トップ > シングルオリジン > コスタリカ > ドン・マヨ エル・ハルディン > コスタリカ 「【ドン・マジョ】エル・ハルディン」 ハイロースト 200g

コスタリカ 「【ドン・マジョ】エル・ハルディン」 ハイロースト 200g



 

常に品質を追い続ける、マイクロミルの先駆者
彼ら自慢のコーヒーをハイローストで仕上げました

【モンテス・デ・オロ】と同じく、コスタリカのマイクロミルムーブメントの先駆者として君臨している【ドン・マジョ】。タラスとレオンコルテスに13もの農地を保有しており、コーヒー生産者としてさらに発展していくべく新たな農地の取得に力を入れています。収穫量が増えることによる精製設備や乾燥場の更新・拡張も抜かりなく、量のみならず品質の向上もしっかりと追い求めています。

マイクロミルと農地を管理するのはボニージャ・ソリス家。当主のヘクトルさん、長男のパブロさん、次男のホセさんの3人を中心に農地から物流までを管理しています。今回はそんな彼らのコーヒーをハイローストとイタリアンローストというまったく異なる視点で味わっていただきたいと思っています。ここまで幅広いレンジで楽しめるコーヒーにはそう出会えることはできません。

日本でも多くのロースターが彼らのコーヒーを販売していますが、当社が買い付けたのはタラスに新たに取得した農地「エル・ハルディン」で収穫されたコーヒーです。取得当時は牧草地であったため、あぜ道の整備や区画の整理、コーヒーの新植など、一からコーヒーのための農地作りを行いました。標高が約2,000mと非常に高く、コーヒーの栽培には難易度が高い土地であったため近隣の農家も手を出しませんでしたが、彼らはこれまで培ってきた豊富な経験と知識を武器に自信を持って生産を開始しました。

その自信はカップのクオリティにもしっかり表れています。ハイローストに仕上げることでクリスピーな触感が際立ち、ライムやレモンを思わせるシトラス系のきれいな酸が華やかなフレーバーとともに広がります。無理に浅く焙煎した際に表れる青くささは一切なく、冷めても最後の一滴までカップキャラクターを楽しめるハルディンには脱帽です。ハイローストというだけで手が伸びない方にも、ぜひ飲んでいただきたい一杯です。

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

コスタリカ 「【ドン・マジョ】エル・ハルディン」 ハイロースト 200g

商品コード : cfe01688
価格 : 1,600 円(税込1,728 円)
ポイント : 51
数量
 
豆の挽き方

1配送先につきコーヒー豆800g以上のご購入で送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

<ロースター小林のコメント>

 【ドン・マジョ】エル・ハルディン農地は標高約2,000mとタラスエリアのなかでも極めて高地に位置します。厳しい栽培環境で育まれたコーヒーらしい、引き締まった硬い豆質と強い甘みが特徴です。
 様々な焙煎度合で異なる個性を発揮するエル・ハルディンの魅力をお伝えすべく、今回はハイローストとイタリアンローストという両極端な2種類の炒り具合に仕上げました。ハイローストではシャープな酸と甘み、そしてエル・ハルディン特有のクリスピーな質感が際立って感じられます。ほんのりビターさも伴った爽やかなフレーバーは定番ブレンド#1BRIGHT&CITRUSYの素材としても重宝します。
 

管理者:ボニージャ・ソリス家
地域:サン・ホセ州タラス市ハルディン
標高:1,950〜2,100m(ビジャサルチは2,050mまで)
品種:ビジャサルチ
精製:機械的にミューシレージを除去するウォッシュト

ドン・マジョミルはタラスの中心から北東側の場所にあります。今回販売するエル・ハルディン農地は更に北側に進んだところに位置しています。


ここからはドン・マジョミルの様子をお届けします。ミルには日本語の歓迎文も書かれていました。日本の市場を大事に考えてくれている彼らの心意気が伝わってきます。


左から一家の大黒柱であるヘクトルさん、息子のホセさん(弟)、パブロさん(兄)です。それぞれ役割を分担してミルを運営しています。コーヒー生産者として更なる発展を目指し、今でも積極的に農地の取得を行っています。乾燥場や精製設備の更新を積極的に行い、生産量が増えても品質を落とすことがないよう徹底しているそうです。


ウェットミルを管理するのは長男のパブロさんです。パーチメントコーヒーをなるべく傷付けないようにパルパー(果肉除去機)の調整には細心の注意を払っているそうです。


ドン・マジョではウェットミルのほかにドライミル設備も所有していて、自分たちで最後まで商品を手掛けています。こちらの管理も長男のパブロさんの仕事です。


彼らはこの小屋で自分たちが栽培したコーヒーをローストして味のチェックを行っています。品質に納得がいかないロットは自らグレードを下げて販売するなど徹底しています。


先ほどの写真にはコンクリートパティオが写っていますが、私たちが購入する高品質のコーヒーには乾燥棚を使って乾燥させています。屋根がついていることで日光が直接当たらずゆっくりと、そして、棚を使うことで通気性がよくなりより、均一に乾燥させることができ、コーヒーの品質に良い影響を与えることができます。



同時販売しているコスタリカ 「【ドン・マジョ】エル・ハルディン」 イタリアンローストのページでは、「エル・ハルディン」の農地についてご紹介しておりますので、そちらも合わせてぜひご覧ください。