RSS
800g以上送料無料 ご利用案内 新規会員登録 マイページ  カートをみる

 





ペーパードリップで抽出したクリアなアイスコーヒーを楽しもう


外から帰ってきたら、まずは冷たいもので身体を冷やしたい季節になりました。そんなときには清涼感を求めてアイスコーヒーを淹れてみてはいかがでしょうか。こちらの特設ページでは、おいしいアイスコーヒーの淹れ方を紹介しています。個性豊かなキャラクターのアイスコーヒーをご自身で作って、夏のコーヒーライフを満喫してみませんか。少しの手間をかけて淹れた一杯は格別なものとなりますよ。





1.用意するもの

コーヒーポット・ドリッパー・サーバー・ペーパーフィルター・コーヒー豆

グラスと氷も忘れずに!

【レシピ(1人分)】
■フレンチロースト
粉の量:25g 抽出量:100cc 抽出時間:3分
■シティロースト
粉の量:20g 抽出量:100cc 抽出時間:2分

【レシピ(2人分)】
■フレンチロースト
粉の量:35g 抽出量:200cc 抽出時間:3分半
■シティロースト
粉の量:25g 抽出量:200cc 抽出時間:2分半

【レシピ(3人分)】
■フレンチロースト
粉の量:45g 抽出量:300cc 抽出時間:4分
■シティロースト
粉の量:35g 抽出量:300cc 抽出時間:3分



※ここからはフレンチローストのコーヒーで淹れる際の参考画像です。

2.粉をドリッパーにセットします

コーヒー豆を粗め(ザラメ糖ほどの大きさ)に挽き、ペーパーフィルターにセットします。



3.お湯を粉に浸透させます

中心から渦を描くように、そして、ペーパーフィルターにかからない範囲で細く少量のお湯を注ぎます。粉にお湯を染み渡らせるようなイメージです。ペーパーフィルターにかかってしまうとコーヒーの成分が出きらないうちにお湯がサーバーに落ちてしまい、味が薄くなってしまいますのでご注意ください。



4.少しずつお湯を注ぎ足していきます

注ぎ始めてから1分経過したころに、濃いコーヒーの液体がぽたぽた落ちてくれば順調です。これを1分ほど続けます。ちなみにホットだと注ぎ始めてから40秒ほどでぽたぽた落ちてくるのが理想です。
※コーヒー豆の保存状態や鮮度、また、粉の状態でご購入された場合は、コーヒーの液体が落ちてくる時間が短くなるときがあります。



5.注ぐ作業を繰り返します

2分経過あたりでお湯の量をやや増やして、繰り返しお湯を注いでいきます。円の大きさは500円玉くらいが目安です。焦ってどんどんお湯を注いでしまうと味のバランスが崩れてしまうのでご注意ください。
※粉の状態でご購入された場合は、写真のようには膨らみません。



6.100cc(1杯分)に達したらドリッパーを外します

トータルの抽出時間は3分くらいが目安です。ホットコーヒーよりも濃い液体ができます。



7.グラスに氷を入れてコーヒーを注げば完成!

氷を入れたグラスに抽出した濃いコーヒーを入れて急冷させます。かき混ぜると氷が溶けますので、最後に氷を足して完成です。



最後に…

堀口珈琲の豊かなキャラクターのコーヒー豆を使えば、ただ苦いだけではなく、甘さを感じたり、果物の酸を思わせる味わいなど、豆の個性をしっかりと味わえるアイスコーヒーを作ることができます。基本的には苦みのしっかりしたフレンチローストの豆を使用していただくのがおすすめですが、一部のシティローストやブレンドの#2を使ってやや軽めに淹れると、とてもさっぱりとしたアイスコーヒーも作れますよ。これを機にお気に入りのアイスコーヒーを見つけて、暑い夏を乗り切りましょう!