RSS
800g以上送料無料 ご利用案内 新規会員登録 マイページ  カートをみる

ケニア 「カイナムイファクトリー」 イタリアンロースト 200g




ケニア山南麓のキリニャガ県にある優良ファクトリー
深い焙煎でこそ楽しめる濃密な甘みと滑らかな口当たり

豊かなケニアフレーバーを備え、上品な甘みや酸味が感じられるカイナムイファクトリーのコーヒーを、フレンチローストよりも更にしっかりとした苦味を味わえるイタリアンローストにしました。すべてのコーヒーがイタリアンローストに向いているわけではなく、カイナムイが持つ上質な甘みと深い焙煎にも耐えることができるしっかりとしたボディがあるからこそできる焙煎です。じっくり深めに焙煎することで甘みがより濃密に感じられ、また、触感の滑らかさが際立ちます。寒い冬にゆっくり、ゆっくり飲みたくなる、濃厚な味わいのコーヒーです。ブレンドの#8や#9が好きな方には絶対にお勧めですよ。

カイナムイファクトリーはケニアのほぼ中央には5,199メートルもの標高を誇るケニア山の南側に広がっているキリニャガ県に位置しています。コーヒーは周辺に住む約2,800の農家によって栽培されています。農家は収穫したコーヒーをファクトリーに持ち込んで換金し、生計を立てています。集められたコーヒーは品質毎に分けられ、その後、精製処理が施されていくというのがケニアのファクトリーにおける一般的な流れですが、カイナムイでは精製時に非常にきれいな水を使ったり、パーチメントコーヒーの乾燥時には水分値を管理するなど、細やかで適切な管理が行われています。

【賞味期限】 豆のまま:60日 粉に挽く:30日

ケニア 「カイナムイファクトリー」 イタリアンロースト 200g

価格:

1,600円 (税込 1,728円)

[ポイント還元 51ポイント〜]
豆の挽き方:
購入数:

<ロースター小林のコメント>

多くの優れたコーヒーのなかでも、深い焙煎で個性を発揮できるコーヒーはほんの一握りです。ましてやイタリアンローストという領域まで耐えられる豆は数える程度かもしれません。その数少ないコーヒーに当てはまるのが高品質なケニアだと思います。今回販売するカイナムイはキリニャガエリアの優良ファクトリーで、ニエリエリアの華やかさとエンブエリアの力強さを併せ持ったような素晴らしいコーヒーです。定番ブレンド♯9SMOKY&SYRUPYと同じ領域まで炒り込んでいきますが、カイナムイはスモーキーというよりもやはりフルーティ。イタリアンローストまで持っていってもカシスのようなフレーバーがしっかりと感じられ濃厚な甘みをお楽しみいただけます。優れた素材と焙煎が合わさってこそ成立する『焦げに支配されない』イタリアンロースト。定番ブレンド#9と併せて是非お試しください。

地域:中央州キリニャガ東部Gichugu地区Ngariama
所属農協:New Ngariama農協
生産者:ファクトリー周辺の所属農家2,800名
標高:1,460m(ファクトリーの標高)
品種:SL28、SL34
精製:発酵槽を使用しソーキングも行うケニアの伝統的ウォッシュト
乾燥:アフリカンベッドにて天日乾燥

ケニアは日本の約1.5倍の国土があります。東アフリカでは最も経済的に発展している国で、首都ナイロビには高層ビルが立ち並びます。


カイナムイファクトリーはキリニャガの東部kiamutuguという町から3kmほどにあり、ケニア山の南麓に位置しています。


以下の写真は以前スタッフ小野塚がケニアを訪問したときに撮影しました。カイナムイは設立から50年ほどの歴史があるファクトリーです。


農家の方が収穫したコーヒーチェリーを持ち込んでいました。この作業は換金する前に選別している様子。左の夕張メロンのような配色の服を着た女性はファクトリーのスタッフです。


ファクトリーマネージャーのパトリック・カムリさん。彼がファクトリーを案内してくれました。


ファーメンテーションを終えたパーチメントコーヒーは水路で水洗していきます。カイナムイは水洗工程時に非常にきれいな水を使っていました。


特に力をいれていたのが、パーチメントコーヒーの乾燥です。乾燥工程が適切に行われないと品質に影響が出て、商品の価値が下がってしまうため、カイナムイでは水分計を使って科学的に水分値を図り、乾燥状態を見極めていました。水分値が10.5〜11%になるまで乾燥させるそう。水分計は各乾燥棚に1台ずつ置かれ、細かくチェックしていました。


普段ソーティング作業は女性が主に行っていますが、訪問した時は男性ばかりでした。作業している男性も、撮影しがいのないメンツばかりで申し訳ないと「アイム ソーリー」と連呼していました。そんなことはありません。あなたのようにとんがったキャラクターに出会えて、むしろありがとうございます!


ファクトリー近くの農地にも立ち寄りました。シェードツリーはサイプレスやグラビレアが使われています。


ナーサリーではケニアで一般的なSL品種に加え、新たに注目されているバティアンという品種も育てられていました。苗の割合としてはSLが1に対し、バティアンは5程度。バティアンは病気に強いといわれ、また、酸が強く感じられることから最近ケニアで栽培されている品種です。バティアンを植えて安定した収量を求めたい生産国と、一方、SLの複雑で濃縮感のあるカップキャラクターをケニアの魅力と捉え、SL品種などカップキャラクターに優れたコーヒーを植えてほしいと願う消費国の考えにギャップが生まれてしまうことを懸念しています。


ケニア 「カイナムイファクトリー」 イタリアンロースト 200g

価格:

1,600円 (税込 1,728円)

[ポイント還元 51ポイント〜]
豆の挽き方:
購入数:

上記の豆を購入された方にお勧めの商品はこちら

ケニア 「カラツファクトリー」 フレンチロースト 200g お勧め商品

1,600円(税込 1,728円)
キアンブの優良ファクトリーが入荷!
ラズベリージャムを思わせる濃厚な甘みとコク。