RSS
800g以上送料無料 ご利用案内 新規会員登録 マイページ  カートをみる

ルワンダ 「ブレメラ」 フレンチロースト 200g NEW




高品質なコーヒーを生産する集落を指定して買い付けた特別ロット
豊かなボディとカシスやベリーを思わせる複雑な酸

一般的に穏やかな酸とソフトな飲み心地が特徴であることが多いルワンダ産のコーヒー。当社が今シーズンから販売する「ブレメラ」は従来のイメージを覆す、豊かなボディと複雑な酸を持っています。先日までは焙煎度合をシティローストにして、ブレメラが持つ複雑な酸の部分をより楽しんでいただきましたが、今回はフレンチローストにしてみました。深い焙煎によって生まれる豊かなコクと甘みが心地よいコーヒーです。

フレンチローストといってもやや軽めに仕上げてますので、ブレメラの特徴でもある酸の複雑さも感じられ、特にカシスやベリーといったフレーバーがより顕著に表れてきます。それら果実の甘い酸とコクの豊かさによって何杯でも飲めてしまう深煎りコーヒーに仕上がりました。

ここでブレメラの紹介を。同商品は南部州フイエ郡にあるマラバ市ブレメラ地区のコーヒー生産者シナヨブィエ・フィリップさんを中心とした農家数軒が生産したロットです。コーヒーチェリーは近くのカブィエウォッシングステーションで精製されます。精製前に農家自身で収穫したコーヒーの選別を徹底し、精製の間も都度チェックを欠かさないため、非常にクリーンな味わいが楽しめます。


※<ポテト臭について>
ルワンダのコーヒーからはポテト臭が発生する豆が混入していることがあります(ポテト臭という名前で浸透していますが、日本人の感覚だとゴボウのような匂いです)。当社で扱うルワンダの商品に関して、ポテト臭の豆が混入する確率は何万粒にひとつ程度です。万が一ポテト臭が出た場合は、大変恐縮ですが抽出をやめ、臭いの出た粉のみ廃棄していただければ幸いです。どうか前述の事情をご理解のうえ、お買い上げくださいますようお願いいたします。尚、仮に該当の豆を抽出して飲んでも健康に害を及ぼすことはございませんので、その点はどうかご安心下さい。

ランキング4位

ルワンダ 「ブレメラ」 フレンチロースト 200g

価格:

1,200円 (税込 1,296円)

[ポイント還元 38ポイント〜]
豆の挽き方:
購入数:

<ロースター小林のコメント>

これまでルワンダ産コーヒーを深煎りにしようとは考えもしませんでした…ブレメラと出会うまでは。ブレメラの濃縮感・しっかりとしたコクは『ソフトなコクと果実味』という従来のルワンダのイメージを一変させるほどのインパクトがあります。そんなブレメラのキャラクターを活かして今回はフレンチローストに仕上げました。カシスやベリーを思わせる密度の高い甘みとコクはこの豆のポテンシャルの高さを再認識させてくれます。

生産者:シナヨブィエ・フィリップ氏を中心とした農家数軒
地域:南部州フイエ郡マラバ市ブレメラ地区ブレメラ集落
標高:1,850〜2,000m
品種:ブルボン(ブルボン・マヤグエスが主、ミビリジが少し)
精製:発酵槽を使用しソーキングも行うウォッシュト

ルワンダは中部アフリカに位置する内陸国でです。西にコンゴ民主共和国、北にウガンダ、東にタンザニア、南にブルンジと国境を接しています。


南部州フイエ郡マラバ市のアバフザムガンビ協同組合に所属する農家数軒を指定して生産したのが当ロットです。ルワンダコーヒーの品質向上を通して生産者の生活向上に取り組んでいる方の協力を得て実現することができました。


商品名の「ブレメラ」は地区の名称からとっています。この地域の収穫シーズンは3〜6月で、4・5月がピークだそうです。


農家が収穫したコーヒーはウォッシングステーションでの精製工程にかける前に今一度手選別を行います。ここでは専用のアフリカンベッドを用意しています。


パーチメントコーヒーの状態になったら屋根つきのアフリカンベッドにて一日陰干しして、直射日光下のアフリカンベッドで天日乾燥させます。21日程度の時間をかけ、ゆっくりと乾燥させていきます。


こちらは収穫際の様子。どんどんと近代化が進むなか、このように伝統的な催しも大事にしているようです。当社は今回よりルワンダコーヒーの発展に寄与している方々に向けて、商品の売上の一部を提供する取り組みを始めました。それにより、ルワンダコーヒー全体の質の向上に繋がっていくことを期待しています。


ランキング4位

ルワンダ 「ブレメラ」 フレンチロースト 200g

価格:

1,200円 (税込 1,296円)

[ポイント還元 38ポイント〜]
豆の挽き方:
購入数: