RSS
800g以上送料無料 ご利用案内 新規会員登録 マイページ  カートをみる

グァテマラ 「サンタ・アニータ農園」 シティロースト 200g NEW




アティトラン湖近郊で代々受け継がれている家族経営の農園
酸味・甘みのバランスは伊予かんを連想させる味わい

当社で初めて販売する「サンタ・アニータ農園」は首都グァテマラシティの西、アティトゥラン湖の東側にある農園です。アティトゥラン湖周辺はグァテマラのなかでも有力な生産地域のひとつですが、主に湖の西側に生産エリアが広がっていて、農園は代表的な生産エリアからやや離れた場所に位置しています。近隣で他にコーヒーを生産している方はおらず、代々ベナベンテ一族が管理・運営を行っています。

サンタ・アニータ農園はレオネル・ベナベンテさんが所有しています。「ベナベンテファミリーセット」のいち商品であるラ・フロリダ農園の管理者ロドルフォさんの甥にあたります。サンタ・アニータ農園は自前のウェットミルを所有していて、収穫したコーヒーを精製しています。冷涼な環境のため発酵に時間がかかりますが、丁寧に精製工程を行ってクリーンな味わいを実現させています。

同農園のコーヒーの味わいからはまるで伊予かんを思わせる酸味と甘みのバランスが特徴的。アフターテイストに感じる爽やかさもグレープフルーツのようでとても心地よいコーヒーです。冷めるとかすかにカカオの風味も表れ、オランジェのようなキャラクターも楽しめます。

グァテマラ 「サンタ・アニータ農園」 シティロースト 200g

価格:

1,300円 (税込 1,404円)

[ポイント還元 42ポイント〜]
豆の挽き方:
購入数:

<ロースター小林のコメント>

ベナベンテファミリーのコーヒーのなかでも特に明るい果実味が印象的なサンタ・アニータ農園。軽快な飲み口と柔らかな触感、そこにグレープフルーツのような爽快なフレーバーが広がります。サンタ・アニータの質感と風味双方をバランス良く引き出すため、火力の与えすぎに注意しやや長めの焙煎時間でじっくり炒りあげています。

地域:チマルテナンゴ県パツン市チュアキヌン
農園主:レオネル・ベナベンテ氏
標高:下部区画約1,600〜1,700m、上部区画約1,850〜1,900m
品種:ブルボン
精製:発酵槽を使用した伝統的ウォッシュト

若林・大瀧が農園を訪問した時はちょうどウェットミルで精製が始まるところでした。


トタン屋根をU字に曲げて作った投入口からコーヒーチェリーを流して、その先にあるパルパーで果肉を取り除いていきます。


きれいに分離しないので、スタッフの手で中身を集めていきます。


その後、発酵槽に一定時間置いてミューシレージ(粘液質)を剥がしやすくさせ、水洗いします。それが終わったらコンクリートパティオでパーチメントコーヒーを乾燥させていきます。


中央が農園の所有者であるレオネルさんです。サンタ・アニータは曽祖父のフェリペさんが80年以上前に購入した土地で、それまではオランダ系の入植者が所有するトウモロコシ畑でした。フェリペさんは土地を取得した後、コーヒーに植え替えていきました


グァテマラ 「サンタ・アニータ農園」 シティロースト 200g

価格:

1,300円 (税込 1,404円)

[ポイント還元 42ポイント〜]
豆の挽き方:
購入数: