トップ > 新商品 > コロンビア 「エル・ホルダン」 シティロースト 200g

コロンビア 「エル・ホルダン」 シティロースト 200g



 

その名を冠することができるのはわずか10%
甘夏や若草を思わせるすっきりとした味わい

コロンビアは今飲んでいただきたい旬のコーヒーのひとつです。毎年春頃に日本に入港するため、この時期はコロンビアのコーヒーがラインナップに多く加わります。今年は南部4県にフォーカスした特集を組み、皆様にその魅力を存分に楽しんでいただきたいと思っております。先日のカウカに引き続き今回登場するのは、トリマの「エル・ホルダン」です。

同国第3位のコーヒー生産量を誇る県「トリマ」。コロンビアの中心部からやや西側に位置し、南にはこちらもコーヒー生産地として有名なウイラやカウカが隣接しています。県内にはコーヒー生産に適した土地が多く、60,000人以上もの人々がコーヒー生産に従事しています。国内のコーヒー生産量の12.8%を占める一大生産地域です。

多くの生産者がしのぎを削る地域で高品質なコーヒーを育み続ける生産者組合「エル・ホルダン」ですが、その名を冠することができるコーヒーは総生産量のたった10%のみ。年間10,000袋ほどの生豆を生産していますが、そのなかから特に優れたコーヒーを選別して出来たのが今回販売するロットです。優良生産地域の優秀な生産者が育んだコーヒーのなかから、さらに厳選されたコーヒー。見逃すにはもったいない一杯です。

ちなみにアイスコーヒーにすると、柑橘の明るい酸が際立つ清涼感たっぷりの一杯に。暑い日にごくごく飲みたい爽やかなアイスコーヒーNo.1です。

こちらの商品は8月31日(土)午前8:00で販売を終了いたします。ローストの都合上、期限内にご注文いただいても9月4日(水)以降の納期をご指定された場合、商品を発送することできません。また、在庫が限られておりますので、期限内よりも早く販売を終了することがございます。何卒ご了承ください。まだ購入されていない方はもちろん、また飲みたいと考えていた方はぜひお買い逃がしのないようお早めにご注文ください。

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

コロンビア 「エル・ホルダン」 シティロースト 200g

商品コード : cfe01164
価格 : 1,400 円(税込1,512 円)
ポイント : 45
数量
 
豆の挽き方

1配送先につきコーヒー豆800g以上のご購入で送料無料

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

<ロースターからの紹介>

■味わいについて
軽やかな口当たり。明るく瑞々しい酸はまるで甘夏や若草を思わせ、比較的すっきりとした印象を与えてくれるコーヒーです。しかし、それだけで終わらないのがエル・ホルダンの複雑なところ。冷めてくるとミルクチョコレートのような味わいも表れ、心地よく甘苦い余韻がお楽しみいただけます。温度によっても表情を変えるおもしろいコーヒーです。

■注目ポイント -コロンビア3種シティローストの飲み比べ-
現在、コロンビア3種「ラ・ファルダ」「エル・ホルダン」「アルト・デ・トパ」はすべてシティローストで焙煎しています。同じ焙煎度合いといえど、そこで見せる表情は非常に豊かで個性に富んでいます。前提として、3種には優れたコロンビア南部のコーヒーにみられる柑橘の風味が備わり、酸味とコクのバランスが良い、という共通点を持ちます。そのなかでも、「ラ・ファルダ」では濃密で濃厚な味わいを、「エル・ホルダン」では軽快で明るい酸を、「トパ」では滑らかで心地よい質感を、それぞれポイントにしていただけますと、飲み比べがより一層楽しいものになると感じています。ぜひ、ご堪能下さい。
 

生産者:エル・ホルダン生産者組合に所属する50の小規模生産者
地域:トリマ県プラナダス市ガイタニア
標高:1500〜1900m
品種:カトゥーラ
精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト

ガイタニアの町はトリマ県の南部にあります。トリマ県の県都イバゲから250km、ウイラ県の県都ネイバからは100kmの距離にあります。


辿り着くまでには非常に険しい道を進まなければなりません。


コロンビア最大の火山ネバド・デル・ウイラ(標高5730メートル)に由来すると思われる火山性土壌と気候によって、コーヒー栽培に適した素晴らしい環境が形成されています。


非常に厚い雲に覆われることも。


町の周辺にはエル・ホルダン生産者組合に所属する農家が点在しています。とても急峻な土地でコーヒー生産が行われており、何かに掴まっていなければ立っていることもままならない場所も多く、収穫には苦労することが想像できます。


生産者組合に属する農家の方々。家族みんなで協力してコーヒーの栽培に取り組んでいます。


各農家はウェットミルを所有しており、収穫したコーヒーを各自で精製しています。とてもきれいに手入れされており、清潔さを保っていることがわかります。


年間10,000袋ほどの生豆を生産していますが、「エル・ホルダン」のブランドを関することができるのは10%です。彼らは品質を担保するために選りすぐったコーヒーだけを「エル・ホルダン」として仕上げています。