RSS

トップ > 味わいから選ぶ > 東アフリカコーヒー 飲み比べセット 100g×3種

東アフリカコーヒー 飲み比べセット 100g×3種


 

個性豊かな東アフリカコーヒー 飲み比べセット

新しく販売したアフリカ3カ国のコーヒーはどれも個性豊かで一度は飲んでいただきたいキャラクターを持っています。どれかひとつだけなんてもったいない。ぜひとも、飲んで比べて存分に楽しんでいただきたく、今回はそれぞれ100gの3種セットをご用意しました。アフリカのコーヒーが好きな方はもちろん、飲み比べを楽しみたい方、正直どれがいいのか迷っている方も、この機会にぜひ3種セットをお試しください。

エチオピアの「ゴティティ」とタンザニアの「ブラックバーン」はいわずと知れた当社の人気商品。それに加え、今回はルワンダのコーヒーをセットに組み込みました。これは、普段ルワンダのコーヒーに手が伸びないという方にもぜひ飲んでいただきたいという気持ちの表れです。ルワンダは前述の2商品に肩を並べるほどポテンシャルを秘めた産地。だからこそ私たちも力を入れています。新規開拓という意味でも、今回の3種セットは一度試していただきたいと思っています。


<セット内容>
タンザニア 「ブラックバーン農園」 シティロースト 100g
エチオピア 「ゴティティ ウォッシュト」 シティロースト 100g
ルワンダ 「ニャミラマ」 シティロースト 100g

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日
 

東アフリカコーヒー 飲み比べセット 100g×3種

商品コード : cfe10060
価格 : 2,150 円(税込2,322 円)
ポイント : 69
数量
 
豆の挽き方

1配送先につきコーヒー豆800g以上のご購入で送料無料

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
<ロースター小林のコメント>

アフリカの3種セットと聞けば、エチオピア・ケニア・タンザニアという東アフリカを代表する3ヵ国を思い浮かべる方がほとんどではないでしょうか。今回のセット内容はエチオピア・タンザニアとケニア…ではなくルワンダを組み合わせた3種です。もちろんケニアは素晴らしいコーヒー産地ですしファンの方も非常に多いのですが、今回はそのケニアにも引けを取らない高いポテンシャルを秘めた生産国ルワンダをチョイスしました。
今回のセットはいずれもここ数年堀口珈琲で継続して扱っている実績のあるコーヒーばかり。そのなかでも今シーズン出色の出来といえるのはルワンダ『ニャミラマ』です。ニャミラマは明るい果実味とマイルドな触感の『典型的な良いルワンダコーヒー』ですが、今シーズンはオレンジを思わせる瑞々しい酸と触感のふくよかさが際立っており、昨年度を上回る美味しさに仕上がっています。

今回のセットはそれぞれのカップキャラクターが大きく異なりますので、様々な観点から違いをお楽しみいただけると思います。例えば質感という点ではこの『ニャミラマ』を基準として、より軽快なエチオピア『ゴティティ』、より飲みごたえのあるタンザニア『ブラックバーン』という具合に、その差異も明確に感じていただけることでしょう。

 

<セット商品のご紹介>

 

 タンザニア 「ブラックバーン農園」 シティロースト

タンザニア屈指の優良農園「ブラックバーン」から今年もニュークロップが入荷しました。当社では古くからこの農園のコーヒーを扱っていることもあり、毎年入荷を心待ちにしてくださっているファンの方が多い人気商品です。このブラックバーンは農地をバッファローや象などの野生動物が通り、隣には世界遺産にもなっている「ンゴロンゴロ自然保護区」がある自然豊かな土地にあります。農園主ミハエルさんはこの大自然を好み、タンザニアに住み続けて農園を管理しています。 オレンジを思わせるジューシーな酸に甘い余韻が広がる当社の定番シングルオリジンです。
 
地域:アルーシャ州カラツ県オルディアニ地区
標高:1,760〜1,950m
農園主:ミハエル・ゲルケン氏
品種:ブルボン、ケント
精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト・水の使用を抑えるため機械を併用


 

 エチオピア 「ゴティティ ウォッシュト」 シティロースト

いまやエチオピアの高品質コーヒーの代名詞ともなった「イルガチェフェ」。そんな地域に当社は10年以上も前から産地に足を運び、最高峰のエチオピアコーヒーを探し求めてきました。その過程で出会えたのが今回販売する「ゴティティウォッシングステーション」で精製されたコーヒーです。イルガチェフェの町から南に約30キロ進むとゲデブというエリアがあり、他のエチオピアのステーションと同様に周辺の農家からコーヒーチェリーを買い取って精製を施しています。ブルーベリーを思わせる瑞々しい酸と甘みをお楽しみください。
 
地域:南部諸民族州ゲデオゾーン ゲデブウォレダ バンコゴティティ地区
標高:ウェットミル 2,010〜2,025m、周辺農家 約2,000〜2,200m
生産者:ゴティティウォッシングステーション周辺の農家
品種:在来品種
精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト


 

 ルワンダ 「ニャミラマ」 シティロースト

アフリカのルワンダで品質向上に精力的に活動する「コアカカ協同組合」。今回販売するのは、同組合の代表を務めた経験のあるンザバムウィタ・ビンセントさんを中心としたニャミラマ集落の12農家で収穫されたコーヒーです。組合と当社の付き合いは深く、特にこのニャミラマ集落においては、「ニャミラマプロジェクト」という活動を通じて環境や農家の人々の生活の向上にも配慮した形で、より品質の高いコーヒーを生産するべく二人三脚で活動を進めています。柔らかい食感のなかに感じるきれいな酸と華やかさからは、決して派手ではありませんが、穏やかで心地良い印象を受けます。
 
生産者:ンザバムウィタ・ビンセント氏を中心とした12農家
地域:南部州ニャマガベ郡キビリジ市ブガルラ地区ニャミラマ集落
標高:1,850〜2,000m(ビンセント氏の農地は1,850m付近)
品種:ブルボン(ブルボン・マヤグエスが主、ミビリジが少し)
精製:発酵槽を使用しソーキングも行うウォッシュト