トップ > シングルオリジン > ケニア > ケニア 「カイナムイファクトリー」 シティロースト 200g

ケニア 「カイナムイファクトリー」 シティロースト 200g



 

細やかで適切な品質管理はケニア屈指
ふくよかな触感に円熟味のある上品な味わい

コーヒーの味わいや質感を表現する際、果物のそれに例えることが違和感なく受け入れられるようになった昨今。"コーヒー"と"果実"、ふたつの言葉を身近にした産地のひとつが「ケニア」です。チェリーなどの赤い果実やブラックベリーなどの黒紫系の果実、パッションフルーツや乾燥プルーンなど、その独特な香味を表す言葉は数え切れないほど多く、生産量はあまり多くありませんが、世界中にファンのいる人気の生産地域です。ぜひ、こちらのカイナムイのコーヒーでご体験ください。

5,199mもの標高を誇るケニア最高峰のケニア山南麓に広がるキリニャガ県。カイナムイファクトリーは同国のなかでも高品質なコーヒーが多く生産される世界的にも有名なエリアにあります。周辺農家で収穫されたチェリーを集めて精製処理が施されていくような、ケニアでは一般的な流れを取っておりますが、要所要所で品質向上への取り組みが垣間見えます。

精製には大量の水が使用されるのですが、同ファクトリーでは他のファクトリーに比べ非常にきれいな水を使用されています。また、パーチメントコーヒーの乾燥時には豆に含まれる水分量を計測しながら工程を進めています。機械を使用して数値化することで、ロット毎のばらつきを抑え、高品質なことはもちろん均一な品質のものを作るよう心掛けています。

在庫の関係で6月末までの販売となります。ご購入希望の方はお早めにご注文下さい。

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

ケニア 「カイナムイファクトリー」 シティロースト 200g

商品コード : cfe00523
価格 : 1,600 円(税込1,728 円)
ポイント : 51
数量
 
豆の挽き方

送料はご注文いただくコーヒー豆の量で決定します。詳しくはこちらへ。

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

<ロースター秦のコメント>

ケニアキリニャガ地区の名門ファクトリー【カイナムイ】です。口に含んだ瞬間に広がる華やかな香味。柑橘の果物をおもわせる酸に、熟したマンゴーのような強い甘み。クリーンながらも濃縮感を感じさせます。品の良さ、複雑さを両立している素晴らしいコーヒーです。極上のケニアフレーバーを是非お楽しみください。
 

地域:中央州キリニャガ東部Gichugu地区Ngariama
所属農協:New Ngariama農協
生産者:ファクトリー周辺の所属農家2,800名
標高:1,460m(ファクトリーの標高)
品種:SL28、SL34、Ruiru11
精製:発酵槽を使用しソーキングも行うケニアの伝統的ウォッシュト

同時に販売しているケニアのファクトリーの位置関係です。カイナムイファクトリーはケニア山の南麗にあり、キウニュとは10キロも離れていません。


以下の写真は昨年11月にスタッフ小野塚が撮影したときのものです。カイナムイファクトリーはキリニャガの東部kiamutuguという町から3kmほどにあり、ケニア山の南麓に位置します。設立から50年ほどの歴史があるファクトリーです。


農家の方が収穫したコーヒーチェリーを持ち込んでいました。この作業は換金する前に選別している様子。左の夕張メロンのような配色の服を着た女性はファクトリーのスタッフです。


ファクトリーマネージャーのパトリック・カムリさん。彼がファクトリーを案内してくれました。


ファーメンテーションを終えたパーチメントコーヒーは水路で水洗していきます。カイナムイは水洗工程時に非常にきれいな水を使っていました。


特に力をいれていたのが、パーチメントコーヒーの乾燥です。乾燥工程が適切に行われないと品質に影響が出て、商品の価値が下がってしまうため、カイナムイでは水分計を使って科学的に水分値を図り、乾燥状態を見極めていました。水分値が10.5〜11%になるまで乾燥させるそう。


アメリカナイズされた若者がハンドソーティングしていました。やはり乾燥工程には神経をつかっているのか、木製の棚やパーチメントコーヒーを広げるための網もまっすぐきれいに貼られていました。


ファクトリー近くの農地にも立ち寄りました。シェードツリーはサイプレスやグラビレアが使われています。


ナーサリーではケニアで一般的なSL品種に加え、新たに注目されているバティアンという品種も育てられていました。苗の割合としてはSLが1に対し、バティアンは5程度。バティアンは病気に強いといわれ、また、酸が強く感じられることから最近ケニアで栽培されている品種です。バティアンを植えて安定した収量を求めたい生産国と、一方、SLの複雑で濃縮感のあるカップキャラクターをケニアの魅力と捉え、SL品種などカップキャラクターに優れたコーヒーを植えてほしいと願う消費国の考えにギャップが生まれてしまうことを懸念しています。