トップ > すべての商品 > ケニア 「カラツファクトリー」 シティロースト 200g

ケニア 「カラツファクトリー」 シティロースト 200g



 

50年以上の歴史の名門ファクトリー
ぶどうのような瑞々しい酸と甘み

ケニアは北のエチオピア、南のタンザニアに挟まれた赤道直下に位置しています。世界的にも有名なコーヒー生産地ですが、生産量は20世紀後半をピークに現在は下降気味。主要産業である農業の輸出額全体からみればコーヒーは5%にも及びません。しかし、スペシャルティコーヒーにおいては、その独特の香味特性から需要は高く、根強い人気を誇っています。当社にもケニアコーヒーのファンの方は非常に多いと感じています。今回のカラツファクトリーはまさにその代表格と言っても過言ではありません。

また、品種や栽培などコーヒー全般に関わる研究にも力を入れており、今回販売する品種「SL28」「SL34」「Ruiru11」もケニアで選別や交配されて生まれた品種です。栽培環境に適した品種や耐病性に優れた品種、そしてより良いカップキャラクターを呈するコーヒーを生み出そうと日々研究が進められています。

味わいを取ってみても、しっかりした酸からくる豊かな果実感や濃厚なコク、厚みのあるボディ。もちろんエリアやファクトリーごとに個性は異なりますが、ケニアの高品質なコーヒーに表れる独特なキャラクターは他国のコーヒーではなかなか体験できないユニークな存在です。チェリーやブラックベリー、パッションフルーツや乾燥プルーン、フレッシュトマトやぶどうなど、そのケニア独特の香味を表す言葉は枚挙に暇がありません。優れたケニアコーヒーからは多様なニュアンスを感じ取ることができます。このカラツファクトリーで、ぜひそのような豊かなキャラクターを存分に味わってみてはいかがでしょうか。

こちらの商品は4月3日(金)午前8:00で販売を終了いたします。ローストの都合上、期限内にご注文いただいても4月7日(火)以降の納期をご指定された場合、商品を発送することできません。また、在庫が限られておりますので、期限内よりも早く販売を終了することがございます。何卒ご了承ください。まだ購入されていない方はもちろん、また飲みたいと考えていた方はぜひお買い逃がしのないようお早めにご注文ください。

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

ケニア 「カラツファクトリー」 シティロースト 200g

商品コード : cfe00551
価格 : 1,600 円(税込1,728 円)
ポイント : 51
数量
 
豆の挽き方

送料はご注文いただくコーヒー豆の量で決定します。詳しくはこちらへ。

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

<ロースター秦のコメント>

キアンブエリアの優良ファクトリー『カラツ』。数あるケニアの中でも口に含んだ瞬間のインパクトが強く、ぶどうのような瑞々しい酸と甘みがジュワっと広がります。しっかりした酸味を感じさせますが、決してシャープすぎず心地よいふくよかな触感も兼ね備えています。
 

地域:中央州キアンブ県Gatundu地区Ndarugu
所属農協:Gitwe農協
生産者:ファクトリー周辺の所属農家
標高:1,883m(ファクトリーの標高)
品種:SL28、SL34、Ruiru11
精製:発酵槽を使用しソーキングも行うケニアの伝統的ウォッシュト

北にエチオピア、南にタンザニアと接するケニア。主なコーヒー生産エリアは下の写真のケニア山南麓に広がる高地(ニエリ・キリニャガ・エンブの3県)です。これまで販売経験のあるキウニュファクトリーやカイナムイファクトリーもこのエリアにあります。
今回ご紹介するカラツファクトリーは上記のエリアからは少し離れた、中央州のキアンブ県にある精製工場です。首都ナイロビから比較的近く、直線距離にしておよそ40キロ北に進んだ所に位置しています。


こちらがカラツファクトリー。1965年に設立された歴史のあるファクトリーです。標高は1,883m。車で数分のところに同じGitwe農協が所有するカリンガファクトリーもあります。


農家の方が収穫したコーヒーチェリーを持ち込んでいました。かなりの重さなので、自転車やバイクでないと大変です。ここで指導員のアドバイスのもとに選別を行います。
※2枚目の写真はカラツファクトリーではなく同じ農協に所属するカリンガファクトリーの写真です。


集められたチェリーを品質毎に分けてここに投入して精製が始まります。


その先はパルパー(果肉除去機)に繋がっています。アフリカで一般的に使用されるのはこのタイプのパルパー。複数枚のディスク(ここは4枚)が回転し、通り抜ける時の圧力で果肉を分離させます。同時に浮力選別も行われ、品質毎に異なるレーンに分けられ、別々に処理されていきます。赤いジャケットの彼はファクトリーマネージャーのジョージ・キベさん。ファクトリー内を案内してくれました。


続きにもう1枚ディスクがあります。チェリーが小さかったり、若干未熟で圧力が足りなかったものなど、1段階目で分離できなかったものはこちらに通され再度分離します。(写真奥)
1回で分離できたものはそのまま流されます。(写真手前)


脱果肉処理後のコーヒーパルプは集めて堆肥にしています。


発酵槽(右側)と水路(左側)。この発酵槽で数十時間置くことでミューシレージ(パーチメントコーヒーを覆う粘着質の膜)を分解します。中央にいるのがゼネラル・マネージャーのジョセフ・カゴンブさん。ファクトリーの設備は歴史が長いせいか、正直、“古さ”が感じられましたが、スタッフの真面目な姿勢と品質を担保する管理体制が整っているため、それを補うことができていると実感しました。


そしてソーキングタンクで再度水に浸され、再び水路を通り、乾燥工程へと進みます。1枚目の写真の中央にあるのがソーキングタンク、奥の屋根付きが発酵槽です。傾斜と水路を上手く利用して、可能な限り自動化されています。


上がパーチメントコーヒーの状態にして乾燥させるウォッシュト精製の乾燥風景で、下が果肉がついたまま乾燥させるナチュラル精製の写真。ケニアでは一般的にナチュラルは低グレードのコーヒーの精製方法として用いられていますので、残念ながら皆様が期待しているような味ではありません。


乾燥後はこの「PARCHMENT STORE」と書かれた倉庫でロットごとに保管され、数日置くことで豆へのストレスを軽減させます。