トップ > 販売終了豆 > コスタリカ 「【サンタテレサ】サンタテレサ2000 ティピカ」 シティロースト 200g

コスタリカ 「【サンタテレサ】サンタテレサ2000 ティピカ」 シティロースト 200g



 

品質向上に努力を惜しまない生産者
口いっぱいに広がる華やかで上品な酸

当たり前のことですが、コーヒーの数だけそれを手掛けた生産者がいます。年間通して数多くのコーヒーを扱う我々は、その分たくさんの生産者の方と関わりを持つことになります。それぞれ、性格も違えばコーヒーへの考え方やアプローチも異なります。そのスタンスの違いもコーヒーの多様性にとって大切なことですが、このサンタテレサのロヘル・ウレーニャさんは私たちの知るなかで最も"品質向上に対して努力を惜しまない"生産者のひとりです。

彼のコーヒーに対する情熱には非常に感銘を受けます。ここまでとんとん拍子に来たわけではなく、地道な苦労を重ねて今のサンタテレサはあります。その歴史は彼の祖父がコーヒー生産を始めたことが始まりです。その後、農地は叔父の手に渡りますが、その際土地はアメリカ人に売却されてしまいます。しかし彼はコーヒー栽培への夢をあきらめず、アメリカに出稼ぎに向かい、ホテルのウェイターなどの仕事を続けます。そこで貯めた資金を元に初めて取得した土地が現在のサンタテレサ2000の農地です。念願のコーヒー栽培を開始した彼は農地を拡張し、様々な品種の栽培に着手します。ミル設立後もその収入に応じた設備投資を欠かしません。得た収益を継続的に品質向上に当てる生産者はいそうでなかなかいないのが現状です。そういった彼の情熱と努力の積み重ねが現在の品質に表れていることは言うまでもありません。それは飲んでいただいた方にもきっと伝わるはずです。

サンタテレサのコーヒーのなかでも"華やかさ"や"明るさ"がキャラクターとして最も表れるのがこのティピカです。主役はやはりきれいな酸ではありますが、昨年に比べてそれがより濃密な印象をもって表れるでしょう。淹れたてのコーヒーから漂う花の香りは心地よく、一口含めばきゅっとまとまった柑橘の酸が広がります。冷めても酸がきつくなることはなく、時間をかけてゆっくりお楽しみいただけるはず。ちょっと贅沢をしたい特別な日に飲むコーヒーとしておすすめです。

こちらの商品は12月8日(土)午前8:00で販売を終了いたします。ローストの都合上、期限内にご注文いただいても12月11日(火)以降の納期をご指定された場合、商品を発送することできません。また、在庫が限られておりますので、期限内よりも早く販売を終了することがございます。何卒ご了承ください。まだ購入されていない方はもちろん、また飲みたいと考えていた方はぜひお買い逃がしのないようお早めにご注文ください。

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

コスタリカ 「【サンタテレサ】サンタテレサ2000 ティピカ」 シティロースト 200g

商品コード : cfe01699
価格 : 1,800 円(税込1,944 円)
ポイント : 58
数量
 
豆の挽き方

1配送先につきコーヒー豆800g以上のご購入で送料無料

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

<ロースター小林のコメント>

昨年に引き続きサンタテレサ2000のティピカ品種を入荷しました。同時販売の3品種のなかで最もエレガントなフレーバーが印象的なティピカ品種。栽培環境と品種特性が見事にマッチしたコーヒーだと思います。軽快で柔らかな口当たり、グレープフルーツやジャスミンを連想させる華やかなフレーバーは今年も健在。つい2杯3杯と飲みたくなってしまう美味しさです。
 

農園主:ロヘル・ウレーニャ氏
地域:サン・ホセ州ドタ市サンタマリア
標高:1,950-2,050m
品種:ティピカ
精製:機械的にミューシレージを除去するウォッシュト

生産者のロヘルさん。今でこそ生産も安定してきましたが、ここまでの道のりは長く、苦労の積み重ねでした。それでもコーヒーに対する情熱を忘れることなく品質向上に取り組んできた努力が今やっと実を結んできました。
※ちなみにこの写真はネットショップ担当島崎の一番のお気に入りです。男でも惚れてしまいそう。


今では息子さんと共に農地に出ています。似ているといえば似ていますが、雰囲気はまったく違いますね。髪型のせいでしょうか。


3年前ではありますが、ロヘルさんには来日した際に他の生産者の方々と当社を訪れていただいています。たくましい髭を蓄えた右の方は当社でも販売したことのあるマイクロミル【ラ・バンデラ】のディエゴ・イダルゴさんです。普段はいかつい小野塚ですが、この2人に囲まれるとなんだか可愛くみえます。


焙煎や選別の様子を見学してもらい、最後には自身のコーヒーをプレゼント。


隣に写っているのはオルティス2000の生産者オマール・カルデロンさんです。同じドタの生産者として交流があるそうです。彼のコーヒーもまた販売するかもしれませんので、ぜひ顔を覚えてください。


堀口とも記念撮影。終始どことなく緊張したご様子。見た目はワイルドですが、性格はシャイで真面目な方です。



農地の様子については「【サンタテレサ】サンタテレサ2000 カトゥアイ」 シティロースト、ウェットミルの設備については「【サンタテレサ】サンタテレサ2000 パカマラ」 シティローストのページに詳しく記載しています。そちらも併せてご覧ください。