800g以上送料無料 ご利用案内 新規会員登録 カートをみる マイページ


 

コーヒー豆の保存・抽出の方法について

コーヒーは生鮮食品ですので、適切に保存しないと味わいや風味が損なわれてしまいます。
状態に応じて適切な保存をしていただくことで、味の劣化を緩やかにすることができますので、以下に記載している保存方法を実践ていただけますと幸いです。

また、コーヒーをおいしく楽しんでいただくには豆の品質だけでなく、淹れ方も大切です。円錐ドリッパーを使用した場合のレシピを記載しますので、ぜひご参照ください。


保存について

【豆のままでご購入された方】

−2週間は常温で保存−


コーヒー豆は焙煎後の時間の経過によって状態が変化し、香り・味わいともに引き立っていきます。

そのピークは焙煎からおよそ1週間で、その後緩やかに弱まっていきます。コーヒーが届きましたらまずは常温で保存し、到着から2週間が経過しましたら冷凍庫への保存をお勧めしております。

そうすることでコーヒー豆の劣化を抑えることができます。一度開封してあるものは冷凍庫から出してすぐに挽き、抽出して問題ありません。余った豆はすぐに密封し、冷凍庫へお戻しください。未開封で冷凍庫に保管した場合は常温に戻してから開封してください。



【粉でご購入された方】

−届いたらすぐ冷凍庫へ−


コーヒー豆を挽くと、なかに含まれていたガスが抜け、香りが落ちていきます。また、空気に触れる面積が増えるため、酸化のスピードが速くなります。粉で購入された場合は味わいの劣化を抑えるために、到着後すぐに冷凍庫で保存してください。お届けしたパッケージのままで保存いただいて問題ございません。

開封されましたら、密封できる容器に移して冷凍庫で保存ください。コーヒー豆をご使用になる場合は冷凍庫から取り出し、常温に戻さずに抽出してください。余った粉はすぐに密封し、冷凍庫へ戻してください。

 


抽出について

抽出はコーヒーを完成させるための最後のステップ。ここではペーパードリップの方法をご紹介します。
 

※画像をクリックすると拡大します





※コーヒーの選び方や粉の挽き方にも触れておりますので、抽出自体は4:25から始まります。



コーヒーバッグの淹れ方について

堀口珈琲で販売しているコーヒーバッグの楽しみ方をご紹介します。
手軽で簡単!用意するのはカップとお湯だけです

時間がない、抽出器具がない、そんな方にもお気軽に楽しんでいただけるコーヒーバッグ。ぜひ、おひとついかがでしょうか。

商品ページはこちら