RSS

トップ > 販売終了豆 > ケニア 「カラツファクトリー」 シティロースト 200g

ケニア 「カラツファクトリー」 シティロースト 200g



 

キアンブ県の歴史あるファクトリー
トマトやグレープフルーツを思わせる爽やかな酸にソフトなコク

数シーズン続けて販売しているケニア、カラツファクトリーのコーヒーが入荷しました。カラツは高品質なコーヒーを多く産出するケニア山周辺のニエリ県・キリニャガ県・エンブ県などのエリアからは離れた、中央州のキアンブ県にある精製工場です。この場所は首都ナイロビからそう離れておらず、直線距離にしておよそ40キロ北に進んだ所に位置しています。ファクトリーは50年以上前に設立され、現在696名の農家が所属しています。ファクトリーがあるエリアの年間降水量は1500mmほどで、3〜5月と10〜12月に計2回の雨季があるため、 収獲期自体も2回訪れます。

カラツの魅力はケニアらしい豊かな果実感を存分に楽しめるところです。シティローストで焙煎すると、トマトのようなフレッシュ感やのグレープフルーツのような爽やかな酸が感じられるコーヒーに仕上がります。また、ソフトで柔らかなコクも飲み心地の良さに一役買っています。果実感たっぷりのカラツをぜひお試しください。

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

ケニア 「カラツファクトリー」 シティロースト 200g

商品コード : cfe00551
価格 : 1,800 円(税込1,944 円)
ポイント : 58
数量
 
豆の挽き方

1配送先につきコーヒー豆800g以上のご購入で送料無料

品切れ

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

<ロースター小林のコメント>

堀口珈琲でここ数年継続して扱っているキアンブ県の優良ファクトリー『カラツ』は、ケニアコーヒーの主要産地であるニエリ・キリニャガ・エンブとは味わいの傾向が異なります。

このコーヒー最大の特徴は口に含んだ瞬間に感じられるフレッシュトマトやグレープフルーツのような快活な酸にあり、シティローストでは明るい果実の酸と程よいコクをお楽しみいただけます。
 

地域:中央州キアンブ県Gatundu地区Ndarugu
所属農協:Gitwe農協
生産者:ファクトリー周辺の所属農家696名
標高:1,883m(ファクトリーの標高)
品種:SL28、SL34、わずかにRuiru11(1%程度)
精製:発酵槽を使用しソーキングも行うケニアの伝統的ウォッシュト
乾燥:アフリカンベッドにて天日乾燥

カラツファクトリーは当社スタッフの小野塚が2015年に訪問しています。写真はすべてそのときに撮影しました。


約700名の農家が所属しているカラツファクトリー。車で数分のところに同じGitwe農協が所有するカリンガファクトリーもあり、こちらは1,256名の農家が所属しています。


農家の方が収穫したコーヒーチェリーを持ち込んでいました。かなりの重さなので、自転車やバイクでないと大変です。


こちらはパルパー(果肉除去機)。農家が持ち込んだコーヒーチェリーを品質毎に分けて精製処理を施していきます。彼はファクトリーマネージャーのジョージ・キベさん。ファクトリー内を案内してくれました。


発酵槽と水路。中央にいるのがゼネラル・マネージャーのジョセフ・カゴンブさん。ファクトリーの設備は歴史が古いせいか、正直、“ぼろさ”が感じられましたが、皆まじめに仕事に取り組んでいて、設備の古さをマンパワーで補っているのが伺えました。


脱果肉処理後のコーヒーパルプは集めて堆肥にしています。


上がパーチメントコーヒーの状態にして乾燥させるウォッシュト精製の乾燥風景で、下が果肉がついたまま乾燥させるナチュラル精製の写真。ナチュラルは低グレードのコーヒーの精製方法として用いられていますので、残念ながら皆様が期待しているような味ではありません。


働いているスタッフは皆、気軽に写真を撮らせてくれました。恥ずかしそうにしながら笑顔だったのがとても印象に残っています。


ファクトリー所有の農地で、収穫したコーヒーチェリーの選別を行っている方々を見かけました。写真をパシャパシャ撮っていたら、そのなかのひとりに、ひょうきんなおばちゃんが隠れていました。