RSS
800g以上送料無料 ご利用案内 新規会員登録 マイページ  カートをみる

コロンビア 「ホセ・ハビエル・グァルニソ」 シティロースト 200g




長い余韻に感じるマンダリンオレンジの香味

当社ではお馴染みになりつつあるコロンビア南部ウイラ県のコーヒーを販売します。ウイラ県はアンデス山脈を形成する東部山脈と中央山脈に挟まれた地域に位置し、コロンビア最長の河川であるマグダレナ川の源流も同県から始まります。恵まれた土壌・気候のもと、両山脈の斜面を中心に質の高いコーヒーを生産する農園が多く存在しています。

今回販売するコーヒーの生産者ホセ・ハビエルさんは男9人女1人の大兄弟。昨年販売した「ラ・ベガ農園」は彼らの農園で生産されたコーヒーですが、今回はそのなかでも特にカップクオリティに優れたホセ・ハビエルさんが所有する区画で栽培されたコーヒーです。40ヘクタールというコロンビア南部では珍しい大農園を兄弟で管理しており、各兄弟がそれぞれ区画分けされた農地を所有しています。そこで収穫されたコーヒーを共用のウェットミルに持ち込んで精製しています。

彼が管理する農地で生産されたコーヒーは、マンダリンオレンジを思わせる酸味のフレーバーが特徴的。コクがしっかりあるため味わいの余韻が長く、冷めてくるとピーチのような甘さや触感もカップキャラクターとして表れてきます。一杯を長くじっくり楽しめるコーヒーです。

こちらの商品は9月30日(土)午前8:00で販売を終了いたします。ローストの都合上、期限内にご注文いただいても10月2日(月)以降の納期をご指定された場合、商品を発送することできません。また、在庫が限られておりますので、期限内よりも早く販売を終了することがございます。何卒ご了承ください。
まだ購入されていない方はもちろん、また飲みたいと考えていた方はぜひお買い逃がしのないようお早めにご注文ください。




【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

コロンビア 「ホセ・ハビエル・グァルニソ」 シティロースト 200g

価格:

1,500円 (税込 1,620円)

[ポイント還元 48ポイント〜]
豆の挽き方:
購入数:
在庫切れ

<ロースター小林のコメント>

昨年はウイラ県のコーヒーを数えきれないほど販売しましたが、なかでも記憶に残ったコーヒーのひとつが『ラ・ベガ農園』です。今回販売する『ホセ・ハビエル・グァルニソ』はそのラ・ベガ農園のなかでも特にカップクオリティに優れた区画のコーヒーです。
オレンジのジャムのような濃縮感のある酸と強い甘みが素晴らしく、しっかりしたコクも備えており、ウイラ県産コーヒーのなかでも飲みごたえのある味わいといえます。

生産者:ホセ・ハビエル・グァルニソ氏
地域:ウイラ県タルキ市
標高:1,800m
品種:カトゥーラ
精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト

コロンビア南部にあるウイラ県。県都は北部のネイバ市です。コロンビア西部を南から北へ流れる全長1,540kmの大河、マグダレナ川の源流がウイラ県にあります。


ウイラ県の中部に位置するラ・ベガ農園はコロンビア南部では珍しく、農園面積が40ヘクタールもの広さを誇ります。ただし、広すぎると管理も大変らしく、遊休地も多いそう。


農園ではカトゥーラ品種をメインに栽培しています。今後は栽培環境を整えながら別の品種も植えるといった新しい試みを検討しているそう。


こちらが今回のロットの生産者であるホセ・ハビエル・グァルニソさん。私の好きなサッカーチームのユニフォームを着ているので、親近感を抱いています。いつかお会いできることを楽しみにしています。


兄弟はそれぞれ農地を管理していますが、収穫したコーヒーを精製する場所はひとつのため、みなこちらに持ち寄ります。


乾燥小屋は2階建てになっていて、屋根はトタンで遮光性があります。側面は解放されていますが、黒のビニールシートで遮光が可能です。ここでは進行をコントロールしながら20〜22日でパーチメントコーヒーを乾燥させていきます。


南部では珍しい大規模で農園を営んでいるグァルニソ兄弟。日本で焙煎した彼らのコーヒーをプレゼントしたらとても喜んでくれました。