トップ > シングルオリジン > グァテマラ > グァテマラ 「サンタカタリーナ農園 グランレゼルバ」 シティロースト 200g

グァテマラ 「サンタカタリーナ農園 グランレゼルバ」 シティロースト 200g



 

サンタカタリーナ最上部区画の特級品
洗練された高次元のカップクオリティ

恵まれた自然環境、優れた精製技術、それらに支えられた安定の品質、当社が最も信頼を寄せるパートナー農園のひとつであるサンタカタリーナ農園。グァテマラ屈指の生産エリア「アンティグア」において毎年高い品質のコーヒーを生産し続ける名門農園です。農園の周辺地域は、3つの火山に囲まれた肥沃な土壌、適切な日照量と寒暖差を有し、コーヒー栽培にはまさに理想的な環境といえるでしょう。そこで収穫されたチェリーに対しては、自前のウェットミルとドライミルで機械と人の手によって幾重にも選別をかけ、常に最高の品質を求めています。

そんなサンタカタリーナ農園のなかでも、さらに特別なロットが今年も入港しました。アカテナンゴ火山東側斜面に広がる全42区画中、最上部区画"カンパメント"のコーヒーです。「グランレゼルバ」といえば皆様もご存じかもしれませんが、この名を冠することができるのは最上部のたった2区画。そのうちのひとつをお届けします。

今年は火山噴火の影響もありごく僅かな入荷量です。多くのお客様にお届けしたいのですが、ご注文状況次第では数日間の短期販売となってしまう可能性がございます。ぜひ、お買い逃がしのないようお早めにご注文ください。

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

グァテマラ 「サンタカタリーナ農園 グランレゼルバ」 シティロースト 200g

商品コード : cfe00107
価格 : 1,700 円(税込1,836 円)
ポイント : 55
数量
 
豆の挽き方

送料はご注文いただくコーヒー豆の量で決定します。詳しくはこちらへ。

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

<ロースター秦のコメント>

お馴染みのサンタカタリーナ農園から、標高が高いところだけで収穫された特別ロット【グランレゼルバ】です。華やかな香りと柑橘の風味、ほのかに桃のような上品な甘みも感じさせます。今年も沢山の方に飲んでいただきたいのですが、火山の噴火の影響で量が少なく、販売できる量が限られています…お早めに!
 

地域:サカテペケス県アンティグア地域サンミゲルドゥエニャス、アカテナンゴ火山東側斜面
管理者:ペドロ・エチェベリア・ファジャ氏
区画:カンパメント
品種:ブルボン
標高:2,000m〜2,095m
精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュトに新しい技術・設備も加え改良

アンティグアの中心地は首都グァテマラシティから約30kmと比較的近く、アクセスの良さも魅力です。


グァテマラの優良生産地域であるアンティグア近郊はアグア火山、フエゴ火山、アカテナンゴ火山の3つの火山に囲まれいて、肥沃な土壌を有しています。


農園の隣にあるフエゴ火山は活火山で、数分に一度噴火します。火口に落ちる雷の決定的な瞬間をとらえることができました。一昨年もフエゴ火山は大規模な噴火を起こし、日本でもニュースになりました。サンタカタリーナ農園でも、灰を被ってしまったり、それにより木を切ってしまわなければならない区画も出ました。


ここがサンタカタリーナ農園の最上部です。標高は2,000m近く、ここまでくると下の区画よりも明らかに寒いことが体感できます。半袖で向かいましたがここでは上着を羽織らなければ少し寒いほどです。


ここではコーヒーは栽培しておらず、オークの一種(樫)とパイン(松)が植わっています。ペドロさんはこの場所がとても好きで、鳥が集まる自然豊かな環境もしっかり守っていきたいと語っていました。


その自然林地区のすぐ下からカンパメント地区は始まります。シェードツリーの間隔や雑草の手入れ、カットバックにも余念がなく、樹の健康状態はとても良好でした。
木に巻き付くツル系の雑草は木の成長に悪影響を及ぼすので根こそぎ除去し、地面に生えている雑草はすべて短く切っているそうです。


こちらが農園を管理するペドロさんです。農地や精製の管理、品質向上に熱心な方。会話を重ねるなかで、常にコーヒーのことを考えているのだな、と感じます。


農地にはマカダミアや松、エンシーニョ(オークの一種)、ワチピリンなど様々なシェードツリーが植えられていますが、なかでも写真にあるグラビレアの木が多くあります。上部を剪定すると葉が横に成長して影を多く作るほか、ある程度光を透過するのでシェードツリーには最適な木です。
これがまたマカダミアの品質も良いらしく、コーヒーと一緒に日本で売ってみないかという話も持ち上がっているそうです。


園内のあちこちにゴミ袋が設置されています。日本でゴミが散乱している畑や果樹園はあまり想像できませんが、正直こちらの農地では珍しくありません。ただ、サンタカタリーナではゴミを見た記憶がほとんどありません。


ここからはサンタカタリーナ農園のウェットミル・ドライミルについてご紹介します。いずれの施設もとても清潔に保たれ、最新の機械を導入するなど品質向上に対する強い意欲を感じます。まず、収穫したコーヒーチェリーをここに投入し、精製が始まります。ここは収穫量も多いのでレーンも3つに分かれていました。


投入されたチェリーがまず通るのは、果肉を除去するパルパー(果肉除去機)と不純物を取り除くクリバ(円筒の形をしたもの)という機械です。順番としてはクリバ→パルパー→クリバです。第一クリバで石や枝葉などの混入物を取り除き、第二クリバではパルパーで取りきれなかった果皮や果肉の一部を取り除きます。


フローターや果肉の残ったパーチメントは除去され、残った良品は約12時間のドライファーメンテーションにかけられます。その後、ミューシレージを取り除く工程へ向かいます。


ミューシレージと水分を取り除かれた生乾きのパーチメントはここから乾燥場へ運ばれます。


ウェットミルには品質を管理する部屋が用意されており、担当者がここで定期的にウェットパーチメントをチェックしています。


こちらが乾燥場(パティオ)です。広大なスペースにコーヒーが敷かれる景色は壮観。
天候にもよりますが、ここで8-12日間乾燥します。定期的に撹拌され、乾燥ムラや過度な日焼けが起きないようにしています。


アフリカンベッド。温度管理が難しいとのことで、乾燥に最適な温度を保つためにはまだまだ改善の余地があります。


乾燥工程が終わるとドライミル工程に入ります。これはデストーナーと呼ばれる機械です。イギリス製の最新式。パティオから運ばれた豆に対して、マグネットによる金属系の異物除去とふるいと風による石の除去を行います。


デストーナー後は、風力による選別を行うカタドーラという機械にかけられたのち、スクリーン別に6つのグループに分けられ、比重選別に向かいます。写真は板が振動することで比重選別を行う機械です。


仕上げに人の手によるハンドピックも行われます。ここはその作業台。
最後まで徹底しています。ハンドピックは人件費もかかるのでやっている農園は多くありません。しかし、ここまで徹底して初めてあのクリーンなカップが生まれているのです。

 

先日生産者のペドロ・エチェベリアさんが日本を訪れてくれました。その様子はフレンチローストのページで公開しておりますので、ぜひご覧ください。