トップ > シングルオリジン > エチオピア > ゴティティ > エチオピア 「ゴティティ ウォッシュト」 シティロースト 200g

エチオピア 「ゴティティ ウォッシュト」 シティロースト 200g



 

イルガチェフェ近郊の"ゲデブ"で生まれたコーヒー
ブルーベリーを思わせる瑞々しい酸と甘み

いまやエチオピアの高品質コーヒーの代名詞ともなった「イルガチェフェ」。同国中央部からやや南西、グレートリフトバレー(大地溝帯)の西側に位置するこの地区とその周辺はエチオピアのなかでも特に優れたカップキャラクターのコーヒーを生産する地域として有名です。そんな地域に当社は10年以上も前から足を運び、最高峰のエチオピアコーヒーを探し求めてきました。

その過程で出会えたのが今回販売する「ゴティティウォッシングステーション」で精製されたコーヒーです。イルガチェフェの町から南に約30キロ進むとゲデブというエリアがあります。その近郊のバンコゴティティ地区に建てられてたステーションで、他のエチオピアのステーションと同様に周辺の農家からコーヒーチェリーを買い取って精製を施しています。

もともとのチェリーの品質の良さに、ステーションスタッフによる丁寧な選別工程が加わることでカップのクリーンさは際立っています。イルガチェフェ近郊特有の華やかな香りを備えつつも、ゴティティのコーヒーからは新鮮なブルーベリーを思わせる瑞々しい酸と甘みが余韻の最後までしっかり感じられます。すっきりとしていながら飲み飽きることなく楽しめるコーヒーです。

こちらの商品は7月26日(木)午前8:00で販売を終了いたします。ローストの都合上、期限内にご注文いただいても7月28日(土)以降の納期をご指定された場合、商品を発送することできません。また、在庫が限られておりますので、期限内よりも早く販売を終了することがございます。何卒ご了承ください。まだ購入されていない方はもちろん、また飲みたいと考えていた方はぜひお買い逃がしのないようお早めにご注文ください。

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

エチオピア 「ゴティティ ウォッシュト」 シティロースト 200g

商品コード : cfe00661
価格 : 1,400 円(税込1,512 円)
ポイント : 45
数量
 
豆の挽き方

1配送先につきコーヒー豆800g以上のご購入で送料無料

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

<ロースター小林のコメント>

ここ数年継続して扱っているゴティティは、イルガチェフェ近郊の優れたコーヒーのなかにおいても華やかさ・甘みの際立った良質なコーヒーを産み出します。今年度もゴティティらしい軽快な飲み口とフレッシュなブルーベリーを連想させる甘いフレーバーをお楽しみいただけます。
そのキャラクターのとおり、豆質も火が入りやすく僅かなブレが表出しやすいコーヒーでもあります。ゴティティらしい上品な香味を表現するには、生豆投入時の焙煎釜の温度や焙煎中の火力・排気の調整にも繊細さが求められます。
 

地域:南部諸民族州ゲデオゾーン ゲデブウォレダ バンコゴティティ地区
標高:ウェットミル 2,010〜2,025m、周辺農家 約2,000〜2,200m
生産者:ゴティティウォッシングステーション周辺の農家
品種:在来品種
精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト

エチオピアのほぼ中央に位置するのが首都アディス・アベバ。そこから南へ進むとイルガチェフェがあります。


イルガチェフェの南にゲデブという町があり、その近郊にゴティティステーションが建てられています。


イルガチェフェを訪問する際は首都アディス・アベバからつながってる幹線道路を車でひたすら南に走らなければなりません。


途中から道は舗装されなくなり、揺れが激しくなっていきます。


ゴティティステーション近郊の農家の様子。農家は収穫したコーヒーチェリーをステーションに持ち込んで換金します。


こちらはコーヒーチェリーの果肉を除去後の様子。タンクのなかでパーチメント(生豆を覆う殻)の周りの粘質物(ミューシレージ)を発酵させます。気温、気候などの条件で粘質物のとれ具合が変わったりしますので、発酵にかける時間はおよそ36〜72時間と差がでます。みなさん用を足している...わけではありませんのでご安心ください。


水路でパーチメントコーヒーに付着している粘質物の除去と比重選別を行います。


比重選別後は水路の先にあるソーキングタンクに移して、一昼夜水につけます。


ソーキングタンクから流れてくるパーチメントコーヒーを網の上に受けて乾燥場まで持っていきます。男の人はパーチメントコーヒーがこぼれないよう手でふさいだり、勢いを弱めたりと調節している係でした。


乾燥工程の初日はアフリカンベッドにて陰干しします。その後は朝と夕方だけ日光にあて、陽射しが強い日中はジュート(黄麻)布をかけて陰干しします。そうすることで水分値の急激な変動がなくなり、パーチメントコーヒーへのストレスを低減させています。


ゴティティステーションではナチュラル精製も行われています。今後販売した折には、ぜひお試しください。