トップ > シングルオリジン > ケニア 「キウニュファクトリー」 フレンチロースト 200g

ケニア 「キウニュファクトリー」 フレンチロースト 200g



 

ケニア特有のキャラクターをぜひ深煎りで
カカオニブを思わせる酸と黒蜜のような甘さ

独特の果実感と力強いボディ。ケニア産コーヒーは一度飲むとその虜になる方も多く、世界中にファンのいる人気生産地域です。しかしながら、ケニア国内におけるコーヒーを取り巻く環境の変化によって高品質なコーヒーが届きにくい状況が続いています。その様な中でもしっかりと”ケニアらしさ”を感じていただける「キウニュファクトリー」のコーヒーをシティとフレンチ、2種類のローストでご用意いたしました。

首都ナイロビから約180km北東、ケニアのほぼ中央に聳え立つケニア山。タンザニアのキリマンジャロに次いでアフリカで2番目に高いこの山の南側、中央州に属するニエリ、キリニャガ、エンブの3県を中心とする一帯には、同国でも高品質なコーヒーを生産するファクトリーがいくつも存在しています。「キウニュファクトリー」はそのなかのキリニャガに位置しています。1000を超える農家が所属していますが、非常にしっかりとした運営基準や品質基準を設けることで組織化されており、日々品質の高いコーヒーが生み出されています。

シティローストでは柑橘を思わせるジューシーな酸が特徴的ですが、フレンチローストでは赤黒い果実の酸に黒蜜のような甘さが感じられます。ケニア特有のキャラクター×フレンチローストによる濃密な味わいと力強いボディ感をぜひお楽しみください。

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

ケニア 「キウニュファクトリー」 フレンチロースト 200g

商品コード : cfe00582
価格 : 1,700 円(税込1,836 円)
ポイント : 55
数量
 
豆の挽き方

送料はご注文いただくコーヒー豆の量で決定します。詳しくはこちらへ。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

<ロースター秦のコメント>

しっかりとしたボディ。カカオニブを思わせる品の良い酸と黒蜜のような強い甘さを持ち、後味はまるでビターチョコレートのようです。冷めてくると熟したプルーンのような果物のニュアンスがだんだんと顔を出します。
 

地域:中央州キリニャガ県Gichugu地区Ngariama
所属農協:Karithathi農協
生産者:Kagumoini, Kianduma, Kiambuku, Kiambatha, Gature, Kiamuki村の1,100農家(耕作を行っていない農家が別途100所属)
標高:1,644m(ファクトリーの標高)
品種:SL28, SL34, Ruiru11
精製:発酵槽を使用しソーキングも行うウォッシュト

アフリカで7番目に人口の多いケニア共和国。写真は首都のナイロビです。ナイロビは東アフリカでは最も経済的に発展している都市とされ、近代的な建物も建設されていますが、主要産業は農業。人口約4,500万人(労働力人口は約1,900万人)中約1,300万人が農業に従事していると言われています。


ナイロビは宅地化が進んでおり、都市がどんどん大きくなっています。かつて扱っていたファクトリーが今では都市部に飲み込まれてしまっているところも。


大きい都市には大きな幹線道路もあります。産地へのアクセスやコーヒーの流通の点でも、インフラの整備は非常に大切です。


「ケニヤッタ大学ニエリキャンパス」と書かれています。この大学には日本語の専門コースもあるそうです。中南米やアフリカの都市部には日本の企業の支社や工場も進出しており、日本人学校のみならず、現地の方が日本語を学ぶ環境が整っていくことが多いです。


都心部を抜けるとだんだんと田舎になっていき...


少し離れるとあっという間に大自然が広がります。


どこの国も市場では人々が行き交い活気があります。
※この写真だとあまり伝わりませんが...


少し車を止めると果物や雑貨を売る(売りつける?)人々に囲まれることも。中米なんかでも少し駐車するだけで車を見ててやるからお金ちょうだい、勝手に洗車をし始めてお金ちょうだい、なんてことはよくあります。


こちらがケニアのシンボル「ケニア山」。もちろんケニア最高峰(5,199 m)で、アフリカ大陸でもタンザニアのキリマンジャロにつぎ第2位の標高を誇ります。赤道直下にも関わらず氷河を戴いています。



キウニュファクトリーの設備や農地の様子はケニア 「キウニュファクトリー」 シティローストのページをご覧ください。