RSS
800g以上送料無料 ご利用案内 新規会員登録 マイページ  カートをみる

コロンビア 「ビジャレティ」 フルシティロースト 200g NEW




コロンビアの優良生産地域「ウイラ」のコーヒー
程よく感じる苦味とカラメルを思わせる甘さ

コロンビア南部ウイラ県のコーヒーを販売します。もう「ウイラ」と聞いてうずうずしてしまうファンの方も多いのではないでしょうか。同地域のコーヒーを数多く扱う当社ではありますが、今回のコーヒーは初めての販売。優れたコーヒーを生産する農園がまだまだ多く存在することを感じさせてくれます。ビジャレティは同県のなかでも中央やや北にあるテルエル市に位置しています。付近にはウイラ県を南北に貫く全長1,540kmのマグダレナ川が存在し、比較的穏やかな気候。同河川の水が貯まるベヤニア貯水池もあり、肥沃な土壌が広がっています。

そんな土地でコーヒーを生産しているのがトゥルヒージョ兄弟。23ヘクタールの農地「ビジャレティ」にカスティージョ品種を栽培しています。当社ではあまり扱いがない品種ですが、コロンビアでは一番多く栽培されている品種です。環境への適応性が高く、さび病や炭素病にも強い特性を持っています。また、同品種は実が赤くなってもまだ完熟ではなく、グレープ色になって初めて完熟とみなされます。今回はその熟度管理がしっかりできていて、カップのクオリティにも反映されているロットでしたので販売することを決めました。

ボディを感じられるコーヒーですが、それでいて重くなり過ぎず、程よく苦味を楽しめるキャラクターは当社のコーヒーのなかでも貴重な存在です。カラメルを思わせる甘さとコクも心地よく、そのまま飲んでも、甘いお菓子と合わせても楽しめるはず。冷めてくると、触感は優しく滑らかになり、ほのかにみかんを思わせる柑橘系のフレーバーも表れてきますので、苦すぎるのは苦手、けど苦味も果実感も楽しみたい、という方には特におすすめのコーヒーです。

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

ランキング5位

コロンビア 「ビジャレティ」 フルシティロースト 200g

価格:

1,400円 (税込 1,512円)

[ポイント還元 45ポイント〜]
豆の挽き方:
購入数:

<ロースター小林のコメント>

ウイラの多様性を楽しむという点では今回登場するビジャレティとペドレゴーツァの飲み比べは非常に面白いと思います。ビジャレティはウイラ産コーヒーらしいマイルドさは感じつつ、しっかりしたコクも備えています。また、柑橘を思わせる酸と甘苦さはオランジェットを想起させます。ジューシーさよりもチョコレートのような質感に特徴のあるビジャレティ。ブラックではもちろん、ミルクとの相性も抜群です。

生産者:トゥルヒージョ兄弟
地域:ウイラ県テルエル市
標高:1,680m
品種:カスティージョ
精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト

全長約7,500km、南米7ヵ国にまたがる世界最長の山脈であるアンデス山脈は、コロンビア南部で3本(西部、中央、東部)に分かれ、その中央山脈と東部山脈に囲まれた部分にウイラ県はあります。県を南北に貫くようにマグダレナ川が伸びます。


マグダレナ川の様子。ここウイラ県から発し、コロンビア西部を南から北に流れ、カリブ海に注いでいます。


今回の農地があるテルエル市は、ウイラ県中部のやや北側です。


こちらが生産者のエルナンド・トゥルヒージョさん。


収穫した日にパルパーで果肉を除去したのち、15時間のドライファーメンテーションにかけます。その後、丁寧に3回洗うことでミューシレージを取り除いていき、最後に10〜15日間天日乾燥にかけるという流れで精製しています。


画質が粗くて申し訳ありませんが、妻のマリア・エレナさんとエルナンドさんです。仲が良さそうです。