊かに出るコーヒーはなかなかないものです。カラツはまさに、浅めであってもその光る個性を存分に発揮してくれます。

ケニア中央部に位置するケニア山南側の地域(主にエンブ、キリニャガ、ニエリの3県)は高品質なコーヒーを手掛ける農園やファクトリー(精製場)が多く存在しており、当店で扱う商品もほとんどこの地域のものです。ただ、今回のカラツファクトリーは上記のエリアからは少し離れた、中央州のキアンブ県にある精製工場。首都ナイロビから比較的近く、直線距離にしておよそ40キロ北に進んだ所に位置しています。

大都市に近いということはコーヒー豆の輸送にとっては良いことです。道も比較的整備され、輸送時間も少なくてすみますので、輸出までより鮮度の高い状態を維持できる可能性が高まります。しかし一方で、近年ナイロビは拡大し続けており、近郊のファクトリーが飲み込まれてしまったケースもあるほど。カラツファクトリーにもその影響が今後あるかもしれません。飲める時に、ぜひお試しいただきたいと思っております。

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

ケニア 「カラツファクトリー」 ハイロースト 200g

商品コード : cfe00553
価格 : 1,600 円(税込1,728 円)
ポイント : 51
数量
 
豆の挽き方

送料はご注文いただくコーヒー豆の量で決定します。詳しくはこちらへ。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

<ロースター秦のコメント>

キアンブエリアの”華やかなケニア”です。あんずを思わせるしっかりとした酸と、濃縮感のある甘み。ジューシーさとふくよかな質感を兼ね備えたコーヒーです。派手な個性をもちつつも、クリーンカップが際立ちます。甘さが伴った“おいしい酸味”を知りたい方は是非お試しください。
 

地域:中央州キアンブ県Gatundu地区Ndarugu
所属農協:Gitwe農協
生産者:ファクトリー周辺の所属農家700名
標高:1,883m(ファクトリーの標高)
品種:SL28、SL34、Ruiru11
精製:発酵槽を使用しソーキングも行うケニアの伝統的ウォッシュト

アフリカで7番目に人口の多いケニア共和国。写真は首都のナイロビです。ナイロビは東アフリカでは最も経済的に発展している都市とされ、近代的な建物も建設されていますが、主要産業は農業。人口約4,500万人(労働力人口は約1,900万人)中約1,300万人が農業に従事していると言われています。


大きい都市には大きな幹線道路もあります。産地へのアクセスやコーヒーの流通の点でも、インフラの整備は非常に大切です。


「ケニヤッタ大学ニエリキャンパス」と書かれています。この大学には日本語の専門コースもあるそうです。中南米やアフリカの都市部には日本の企業の支社や工場も進出しており、日本人学校のみならず、現地の方が日本語を学ぶ環境が整っていくことが多いです。


都心部を抜けるとだんだんと田舎になっていき...


少し離れるとあっという間に大自然が広がります。


どこの国も市場では人々が行き交い活気があります。
※この写真だとあまり伝わりませんが...


少し車を止めると果物や雑貨を売る(売りつける?)人々に囲まれることも。中米なんかでも少し駐車するだけで車を見ててやるからお金ちょうだい、なんてことはよくあります。


こちらがケニアのシンボル「ケニア山」。もちろんケニア最高峰で、アフリカ大陸でもタンザニアのキリマンジャロにつぎ第2位の標高を誇ります。赤道直下にも関わらず氷河を戴いています。