HORIGUCHI COFFEE ONLINE STORE

img
img

TOP > シングルオリジン > 【DECAF】ペルー 「フェスパ農園」 フレンチロースト 200g

【DECAF】ペルー 「フェスパ農園」 フレンチロースト 200g

1,620 (税込)

ポイント : 48

お気に入り
  • 数量
  • 豆の挽き方
  • 豆の挽き方

品切れ

  • 送料はご注文金額の合計(税込)で決定します。詳しくはこちらへ。
  • 商品についてのお問い合わせはこちらへ。

1月25日8:00販売終了
1月26日から別農園のデカフェを販売予定です。

"カフェインレス"と気付かないかもしれません

堀口珈琲のカフェインレスコーヒー「DECAF」。「カフェインが入っていないというだけでなく『おいしさ』にもしっかりと価値を持つコーヒーを提供しよう」という当社の考え方は開発当初から変わっていません。 妊婦さんや小さなお子様がいらっしゃる女性だけでなく、カフェインの摂取を控えたい夜や外出先、運転中でもコーヒーを楽しみたい方など、活躍の場を広げるカフェインレスコーヒー。求められるお客様や利用されるシーンが今後ますます増えていくからこそ、品質や味わいに一切妥協はしたくありません。そんな想いで誕生したコーヒーです。

産地・商品の背景

今回のDECAFに使用しているコーヒーは、皆様もよくご存じのペルー「フェスパ農園」。高い品質と素晴らしいキャラクターを備えたコーヒーを毎年届けてくれるペルー屈指の優良農園です。コーヒーに適した優れた環境が整っているだけでなく、農園主のウィルダー・ガルシアさんは若いながらも農園管理に関する知識と経験が豊富にあり、さらなるポテンシャルを秘めた農園でもあります。そんなフェスパ農園のコーヒーを使用したDECAFは、飽きの来ないマイルドな仕上がりに。シティローストは程よいコクに加えて、軽快さや明るさも楽しめるバランスに優れたコーヒーです。その濁りのないきれいな味わいからは、素材として使用している豆の品質の高さがうかがえます。

【カフェインの除去方法】 コーヒーからカフェインを除去する方法はいくつかありますが、現在当社が採用しているものは「スイスウォータープロセス」です。世界で唯一、化学薬品を一切使用しないカフェイン除去方法で、且つ非常に高いカフェイン除去率を誇る優れた製法です。

こちらの商品は1月25日(火)午前8:00で販売を終了いたします。最終お届け日は1月26日(水)です。この日より先の配送希望日をご指定の場合は、商品の都合上、最終お届け日に自動変更されますのでご注意ください。また、在庫が限られておりますので、期限内よりも早く販売を終了することがございます。何卒ご了承ください。まだ購入されていない方はもちろん、また飲みたいと考えていた方はぜひお買い逃がしのないようお早めにご注文ください。

ブレンダーコメント

厚みのあるボディ感と滑らかな質感。濃厚な甘さも感じられ、まるでビターチョコレートのようです。シティロースト同様、素材の個性も感じられて非常にクリーンな味わいです。ついつい、カフェインレスであることを忘れてしまいます

主任ブレンダー
秦はる香

販売予定期間

2021/08/21 〜 2022/1/25

産地情報

生産者:
ウィルダー・ガルシア氏
地域:
カハマルカ県ハエン郡ウワバル地区ウアコ
標高:
1,700m〜2,000m
品種:
カトゥーラ、ブルボン、ティピカ
精製:
発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト

農地は全体で50ヘクタールもありますが、現在コーヒーの栽培に使用しているのは11ヘクタールほど。現在は多くの品種に挑戦しており、栽培面積も増えつつあります。

樹間や枝の量が適正で木は健康そのものです。日当たりや水源も適量で優れた栽培環境であるといえます。しっかりと区画整理され、人が通れる道が確保されているため、木の健康状態を確認しやすくなっています。木の異変に対しても早く気づき、迅速に対応できるのです。

スタッフ小野塚は「多くの農園を見て来たが、ここまで木が健康で元気な農園は見たことがない」と語ります。

完熟したチェリーを指で強くつまむと果汁が溢れますが、同農園の場合は3滴果汁が垂れれば摘み頃だと判断するそうです。

自宅の目の前がウェットミルです。まだまだ規模も小さく、最新式とはいきませんが、年々改良を加えています。

乾燥棚の様子。こちらも年々増設や新調を繰り返していますが、そのための費用を私たちが援助しています。

スタッフ若林とフェスパ農園の農園主ウィルダー・ガルシアさん。祖父の代からコーヒーを生産している一家に生まれ、コーヒー栽培の基礎知識も父親に学びました。18歳の頃には品質のさらなる向上を目指し、ペルーの輸出業者が主催する農園指導員研修に参加して、農園管理に関する最新の専門知識を得ました。

この経験を自らの農園でも実践して生産性・品質双方で飛躍的な向上を実現させた実績から、今ではフェスパ農園は他の生産者が訪問し学べるよう解放されたモデル農園になっています。初めはウィルダーさんのやり方に父親が反対し、農地の10%の土地しか与えてもらえなかったそうですが、着実に生産量を増やしたことで認めてもらったそうです。

自身も農園指導員として約200農家のコーヒー栽培の教育・指導に当たっていて、その知識と実績から若いながらも高い評価と信頼を得ています。