トップ > 新商品 > コロンビア 「エル・ミラドール農園」 フレンチロースト 200g

コロンビア 「エル・ミラドール農園」 フレンチロースト 200g



 

優良産地"ウイラ"から4年ぶりの登場
力強く、濃厚 そしてキレのある苦み

4年ぶりの登場、コロンビア南部ウイラの名農園「エル・ミラドール」です。当時ウイラ県の開拓を熱心に行っていた当店。数々のコーヒーを取り寄せ、カップを繰り返し、この地の魅力に心酔しておりました。ここは、そんな当店のウイラ拡大期を代表する農園といっても過言ではありません。ここ数年は品質が思うように上げられなかったため扱えませんでしたが、この度堂々の復活です。だいぶ期間が空いてしまったので、皆様ぜひ新鮮な気持ちでお試しください。

エル・ミラドール農園はウイラ県最南部パレスティナ市にあります。先日販売した「ラ・ベガ農園」や「ラ・チョレラ農園」と同じ国内屈指の生産地ウイラ県のコーヒーです。農園主のオクタビオ・ルエーダさんは農地の土壌分析に力を入れており、数カ月に1回家畜の糞やパルプで作った肥料で施肥を行い、コーヒー栽培に適した土壌になるよう手を施しています。もともとコロンビアはアンデス山脈が生み出す豊かな土壌が備わっていますが、これにより、さらに理想的な土壌環境を作り出すことを狙っています。

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

コロンビア 「エル・ミラドール農園」 フレンチロースト 200g

商品コード : cfe01126
価格 : 1,500 円(税込1,620 円)
ポイント : 48
数量
 
豆の挽き方

送料はご注文いただくコーヒー豆の量で決定します。詳しくはこちらへ。

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
生産者:オクタビオ・ルエーダ・ラミレス氏
地域:ウイラ県パレスティナ市ロス・オリボス
標高:1,830〜1,880m
品種:カトゥーラ
精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト

コロンビア南部にあるウイラ県。県都は北部のネイバ市です。コロンビア西部を南から北へ流れる全長1,540kmの大河、マグダレナ川の源流がウイラ県にあります。


エル・ミラドール農園は13ヘクタール中5ヘクタールがコーヒーの栽培面積です。


カトゥーラ品種が17,600本で、カスティージョ品種が3,400本、そして少しだけブルボン品種を植えています。ブルボンは今後増産も検討しているとのこと。


農園主のオクタビオ・ルエーダさん。生産現場を確認しに来たことを喜んでいました。自分たちのコーヒーを評価してくれた人が分かったことで、安心してコーヒー栽培に取り組めると話していました。


オクタビオさんは鶏や豚などの家畜を飼育しており、それらの糞や生活で生まれる残飯、そしてコーヒーパルプから肥料を作っています。肥料の量が不足したり、土壌の成分分析により不足している成分があれば化学肥料も追加するとのことですが、ここ最近は使用していないそう。


収穫したコーヒーチェリー。熟度が高く、きちんと丁寧に摘んでいることが分かります。


自宅の屋上にあるパティオにパーチメントコーヒーを広げ、屋根を閉じた状態で10日間日陰干しにします。その後、パラボリックに移し、5〜8日ほど天日干しにして仕上げます。


ルエーダファミリー。みなさんからとてもフレンドリーに接していただきました。まだまだ品質を向上させたいという強い熱意を持っていて、私たちもそんな彼らの取り組みを応援していけたらと思います。