RSS
800g以上送料無料 ご利用案内 新規会員登録 マイページ  カートをみる

コスタリカ 「【ラ・バンデラ】エル・アルト」 フレンチロースト 200g NEW

>


農園のなかで最上部に位置する農地「エル・アルト」
濃縮感のあるボディと豊かな酸

コスタリカにおいて高品質なコーヒーを多く産出しているタラス。その東側に位置するドータバレーで2014年に「ラ・バンデラ」という新しいマイクロミルが誕生しました。

ミルの設立の動機は、他の生産者と同じくコーヒーチェリーの買い取り価格の安さに悩んでいた部分もありますが、それ以上に自分が手掛けた商品を評価してくれるロースターと出会いたいという思いが強くあったそうです。そのような思いを秘めてコーヒー生産に従事していた管理者のディエゴさんと、タラスの高品質なコーヒーを探していた私たちが出会い、取引を始めることとなりました。

コーヒー栽培の始まりは1965年からで、現管理者であるディエゴさんの父がスタートさせました。その後こつこつと農地を広げ、14ものコーヒー栽培区画を有しています。今回販売するのはエル・アルトという区画で、農園のなかでも標高の高い場所にあります。この区画ではカトゥアイ品種を栽培しています。

タラスの高地産らしく、豊かなボディに明瞭な酸を備えたキャラクターのコーヒーです。複雑なコクというよりは滑らか・柔らかといった印象で、カップのクリーンさも相まって非常に飲み心地が良く、かつバランスに優れています。フレンチローストでは味わいに濃縮感が生まれ、しっかりとしたコクと甘みに魅力を備えています。ネルドリップだとこのコーヒーの個性を余すことなく引き出せそうです。

コスタリカ 「【ラ・バンデラ】エル・アルト」 フレンチロースト 200g

価格:

1,400円 (税込 1,512円)

[ポイント還元 45ポイント〜]
豆の挽き方:
購入数:

<ロースター小林のコメント>

ふっくらと肉厚な豆の外観からも如何にも力強さを感じさせるラ・バンデラ『エル・アルト』。フレンチローストにすることで、厚みのあるボディが一層際立ち、飲みごたえのある味わいをお楽しみいただけます。また、やや硬質な質感は定番ブレンド#8STOUT&WILDの素材として使用するのも面白いなと感じます。キレのある良質な苦みを引き出すために、フレンチローストのなかでもやや深めの領域に仕上げています。

管理者:ディエゴ・イダルゴ氏
地域:サン・ホセ州ドタ市コペイ、バンデラ
標高:1,900〜1,975m
品種:カトゥアイ
精製:機械的にミューシレージを除去するウォッシュト

コスタリカの一大コーヒー生産地域であるタラスは首都サン・ホセの南側に位置しています。当社が販売するコスタリカコーヒーはタラスが多くを占めています。


エル・アルトはミルの管理者であるディエゴさんが所有する農園の区画のひとつで、農園名はアグア・ブエナスといいます。エル・アルトを含む14のコーヒー栽培区画と保護林、そしてこの写真に写る小川からなり、隣接している森も保有し、コーヒーの栽培に必要な水源として保護しています。


農園で収穫したコーヒーをラ・バンデラというウェットミルで精製していきます。最近設立したばかりですが、段階的な投資ではなく、初期からしっかり資金を投入したことが伺える作りで、後回しになりがちな乾燥場についても、設備が最初から導入されていました。


農園のなかで最も標高の高い場所にあるのがエル・アルト区画です。


険しい斜面が広がるエル・アルトではカトゥアイ品種が栽培されています。


こちらはウェットミルの乾燥場。ビニールテントのなかには4段の乾燥ベッドが並んでいます。日光が強く当たりすぎないよう遮光ネットが貼られています。


乾燥工程の流れとして、まずパティオで1日プレ乾燥します。翌日ビニールテント内の4段ベッドの一番下の段に広げて乾燥を開始。最上段にのっているロットの乾燥が完了したら、他の3段を1段ずつ順番に上にあげます。最上段に着いて乾燥が完了するまではおよそ18日を要します。


テント内には換気扇もついています。コーヒーの品質を上げるために、細かな部分にまで気が配られたお手本のような乾燥場です。


管理者のディエゴさん。自身が所有する農地においてはウォッシュトでの精製が最も適していると考えています。標高が高く寒暖差の激しい場所で育ったコーヒーには自然の甘みがしっかりと備わっているため、精製によって味を足す必要がないと考えています。


コスタリカ 「【ラ・バンデラ】エル・アルト」 フレンチロースト 200g

価格:

1,400円 (税込 1,512円)

[ポイント還元 45ポイント〜]
豆の挽き方:
購入数: