RSS
800g以上送料無料 ご利用案内 新規会員登録 マイページ  カートをみる

コスタリカ 「【ロス・クレストネス】エル・アルト ナチュラル」 シティロースト 200g NEWお勧め商品




豆の持つ個性と精製由来の香味が見事に調和
"ロス・クレストネス"のナチュラル、登場

これまで汎用品においては比較的品質の良いものを安定的に生産してきたコスタリカ。近年は小規模ながらも高い技術力と知識を駆使し、ウォッシュト精製のみならずナチュラル精製やハニーコーヒーの生産も盛んに行われ、コーヒーの多様性も増してきました。高品質なコーヒーの世界でも年々存在感を強めています。

一方で、ユニークな味わいを求めようと安易にナチュラル精製やハニープロセスのコーヒーを扱う傾向も強くなってきたため、品質ではまだまだ玉石混交なのが現状です。ウォッシュト精製に比べて生産工程もシンプルで、独特のキャラクターを出しやすいこれらのプロセスだからこそ、しっかりとした生産管理がなされていなければ美味しさには繋がりません。そこで、当社では品質の高い、そしてコスタリカらしさも兼ね備えたナチュラルを生み出せたら...と考え、品質向上の意欲が高く、しっかりとした生産管理が行われている生産者グループ「ロス・クレストネス」にナチュラルコーヒーの生産を依頼しました。結果は期待通り。素晴らしいナチュラルを仕立てていただきました。

今回のロットを栽培していただいたのはグループの中心メンバーであるグレース・カルデロン・ヒメネスさんです。農地「エル・アルト」を夫のエウヘニオさんとともに管理しています。彼らの丁寧な仕事によって育まれるコーヒーチェリーは非常に高い熟度を誇ります(ページ下部の写真をご覧ください!)。それは見事にカップクオリティにも表れています。

味わいからはエル・アルト特有のキャラクターとナチュラル精製由来のフレーバーが見事に感じられます。滑らかな質感やコクは心地良く、その上にドライフルーツのニュアンス、特に赤い果実のそれがふわっと広がります。まろやかな食感にドライな果実感が重なることでかすかにウィスキーの印象すら感じさせます。冷めても持続するクリアさは品質の高いナチュラルならではです。

ハニープロセス・・・・ウォッシュト精製の一つ。種子を覆う粘着物質(ミューシレージ)の全部または一部を残しながらパーチメントコーヒーを乾燥させる方法



【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

コスタリカ 「【ロス・クレストネス】エル・アルト ナチュラル」 シティロースト 200g

価格:

1,500円 (税込 1,620円)

[ポイント還元 48ポイント〜]
豆の挽き方:
購入数:

<ロースター小林のコメント>

チリポを代表する生産者グループ『ロス・クレストネス』。そのなかでもクリアさ・華やかさという点で一際クオリティの高さを感じさせてくれる『エル・アルト』農地で作られたナチュラル精製のコーヒーです。
これがまた品格を感じさせる非常にきれいな味わいのナチュラルで、エル・アルトならではの滑らかな触感に精製由来のドライなフレーバーが重なり合うことでチョコレートやほんのりウイスキーのようなニュアンスをお楽しみいただけます。

農園主:グレース・カルデロン・ヒメネス氏
地域:サンホセ州ペレスセレドン市リバス地区ピエドラ
標高:1,875〜1,920m
品種:カトゥーラ
精製:ナチュラル

サン・ホセ州を俯瞰した地図。奥の首都サン・ホセに比べ、農園のある手前のチリポ山付近(赤丸で囲まれた地域)は森と谷に囲まれた地域です。


コスタリカ最高峰3,819mもの標高を誇るチリポ山はサン・ホセ州南東に位置します。その西側のふもとにピエドラ集落はあります。「ビエドラ」とは「石」の意味。由来の通り石の多い土壌特性を持っています。ここで生活する10農家によって設立されたのがロス・クレストネス・マイクロミルです。


訪問するたびにわざわざおもてなしをしてくださるグレースさんと夫のエウヘニオさん。当社のパートナー農園として古くから付き合いがあります。


20年前にエウへニオさんは農地を取得し、その5年後に初めてコーヒーが植えられました。その後、新たな農地を取得したり、牧草地であった土地も栽培を始めて生産エリアを拡大した結果、現在はほぼ全域がコーヒー農地に変わりました。


見事なまでに赤く熟したコーヒーチェリー。今にもはち切れそうです。


それらのみを丁寧に選択して収穫します。この時はスタッフ若林も収穫に参加させていただきました。これだけ熟度の高いチェリーが集まると圧巻ですね。おいしいコーヒーが生まれるのもうなずけます。


グレースさんはコスタリカの主要な生産地域から離れたチリポを一躍有名にしたクレストネス生産者組合の中心メンバーです。彼らの成功を目の当たりにし、新たな世代のミルがこの地域にも設立され始めました。近い将来、チリポは辺境のコーヒー生産地域ではなく、タラスに肩を並べる有名な高品質コーヒーの産地となると予想する輸出業者もいて、コーヒー産業の発展に伴う農村地帯の形成が進むことも予想されます。


今年の9月にグレースさんが日本を訪れてくれました。写真はグレースさんと会長の堀口です。緊張していたのか物静かで、とても真面目そうな印象を受けました。


チーフロースター小林との一枚。この時期の小林は髪形も無造作"ナチュラル"ヘアーでした。