トップ > シングルオリジン > コスタリカ > クレストネス エル・アルト > コスタリカ 「【ロス・クレストネス】エル・アルト」 シティロースト 200g

コスタリカ 「【ロス・クレストネス】エル・アルト」 シティロースト 200g



 

チリポを牽引するマイクロミルの代表農園
安定した品質に裏打ちされた固い信頼関係

チリポのマイクロミルムーブメントを牽引する【ロス・クレストネス】。10年前にカルデロン家とアクーニャ家の10名によって結成されたこの生産者グループは、安く買いたたかれず、スペシャルティコーヒー市場で勝負できる高付加価値のコーヒーを生産することを目的に掲げ、地域初のマイクロミルとしてスタートしました。設立資金や買い手の確保に苦労しましたが、政府やNGOの協力もあり、そして何よりメンバーの品質に対する高い意識に支えられ、設立当初から地域の高品質コーヒー生産における最前線に立ち続けています。

そんな【ロス・クレストネス】と当社の関わりはミル設立と同じく10年前にさかのぼります。現地の輸出業者から今回販売する農地「エル・アルト」で栽培されたコーヒーのサンプルが届きました。その出来栄えはバイヤー若林も即購入を決断するほど素晴らしかったそうです。以降、毎年のようにこのマイクロミルからは質の高いコーヒーが安定して供給され、また我々も何度も現地に足を運び、信頼関係を強化してきました。

「エル・アルト」の農園主グレース・カルデロンさんは一言でいうと"非常に真面目"です。コーヒーに対してはもちろんですが、雑談をしていてもほとんど冗談を言わないほどです。そんな性格からか毎年安定した品質を届けてくれており、当社のパートナー農園としても高い信頼をよせています。前述しましたが今回は記念すべき10周年ロットです。当社スタッフも感慨深い気持ちでこのコーヒーを待ち望んでいました。そしてついに入港しました。さぁ、まずは飲んでみましょう。

今年も非常にクリーンでキャラクターのしっかり表れた高い品質を実現してくれています。空間を満たす上品で華やかな香りに飲む前から嫌でも期待が高まります。一口含めば、ほんのり柑橘を思わせる酸と密度のある甘みがバランスよく調和し、滑らかな質感と共に全体に広がります。飲むコーヒーに迷ったら、まずはこちらのコーヒーはいかがでしょうか。

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

コスタリカ 「【ロス・クレストネス】エル・アルト」 シティロースト 200g

商品コード : cfe01621
価格 : 1,400 円(税込1,512 円)
ポイント : 45
数量
 
豆の挽き方

1配送先につきコーヒー豆800g以上のご購入で送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

<ロースター小林のコメント>

当社が『クレストネス エル・アルト』を始めて扱ったのは今から10年前のこと。それ以来継続して使用しているわけですが、ブレが少なく毎年高いクオリティのコーヒーを届けてくれる素晴らしい生産者です。フローラルな香り、舌触りの滑らかさと同居する引き締まった柑橘の甘み。それらの個性を際立たせる『透明感』も大きな魅力です。栽培から収穫・精製に至るまでの丁寧な仕事ぶりがカップに見事に表れています。
 

農園主:グレース・カルデロン・ヒメネス氏
地域:サンホセ州ペレスセレドン市リバス地区ピエドラ
標高:1,875〜1,920m
品種:カトゥーラ
精製:機械的にミューシレージを除去するウォッシュト

クレストネスミルがあるピエドラ集落を農園から撮影しました。南にある町リバスから入るルートと山越え谷越えの北側から入るルートがあります。


この地域の特徴として、午前中は日が差しているのですが、午後になると雲や霧が立ち込めて日光を遮ります。撮影した日も最初は晴れていたのですが、次第に雲がでてきました。


エル・アルト農園を管理しているグレース・カルデロンさんと夫のエウヘニオさんです。行くたびに毎回おもてなしをしてくださいます。


グレースさんはクレストネスのなかでも中心人物。昨年は日本にも来ていただきました。緊張しいなのか、カメラを向けるとあまり笑ってくれません。
かわいいお子さんもいるようです。


ここからは農地「エル・アルト」の様子です。ここではカトゥーラ品種を栽培しています。標高1,800m〜1,900mの非常に高標高な土地です。名前の由来にもなっているだけありますね。(Alto="高い"の意)


ここでも午後になると雲や霧が出てくることが多くあります。同じ角度から撮影した写真です。視界がほとんど奪われてしまいます。


20年前にエウへニオさんが農地を取得し、その5年後に初めてコーヒーが植えられました。その後、新たな農地を取得したり、牧草地であった土地も栽培を始めて生産エリアを拡大した結果、現在はほぼ全域がコーヒー農地に変わりました。


見事なまでに赤く熟したコーヒーチェリー。


若林は以前訪問した際に、チェリーの収穫をさせてもらいました。(させられました?)


 
 

フレンチローストのページではクレストネスのミル設備についてご紹介しています。そちらもぜひご覧ください。