RSS
800g以上送料無料 ご利用案内 新規会員登録 マイページ  カートをみる

 



当社では6月から「アイスコーヒーと過ごす夏」ということで、夏のコーヒーの楽しみ方の一つとして、アイスにしてもおすすめのコーヒー豆をご紹介してきました。暑い夏にキンと冷えたアイス、いいですよね。
ただ一方で、コーヒーはホットしか飲まない、アイスだとお腹が冷えてしまう、室内の冷房がききすぎて...と、夏でもホットを飲まれている方は多いのではないでしょうか。今回は特にそんな方にむけて、夏のこの時期に飲む、ホットでこそ美味しいコーヒーをご紹介します。夏はやっぱりアイスでしょう!という方も、夏はまだまだ続きます。ここで一つ趣向を変えてみてはいかがでしょうか。







■ハワイ 「カイナリウ・コナ農園」 ハイロースト 200g

カイナリウ・コナ農園のコーヒーでは、ハイローストに仕上げることでティピカ品種特有の上品かつ繊細な酸味とほのかに感じる甘みが見事に表現されています。軽快な飲み口に、若草を思わせる澄んだフレーバーも感じられます。アメリカということでどうしても高価格になってしまいますが、それに見合う最高のクオリティを体験できる一杯です。いつもよりちょっと贅沢な気持ちになって、涼しい顔で夏を楽しんでみてはいかがでしょうか。








■コロンビア 「ホセ・ハビエル・グァルニソ」 シティロースト 200g

彼が管理する農地で生産されたコーヒーは、マンダリンオレンジを思わせる酸味のフレーバーが特徴的。コクがしっかりあるため味わいの余韻が長く、冷めてくるとピーチのような甘さや触感もカップキャラクターとして表れてきます。一杯を長くじっくり楽しめるコーヒーです。








■コスタリカ 「【ロス・アンヘレス】ベンダバル」 フルシティロースト 200g

ベンダバルのコーヒーは口に含んだ時から余韻に至るまで感じられる滑らかな触感が特徴的。また酸味のキャラクターとしてはラズベリーのような濃縮感のある甘酸っぱい印象があります。飲みごたえはありますが、余韻はすっきりと感じられるので、飽きることなく飲み続けられます。