トップ > シングルオリジン > コスタリカ > クレストネス エル・アルト > コスタリカ 「【ロス・クレストネス】エル・アルト」 フレンチロースト 200g

コスタリカ 「【ロス・クレストネス】エル・アルト」 フレンチロースト 200g



 

チリポを牽引するマイクロミルの代表農園
際立つ質感、コクと甘みの濃厚な世界

チリポ地域のマイクロミルの筆頭として、設立当初から周辺地域のコーヒー生産をリードしてきた【ロス・クレストネス】。その設立の歴史は10年前にさかのぼります。当時は汎用品のコーヒー生産が主流であり、ICAFE(コスタリカコーヒー協会)の区分では「ブルンカ」と呼ばれていました。栽培したコーヒーチェリーは農協に卸していたため、どんなクオリティのものでも一定の価格でしか買い取ってもらえませんでした。

【ロス・クレストネス】はそんな状況を打開したい、より付加価値を付けたコーヒーで勝負したい、そして地域の経済をより活発にしたいという想いからカルデロン家とアクーニャ家の農家10名によって結成されました。小規模農家が設立資金や買い手の確保するのは非常に大変なことですが、政府やNGOの協力もあり、そして何よりメンバーの品質に対する高い意識に支えられ、今では代表も3代目となり着実にその規模を広げています。

当社とクレストネスの出会いも同じく10年前。2008年に同ミルで生産されたコーヒーのサンプルが届き、あまりの出来の良さに僅か5バッグしかありませんでしたが即購入を決断したのが始まりです。その豆こそが「エル・アルト」でした。それから毎年欠かさずに購入しており、思い入れもひときわ強い農園です。当時から品質の高さには目を見張るものがありましたが、収入の一部を積極的に設備に投資して品質の安定化を図り、また、農地も開拓してコーヒー生産の増加に努めるなど、一層クオリティの高いコーヒーが作られるようになりました。

フレンチローストに仕上げることでより質感が際立ち、カカオのような甘みも表れてきます。ほんのり感じる柑橘の酸はより濃密さをもって寄り添い、カップにアクセントを与えてくれます。今回はシティローストと同時販売です。焙煎度合い別でキャラクターの違いを飲み比べていただくとこの農園のコーヒーをより一層お楽しみいただけるはず。

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

コスタリカ 「【ロス・クレストネス】エル・アルト」 フレンチロースト 200g

商品コード : cfe01622
価格 : 1,400 円(税込1,512 円)
ポイント : 45
数量
 
豆の挽き方

1配送先につきコーヒー豆800g以上のご購入で送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

<ロースター小林のコメント>

節目の10年目となる今シーズンの『クレストネス エル・アルト』は2種類の焙煎度合いをご用意しました。フレンチローストでは、ミルクチョコレートのような滑らかな舌触りとしっかりしたコクが際立って感じられます。それでいて焦げや重たさは一切感じさせず、甘く心地よい余韻をお楽しみいただけます。強さと上品さを兼ね備えた、飽きの来ない美味しさです。
 

農園主:グレース・カルデロン・ヒメネス氏
地域:サンホセ州ペレスセレドン市リバス地区ピエドラ
標高:1,875〜1,920m
品種:カトゥーラ
精製:機械的にミューシレージを除去するウォッシュト

ここからはクレストネスミルのご紹介です。ここで収穫されたチェリーの果肉を削ぎ落した後、ミューシレージリムーバー(機械式)によって豆を覆う粘着質(ミューシレージ)を除去します。驚くべきはこの清潔さです。隅々まで非常に丁寧に清掃されています。


ここまで清潔なミルはなかなかありません。一粒のチェリーも一かけらのパルプ(果肉)も落ちていません。


そして乾燥場に運ばれます。多段式の乾燥棚とパティオを使い分けていますね。乾燥棚は多いところでは5段になっており、乾燥の進行によって細かな高さ調節が行われています。5段は他のウェットミルでもなかなかありません。


乾燥後のパーチメントコーヒーを保管する倉庫です。ここもしっかり農園ごと、ロットごとに管理されています。


子供たちの遊び場になることも?


コスタリカの主要な生産地域から離れたチリポを一躍有名にしたクレストネス生産者組合。グレースさんはその中心メンバーです。彼らの成功を目の当たりにし、新世代のミルがこの地域にも設立され始めました。近い将来、チリポは辺境のコーヒー生産地域ではなく、タラスに肩を並べる有名な高品質コーヒーの産地となると予想する輸出業者もいて、コーヒー産業の発展に伴う農村地帯の形成が進むことも予想されます。

 
 

シティローストのページではエル・アルトの農地や生産者についてご紹介しています。そちらもぜひご覧ください。