トップ > シングルオリジン > グァテマラ > サンタカタリーナ農園 > グァテマラ 「サンタカタリーナ農園」 シティロースト 200g

グァテマラ 「サンタカタリーナ農園」 シティロースト 200g



 

堀口珈琲が最も信頼を置くパートナー農園
温州みかんを思わせる優しい酸と甘み

グァテマラのコーヒー生産地域「アンティグア」は世界でも有数のコーヒー産地です。水はけのよいミネラル豊富な火山性土壌と適度な寒暖差から、高品質なコーヒーを生産する農家が多く存在しています。そのなかでも毎年素晴らしいコーヒーを提供してくれるのが当社のパートナー農園「サンタカタリーナ」です。

現地には毎年のように当社のスタッフが訪れ、現地の生産状況の確認や将来の商品設計を行っています。当社専用の区画も整備していただいたりと、まさに二人三脚でより良いコーヒー生産に取り組んでおります。時には意見が食い違い、議論が白熱して1日中打ち合わせを行うことも。裏を返せば、お互い忌憚なく考えを言い合える素敵な関係であると私達は思っています。間違いなく現在一番親密な関係にある農園と言えます。

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

グァテマラ 「サンタカタリーナ農園」 シティロースト 200g

商品コード : cfe00101
価格 : 1,400 円(税込1,512 円)
ポイント : 45
数量
 
豆の挽き方

送料はご注文いただくコーヒー豆の量で決定します。詳しくはこちらへ。

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

<ロースター秦のコメント>

柔らかい口当たりに、温州みかんを思わせる優しい酸と甘さ。程よいコクが心地よいコーヒーです。シティローストにすることで、酸・コク・甘みのバランスの良さがより際立って感じられます。控え目な風味で、ストレスなく身体に染みわたっていく本当に素晴らしいコーヒーです。

地域:サカテペケス県アンティグア地域サンミゲルドゥエニャス、アカテナンゴ火山東側斜面
管理者:ペドロ・エチェベリア氏、エマニュエル氏
品種:ブルボン
標高:1600m以上
精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト

ここからはサンタカタリーナ農園の紹介です。朝7時を過ぎると収穫を行うピッカーやその家族の方が続々と集まってきます。早朝にもかかわらず皆さん元気で、「Hola!」と口々に声を掛け合い、私たちにもとても明るく接してくれました。


農地はゲストハウスやミルの横からすぐに広がります。歩いていると収穫を行うピッカーによく会いました。みなさんコーヒーチェリーでパンパンに膨らんだ袋を持っています。


こちらは貯水池です。精製に使われた水はここに貯められます。その水が染み込み、土が堆肥化されるので、それを肥料として農地に撒き再利用しています。穴は4つあり、ピーク時にはすべて満タンになるとのこと。奥に見えるのはアグア火山です。


精製過程ででた果肉(パルパー)は一カ所に集められ、こちらも肥料として再利用されています。


コーヒーの苗木を育てるナーサリーです。訪問時にはパチェやパカマラ、コスタリカから輸入したカトゥーラ品種などが育てられていました。


サンタカタリーナの農地は広大なので車での移動です。急斜面かつ凸凹の道もありましたが、荷台に乗ったスタッフ島崎はおしりに青あざを作りながらもカメラだけは死守しました。


こちらが農園を管理するペドロさんです。私たちの訪問を歓迎してくれました。農地や精製の管理、品質向上に熱心な方。会話を重ねるなかで、常にコーヒーのことを考えているのだな、と感じました。


サンタカタリーナ農園は40以上もの区画に分かれております。標高や品種などによって細かく決められ、整備されています。下の写真は1列ごとにカットバック(剪定)されている様子。定期的に枝を切ることで、衰えた樹を再生させ、実をより多く付けるよう促します。


農地にはマカダミアや松、エンシーニョ(オークの一種)、ワチピリンなど様々なシェードツリーが植えられていますが、なかでも写真にあるグラビレアの木が多くあります。葉が横に成長して影を多く作るほか、ある程度光を透過するのでシェードツリーには最適な木です。


農地内にはピッカーが住む家もありました。ペドロさんはピッカーをとても大切にしていて、園内で採れたトウモロコシはなんと食べ放題、日給も他の農園に比べ高いそうです。