RSS
800g以上送料無料 ご利用案内 新規会員登録 マイページ  カートをみる

グァテマラ「ベナベンテファミリーセット」 100g×4種 NEW




主要な生産地域から離れた場所で高品質コーヒーを生産するベナベンテ一族のコーヒー

グァテマラの主要なコーヒー生産地域である“アンティグア”とその西側にある“アティトゥラン”の間の人里離れた場所に、ベナベンテという一族が運営する複数の農園があります。この場所はアティトゥラン湖を臨む位置にはありますが、アンティグアのほうがアクセスしやすいため、古くはアンティグア産のコーヒーとして流通してました。グァテマラのコーヒー協会ANACAFEが制定する8つの生産地域のどこにも該当しないため、日の目を浴びるようになったのは近年のことです。

当社は目立たない存在ながら、優れたカップクオリティのコーヒーを生産し続けるベナベンテ一族のコーヒーに注目してきました。彼らが所有する農園「エル・ベルヘル」は過去に何度も販売しています。しかし、販売期間が短かったこともあり、高いカップクオリティを有しているにも関わらず印象の薄い存在になってしまいました。もっと彼らのコーヒーを知ってほしいと思い描いていたなか、今シーズン彼らが生産したコーヒーの味わいそれぞれに明確な違いが感じられ、かつどれも優れた品質だったため、全商品をセットにして販売することにしました。

各コーヒーからは柑橘の果物のなかでもオレンジの味わいが強く出ているものやグレープフルーツを感じさせるものだけでなく、チョコレートのコクや滑らかさを思わせるものなど、生産場所が近いながらもそれぞれ個性が際立っていて、どれもが彼らの作るコーヒーの素晴らしさを体現しています。このセットを体験して、ベナベンテ一族のことを覚えていただけたら嬉しい限りです。


<セット内容>
グァテマラ 「エル・ベルヘル農園」 シティロースト 100g
グァテマラ 「ラ・アルヘンティーナ農園」 シティロースト 100g
グァテマラ 「ラ・フロリダ農園」 シティロースト 100g
グァテマラ 「サンタ・アニータ農園」 シティロースト 100g



ランキング6位

グァテマラ「ベナベンテファミリーセット」 100g×4種

価格:

2,800円 (税込 3,024円)

[ポイント還元 90ポイント〜]
豆の挽き方:
購入数: セット

<ロースター小林のコメント>

堀口珈琲ではこれまでもベナベンテファミリーのコーヒーを継続的に扱ってきましたが、どれも本当に素晴らしいコーヒーばかりで、今回のようにセットでご紹介できることを嬉しく思います。いずれも酸、コク、甘みのバランスに優れているという点では共通しているのですが、それぞれの風味特性は異なります。実はこの4農園、谷を隔てて位置しています。アルヘンティーナとベルヘルのあるパニバフエリアはやや暖かく乾いており、フロリダとサンタアニータのあるチュアキヌン側は低温で高湿。飲み比べるとパニバフ側の2農園はいずれもクリアな飲み口と柑橘の甘みが特徴であるのに対して、チュアキヌン側2農園はカカオやスパイスの複雑な風味があり、環境による味わいの差を感じ取ることができます。また、質感の面でいうと同じパニバフ側でも、厚みがあり滑らかなエル・ベルヘルに対して、繊細かつ軽快なアルヘンティーナといった具合にやはり差異が感じられます。クリーンな味わいのベナベンテファミリーだからこそ、普段は見逃してしまうような細やかな違いもお楽しみいただけると思います。



<セット商品のご紹介>


「エル・ベルヘル農園」

ベナベンテ一族のコーヒーで最多の販売回数を誇るのが「エル・ベルヘル農園」です。ラテン系の陽気なノリで接してくれるビクトル・ウーゴ・ベナベンテさんが管理・運営しています。同農園で収穫したコーヒーチェリーはセットのなかで唯一ウェットミル工程から外部に委託しています。そのため、他の農園とは少し毛色が異なる風味特性を備えています。マンダリンオレンジのようにジューシーな酸と甘みがあり、クリーンなアフターテイストが楽しめるコーヒーです。

地域:チマルテナンゴ県パツン市パニバフ
農園主:ビクトル・ウーゴ・ガルシア・ベナベンテ氏
標高:1,890〜1,920m
品種:主にブルボン
精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト



「ラ・アルヘンティーナ農園」

「ラ・アルヘンティーナ」はベナベンテ一族のひとりであるアルヘンティーナ・ベナベンテさんが所有する農園です。同時に販売する農園のなかでも特に標高の高い場所に位置しています。収穫したコーヒーはラ・フロリダ農園にあるウェットミルで精製工程を施します。同農園のコーヒーはみかんのような甘酸っぱさと青りんごを丸かじりしたときのようなフレッシュな味わいが同居したフレーバーを備えたコーヒーです。

