RSS
800g以上送料無料 ご利用案内 新規会員登録 マイページ  カートをみる

グァテマラ 「エル・カブレホ農園」 シティロースト 200g NEWお勧め商品




アンティグアの高標高エリアで育ったビジャサルチ品種
カシスを思わせるフレーバーにクリーンな飲み心地

グァテマラ、アンティグアにある農園「エル・カブレホ」が入荷しました。華やかな酸としっかりとしたコクが魅力のアンティグアでは異質な、果実感溢れるキャラクターを備えたコーヒーを生産しています。

エル・カブレホ農園はアンティグアの東部に位置しています。農園の歴史は古く、スペイン植民地時代(16世紀前半〜1821年)に開かれました。農園では急峻な斜面でブルボン品種とカトゥーラ品種を、最上部のややなだらかな区画でビジャサルチ品種を栽培しています。昨年に続き、当社で販売する品種はビジャサルチです。この品種は他の品種と比べて大地にしっかりと根を張るため、標高の高い冷涼な環境にも適応できる強さを持っています。

カブレホ農園のコーヒーに初めて出会ったとき、その豊かな果実のフレーバーに心を奪われたのが購入の決め手でした。昨年と同様、今年も申し分のない出来です。アンティグアらしい上品な味わいも備えつつ、それ以上にカシスを思わせる派手なフレーバーが印象的。また、ボディも丁度よく感じられ、クリーンさもあり、カップバランスにも優れたコーヒーです。

グァテマラ 「エル・カブレホ農園」 シティロースト 200g

価格:

1,400円 (税込 1,512円)

[ポイント還元 45ポイント〜]
豆の挽き方:
購入数:

<ロースター小林のコメント>

堀口珈琲の定番『サンタカタリーナ農園』とエル・カブレホ農園を飲み比べれば、グァテマラ・アンティグアが世界屈指の産地であることがすぐに理解出来ると思います。カブレホを飲む際、特に注目してほしいのは酸の質とフレーバー。柑橘というより赤い果実の印象が強く、ラズベリーのような甘い風味はアンティグアの多様性を感じさせてくれます。クリアさと程よいコク・そしてきれいな酸。カブレホの魅力を最大限引き出すべく、シティのなかでもやや浅めの領域に仕上げています。

地域:サカテペケス県アンティグア地域サンフアンガスコン
管理者:ルイス・ペドロ・セラヤ氏
標高:1,670〜1,965m
品種:ビジャサルチ(1,900m付近の区画)
精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト

エル・カブレホ農園は初代所有者の名前からとったそうです。カブレホさんの後はアウグスティン・エヘルさんが所有することになり、現在は孫であるエミリア、グラシエラ、マルガリータ、コラリアのエヘル4姉妹が所有しています。ただし、農園の管理は写真に写っているベジャビスタミルを運営するルイス・ペドロ・セラヤさんに全面委託しています。


アンティグアの中心から20〜30分ほどでエル・カブレホ農園に到着します。


ビジャサルチ品種は1,900mを超える標高の高い場所で栽培されています。この高さまでくるとさび病の被害は見当たりません。ここではグラビレアというシェードツリーを等間隔で植えていました。枝の長さは木の状態に合わせ適切に管理しています。


標高の高さゆえ、アンティグア産のコーヒーのなかでも突出した酸を感じます。このようなユニークなコーヒーを生み出させるのも、セラヤさんが自社のミルでアンティグア近郊の様々なコーヒーを扱い、豊富な知識を有していることが大きく影響していることでしょう。


左がバイロンさんで、右がルーシュさん。ふたりともエル・カブレホ農園のスタッフで、農地の生産管理を行っています。


上記の豆を購入された方にお勧めの商品はこちら

グァテマラ 「サンタカタリーナ農園 グランレゼルバ」 シティロースト 200g NEW

1,500円(税込 1,620円)
最も標高の高いエリアで栽培された特別なロットが登場!
高密度な酸味、甘み、コクから感じる絶妙なバランスの良さ。
ランキング4位

グァテマラ 「サンタカタリーナ農園 グランレゼルバ」 フレンチロースト 200g NEW

1,500円(税込 1,620円)
最も標高の高いエリアで栽培された特別なロットが登場!
グランレゼルバならではの濃縮感のあるコクと豊かな甘み。