HORIGUCHI COFFEE ONLINE STORE

TOP > シングルオリジン > エチオピア 「ウォテ」 ハイロースト 200g

エチオピア 「ウォテ」 ハイロースト 200g

1,800 (税込1,944 円)

ポイント : 58

お気に入り
  • 数量
  • 豆の挽き方
  • 豆の挽き方
  • 送料はご注文金額の合計(税込)で決定します。詳しくはこちらへ。
  • 商品についてのお問い合わせはこちらへ。
  • カートに入れた時点では「在庫確保」となりませんのでご注意ください。
  • ※コーヒーの焙煎スケジュールや在庫量、鮮度管理上、本商品を含むご注文について、ご指定いただいた着日の変更のご連絡を差し上げる場合がございます。
  • ※賞味期限についてはこちらのご利用案内をご覧ください。

エチオピアの優良産地
白い果実を連想させる上品な風味

エチオピア有数の優良産地としても知られる「イルガチェフェ」。当店も創業当初から熱心に開拓を続け、様々なコーヒーをお届けしてきました。近年では【ウォルカ】が不動の人気商品となりつつありますが、今年は「ウォテ」から届いた素晴らしいコーヒーもお届けしていきます。

「ウォテ」ウォッシングステーションは標高2,050mの高標高に位置しています。農家がチェリーを運搬するのは重労働であるため、ウォッシングステーションより標高の高いところから持ち込まれるのが一般的です。そのため「ウォテ」のコーヒーはほぼ2,000m以上で構成されていると言っても良く、イルガチェフェの中でも高い品質を作り出している要因となっていました。中でも今回は、標高が2,300m以上の特に標高の高い場所で収穫されたチェリーだけを厳選したロットに仕立ててもらったところ、期待通りの素晴らしい品質に仕上がっています。イルガチェフェらしい華やかで瑞々しい果実感を存分にお楽しみください。

POINT

 エチオピアの名産地イルガチェフェのコーヒー
 ジャスミンを思わせる明るく華やかな香り
 ブレンド#1や#2がお好みのお客様へ

産地の紹介

私達の扱うアラビカ種の起源となる地、エチオピア。そのユニークな香味によって昔から世界中にファンを抱える産地です。その中でも有名なのは「イルガチェフェ」。エチオピア南部イルガチェフェ村周辺エリアの総称として主にスペシャルティコーヒー界では定着しています。具体的には南部諸民族州ゲデオゾーン(郡)のウェナゴ、イルガチェフェ、コチェレ、ゲデブの4つのウォレダ(市町村)にわかれます。華やかで瑞々しい明るい酸が特徴的と言われますが、実際は様々な特徴を備えるコーヒーで溢れています。今回ご紹介する「ウォテ」や、おなじみ「ウォルカ」も括りとしてイルガチェフェになります。

※2023年8月に南部諸民族州は再編されました。ウォテが属するゲデオゾーンは現在の南エチオピア州にあります

ブレンダーコメント

ジャスミンの花を連想させる華やかな香り。軽やかな口当たりに柑橘果実の様な明るい酸が特徴です。白い果実の様な華やかな風味も備わっており、上品さも感じられるコーヒーです。

ブレンダー
田中圭祐

販売予定期間

2024/01/31 〜 2024/2月下旬
※上記の日程は在庫状況などにより予告なく変更する場合がございます。※上記の日程は在庫状況などにより
予告なく変更する場合がございます。

産地情報

生産者:
ウォテウォッシングステーション周辺の農家
地域:
南エチオピア州 ゲデオゾーン イルガチェフェウォレダ ウォテ地区
標高:
2,300m
品種:
在来品種
精製:
発酵槽を用いたウォッシュト

エチオピア南部イルガチェフェ村周辺エリアの総称として主にスペシャルティコーヒー界では定着している「イルガチェフェ」。 このイルガチェフェを細分化してみていくと、南部諸民族州ゲデオゾーン(郡)のウェナゴ、イルガチェフェ、コチェレ、ゲデブの4つのウォレダ(市町村)にわかれています。 今回紹介する「ウォテ」はこの「イルガチェフェ」「コチェレ」の二つのウォレダの境にあるイルガチェフェの中では最も標高の高い地区です。(※2023年8月に南部諸民族州は再編されました。ウォテが属するゲデオゾーンは現在の南エチオピア州にあります。)

ウォテウォッシングステーションに持ち込まれるコーヒーは1,900-2,200mほどの比較的標高の高い場所で栽培されたものがほとんど。今回お届けするロットはその中でもさらに標高の高い2,300m以上で栽培されたコーヒーのみをまとめた特別なロットです。

少し前の写真になりますが、以前現地へ訪れた際の写真をいくつかご紹介します。

現地を訪れた際、丁度雨が降っておりパーチメントコーヒーが雨に濡れないようビニールのシートで覆っていました。雨の影響もあり精製の作業はしておらず、残念ながら精製工程の写真を収めることができませんでした。

一部は熟しきれていないものもありますが、完熟したコーヒーチェリーを近くのステーションに持ち寄り、換金します。