地域:チマルテナンゴ県パツン市パニバフ
所有者:アルヘンティーナ・ベナベンテ氏
標高:1,910〜1,980m
品種:ブルボン70%、ティピカとカトゥーラで30%
精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト



「ラ・フロリダ農園」

ラ・フロリダはロドルフォ・ベナベンテさんと息子のバイロンさんが管理・運営している農園です。農園の敷地の多くは森林で、多種多様な木が植えられていて、コーヒーはその林床で栽培されています。コーヒーの品種はほとんどがブルボンですが、一部ティピカも植えられています。同農園のコーヒーはローストしたカカオを思わせる甘く香ばしいフレーバーにミルキーな触感が特徴的。抽出したばかり液体から立ち昇る香りを楽しみながら味わってみてください。

地域:チマルテナンゴ県パツン市チュアキヌン
農園主:ロドルフォ・ベナベンテ氏
標高:1,870〜1,930m
品種:ほぼブルボン
精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト



「サンタ・アニータ農園」

レオネル・ベナベンテさんが管理するのが「サンタ・アニータ農園」です。ここも自前のウェットミルを所有していて、収穫したコーヒーをその場で精製しています。同農園のコーヒーの味わいからはまるで伊予かんを思わせる酸味と甘みのバランスが特徴的。アフターテイストに感じる爽やかさもグレープフルーツのようでとても心地よいコーヒーです。冷めるとかすかにカカオの風味も表れ、オランジェのようなキャラクターも楽しめます。

地域:チマルテナンゴ県パツン市チュアキヌン
農園主:レオネル・ベナベンテ氏
標高:下部区画約1,600〜1,700m、上部区画約1,850〜1,900m
品種:ブルボン
精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト

ベナベンテファミリーが運営する4農園はアティトゥラン湖の東側にあります。この場所は主要な生産地域とは離れた場所にあり、これまであまり注目されることはありませんでした。


それぞれの農園はそう離れていませんが、サンタ・アニータとラ・フロリダ、エル・ベルヘルとラ・アルヘンティーナの間には谷があり、谷を隔てて異なる気候環境が存在します。


農園周辺

先日、当社スタッフの若林と大瀧がグァテマラの農園視察を行ってきました。以下の写真はその時に撮影したものが中心です。ベナベンテ一族が所有する農園はパニバフという地域にあります。この写真はパニバフで賑わいのある場所で撮影しました。


農園に向かうまでいくつもの険しい山道を通らなければなりません。


ラ・アルヘンティーナ農園

ラ・アルヘンティーナ農園は標高の高い場所にあるため、虫の被害はなく殺虫剤をまかずに管理しています。


また、除草剤もまいておらず、下草を残しながらコーヒーを栽培しています。


シェードツリーにはグラビレアやマメ科の植物であるチャルン、アボカドなどを用いています。


ここは古くから植えられているコーヒーの木を大切にしていて、カットバックを繰り返しながら生産しています。古いもので70年以上経過した木もあるようです。


所有者はアルヘンティーナさんですが、農地を管理しているのはこの方ビクトル・マヌエル・ベナベンテさんです。彼はラ・フロリダ農園の管理も任されています。


ラ・フロリダ農園

ラ・フロリダ農園は広い土地を所有していますが、すべてがコーヒー農地というわけではなく、森林部分も多くあります。特に農地の上部にある森はロドルフォさんの父が植えた木が成長したもの。ロドルフォの父は山の頂上部分に森を形成することすることで雨雲や霧をキャッチし、この地域に水をもたらすことができると考え植えたそうです。


実際に農園では農地の上部から豊富に水がもたらされ、干ばつに見舞われることは少ないとのこと。精製工程に使用する水も潤沢に確保されています。


木が健康に保てば必要ないという考えから、化学的な殺虫剤、殺菌剤は使用していません。また、剪定やシェード管理を少しずつ進めてきた結果、収穫量は向上しつつあります。


こちらはラ・フロリダ農園のウェットミルです。


山からひいてきた湧水を使って果肉を除去し、発酵槽にてドライファーメンテ―ションを行います。一定時間置いた後、タンク内で水洗、そしてコンクリートパティオにて天日乾燥させます。


農園を所有しているロドルフォさんと息子のバイロンさん。


他の農園の写真は以下からページに入ってご確認ください

ランキング6位

グァテマラ「ベナベンテファミリーセット」 100g×4種

価格:

2,800円 (税込 3,024円)

[ポイント還元 90ポイント〜]
豆の挽き方:
購入数: セット

上記の豆を購入された方にお勧めの商品はこちら

グァテマラ 「エル・ベルヘル農園」 シティロースト 200g NEW

1,300円(税込 1,404円)
アティトゥラン湖を臨む人里離れた高地にある農園。
マンダリンオレンジのようにジューシーな酸と甘み。

グァテマラ 「サンタ・アニータ農園」 シティロースト 200g NEW

1,300円(税込 1,404円)
アティトラン湖近郊で代々受け継がれている家族経営の農園。
酸味・甘みのバランスは伊予かんを連想させる味わい。