トップ > シングルオリジン > エチオピア > ゴティティ > エチオピア 「ゴティティ ウォッシュト」 シティロースト 200g

エチオピア 「ゴティティ ウォッシュト」 シティロースト 200g



 

当社が最も信頼を置くステーションのひとつ
特有の快活な酸と甘いフレーバー

このコーヒーもすっかり当社の定番商品になってきました。エチオピアのコーヒーと聞いてまず一番にこの"ゴティティ"を思い浮かべる方も多いかと思います。ご紹介のたびに繰り返し申し上げていますが、イルガチェフェとその近郊といえば世界的にも有名なコーヒー生産地域。この一帯は、フルーティな酸や甘みが特徴的なコーヒーを多く生み出すことで知られています。今回販売する「ゴティティ」にもそのような特徴が明確に表れていて、果実感を楽しむにはうってつけのコーヒーです。今年もしっかりカップに表れていますのでご安心ください。

イルガチェフェの町から南に約30キロ進むとゲデブというエリアがあります。ゴティティはその近郊のバンコゴティティ地区に建てられてたステーションです。標高が2,000m近くと、非常に高所にありますが、中南米のような険しい傾斜があるわけではなく、比較的緩やかな地形になっています。ステーションの周辺には自給自足の生活をしている小農家が多数あり、彼らが生産したコーヒーチェリーをステーションで受け入れています。毎年安定した品質を届けてくれるので、今では当社が最も信頼をおくステーションのひとつです。

そして、今年のゴティティも期待を裏切らない出来です。このコーヒーでしか味わうことのできない特有のキャラクターを備えています。イルガチェフェ近郊特有の華やかな香りはもちろん、レモンを連想させるキレのある酸。そこに新鮮なブルーベリーを思わせる甘いフレーバーも加わります。瑞々しく軽快な味わいを存分にお楽しみいただけるコーヒーです。

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

エチオピア 「ゴティティ ウォッシュト」 シティロースト 200g

商品コード : cfe00661
価格 : 1,400 円(税込1,512 円)
ポイント : 45
数量
 
豆の挽き方

1配送先につきコーヒー豆800g以上のご購入で送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

<ロースター小林のコメント>

エチオピア・イルガチェフェエリアのなかでも毎年高い品質のコーヒーを産み出す『ゴティティ』。今シーズンはウォッシュトとナチュラルを入荷しており、今回登場するのはウォッシュトです。フローラルでかすかにスパイシーな香り、瑞々しい果実感、まるで少量砂糖を加えたかのような甘みをお楽しみいただけます。今年のゴティティはレモンティを思わせるフレーバーが印象的で、そこにほんのりとブルーベリーのようなニュアンスも感じられます。
 

地域:南部諸民族州ゲデオゾーン ゲデブウォレダ バンコゴティティ地区
標高:ウェットミル 2,010〜2,025m、周辺農家 約2,000〜2,200m
生産者:ゴティティウォッシングステーション周辺の農家
品種:在来品種
精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト

エチオピアのほぼ中央に位置するのが首都アディス・アベバ。そこから南へ車で10時間ほど進むとイルガチェフェがあります。


イルガチェフェの南にゲデブという町があり、そこからさらに東に進むとゴティティステーションにたどり着きます。つまりド田舎です。とても気軽に行けるところではありません。


イルガチェフェまでは首都アディス・アベバからつながってる幹線道路を車でひたすら南に走り続けます。ただこの幹線道路、某国の突貫工事のおかげで年々劣化が激しく、行くたびに到着時間が伸びているように感じます。


途中から道は舗装されなくなり、揺れが激しくなっていきます。


ゴティティステーション近郊の農家の様子。農家は収穫したコーヒーチェリーをステーションに持ち込んで換金します。


農家で収獲されたチェリーは計量後、ウェットミル工程(果肉除去からパーチメントコーヒーの乾燥までの工程)に移ります。赤く熟した実だけが集められていますが、この段階ですでにおいしそうです。


こちらはコーヒーチェリーの果肉を除去後の様子。タンクのなかでパーチメント(生豆を覆う殻)の周りの粘質物(ミューシレージ)を発酵させます。気温、気候などの条件で粘質物のとれ具合が変わったりしますので、発酵にかける時間はおよそ36〜72時間と差がでます。みなさん用を足している...わけではありませんのでご安心ください。


水路でパーチメントコーヒーに付着している粘質物の除去と比重選別を行います。


比重選別後は水路の先にあるソーキングタンクに移して、一昼夜水につけます。


ソーキングタンクから流れてくるパーチメントコーヒーを網の上に受けて乾燥場まで持っていきます。男の人はパーチメントコーヒーがこぼれないよう手でふさいだり、勢いを弱めたりと調節している係でした。


二人一組になってアフリカンベッドと呼ばれるパーチメントコーヒーを運びます。


乾燥工程の初日はアフリカンベッドにて陰干しします。その後は朝と夕方だけ日光にあて、陽射しが強い日中はジュート(黄麻)布をかけて陰干しします。そうすることで水分値の急激な変動がなくなり、パーチメントコーヒーへのストレスを低減させています。この天気がずっと続くのではと思えるほどの快晴ですが、ちゃんと雨除けのプラスチックシートも用意しているそうです。


ゴティティステーションではナチュラル精製も行われています。現在は販売していませんが、ウォッシュトとはまた異なる複雑で芳醇なキャラクターが特徴的なコーヒーです。リリースした際にはぜひ一度お試しください。