RSS
800g以上送料無料 ご利用案内 新規会員登録 マイページ  カートをみる

ペルー 「フェスパ農園 カトゥーラ」 フレンチロースト 200g NEWお勧め商品




これまでのペルーのイメージを覆したコーヒー
華やかな香りと複雑なコク

今年の7月にペルー「フェスパ農園」のブルボン品種を販売しました。今回は同農園のカトゥーラ品種をフレンチローストにてお届けします。フェスパ農園といえば、販売初年度からその圧倒的にクリーンな味わいに一躍当社の人気商品になった農園。高度な生産技術から生まれるそのコーヒーは当社にとってこれまでのペルーコーヒーの概念を覆すコーヒーです。

堀口珈琲を飲んでいただいている方にとっては同農園の存在もあってペルーのコーヒーに馴染みがあるかもしれません。しかし、一般的には高品質なコーヒーを扱う市場においてペルーはまだまだ新興国です。ペルーからの生豆輸入量(年間約1,700トン)は、ブラジル(年間約137,800トン)やコロンビア(年間約67,100トン)などの生産大国と比較してかなり低いのが現状です。山脈の入り組む険しい環境で、コーヒーを流通させるインフラがしっかりと整備されていないことが要因の一つでした。ただ、優れたコーヒーを生産する農園の多いコロンビア南部と近く、地理的状況に似通った点も多いため、環境としてのポテンシャルは高いと期待してきました。そのため、当社はペルーの香味の可能性を求めて優れた豆の発掘に努めてきました。そして出会えたのがフェスパ農園なのです。同農園には度々視察に訪れており、品質向上に向けた技術協力などを行っています。

農園を管理するのは若き実力者ウィルダー・ガルシアさんです。18歳の頃から農園管理に関する最新の専門知識を学び、同農園の生産性・品質双方を飛躍的に向上させました。今では自らの農園を近隣農家の方にコーヒー栽培のモデル農園として開放しているほどです。そんな彼が手掛けるコーヒーは驚くほどクリーンで滑らか。きれいで華やかな酸味を残しつつも、深煎りにすることで表れるキャラメルを思わせるコクと甘みをしっかりとお楽しみいただけます。冷めてからも持続する驚くほどクリアな余韻には脱帽です。

ページ下部ではフェスパ農園の現地の様子を写真と共に紹介しています。こちらのフレンチローストのページでは農園内の様子をご覧ください。ペルー北部カハマルカ県の中心地ハエンから農園にたどり着くまでの様子はシティローストのページにて掲載しています。

※生豆輸入量:全日本コーヒー協会提供の「日本のコーヒー生豆の国別輸入量」より2016年の数値を参照

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

こちらの商品は12月12日(火)午前8:00で販売を終了いたします。ローストの都合上、期限内にご注文いただいても12月14日(木)以降の納期をご指定された場合、商品を発送することできません。また、在庫が限られておりますので、期限内よりも早く販売を終了することがございます。何卒ご了承ください。
まだ購入されていない方はもちろん、また飲みたいと考えていた方はぜひお買い逃がしのないようお早めにご注文ください。

ペルー 「フェスパ農園 カトゥーラ」 フレンチロースト 200g

価格:

1,300円 (税込 1,404円)

[ポイント還元 42ポイント〜]
豆の挽き方:
購入数:
在庫切れ

<ロースター小林のコメント>

フェスパ農園のカトゥーラ品種が持つ複雑なコクは深炒りにすることで一層引き立ちます。また、深炒りにしても華やかな香りときれいな酸が感じられ、濃密ながら重たさのない味わいをお楽しみいただけます。キャラメルやチョコレートを思わせる舌触りの滑らかさとともに感じられる強い甘みには、ラムレーズンやプルーンのようなニュアンスも感じられ、熱いうちから冷めるまで、温度変化によっても様々な表情をみせてくれるコーヒーです。
なお、このコーヒーは定番ブレンド#7BITTERSWEET&FULL-BODIEDの主軸を担う素材としても活躍しています。

生産者:ウィルダー・ガルシア氏
地域:カハマルカ県ハエン郡ウワバル地区エル・ウアコ
標高:1,700m〜2,000m
品種:カトゥーラ
精製:発酵槽を使用したウォッシュト

農地は全体で50ヘクタールもありますが、現在コーヒーの栽培に使用しているのは11ヘクタールほどです。農地はまだまだあるので毎年3ヘクタールずつ増やしていく予定です。


栽培品種はカトゥーラ、ブルボンがメインで、ティピカとパチェはほんの少し植えられています。今後パチェはなくしていき、ティピカを増やしていくそうです。スタッフ若林が今年訪れた際に、ティピカ品種が順調に成長しているのを確認しています。みなさまの元へお届けできる日もそう遠くないかもしれません。


樹間や枝の量が適正で木は健康そのものです。日当たりや水源も適量で優れた栽培環境であるといえます。しっかりと区画整理され、人が通れる道が確保されているため、木の健康状態を確認しやすくなっています。木の異変に対しても早く気づき、迅速に対応できるのです。


スタッフ小野塚は「多くの農園を見て来たが、ここまで木が健康で元気な農園は見たことがない」と語ります。


完熟したチェリーを指で強くつまむと果汁が溢れますが、同農園の場合は3滴果汁が垂れれば摘み頃だと判断するそうです。


自宅の目の前がウェットミルです。2015年に訪問したときにはパルパー(果肉除去機)と発酵槽が新調されていました。今回も比較的早く発酵がされる木製です。もちろんパルプを堆肥化して栽培に役立てています。


ちなみにこの農園は食料自給率100%とのことです。野菜も果物も鶏もなんでもあります。


乾燥棚の様子。現在ではこちらと同じタイプの乾燥棚が2つ増設されており、乾燥の仕方や棚の構造を試行錯誤しながら試験的に運用されています。この試験運用の経験を活かし、乾燥棚を新調する予定です。そのため現在私たちはその新調費用を援助しています。


スタッフ若林と右側がフェスパ農園の農園主ウィルダー・ガルシアさん。祖父の代からコーヒーを生産している一家に生まれ、コーヒー栽培の基礎知識も父親に学びました。18歳の頃には品質のさらなる向上を目指し、ペルーの輸出業者が主催する農園指導員研修に参加して、農園管理に関する最新の専門知識を得ました。


この経験を自らの農園でも実践し、生産性・品質双方で飛躍的な向上を実現させた実績から、フェスパ農園は他の生産者が訪問し学べるよう解放されたモデル農園になっています。


自身も農園指導員として約200農家のコーヒー栽培の教育・指導に当たっていて、その知識と実績から若いながらも高い評価と信頼を得ています。


上記の豆を購入された方にお勧めの商品はこちら

ペルー 「フェスパ農園 カトゥーラ」 シティロースト 200g NEW お勧め商品

1,300円(税込 1,404円)
これまでのペルーのイメージを覆したコーヒー
きれいな酸とコクの絶妙なバランス